人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:MP ( 1 ) タグの人気記事

奈良RRセンター その四

f0347663_10541495.jpg
或る農家でのパンパンとアメリカ兵がバーで遊んでパンパンハウスに入るまでの動き

奈良R・Rセンター周辺のパンパンの宿舎は尼ヶ辻一丁目に多かった(三十四戸中三十十戸)のはセンターにアメリカ兵が何時に帰ってくるか分からず、帰った時すぐボーイが彼女らを集められる位置にあったからに他なりません。

そしてパンパンの三分の一が自分の住処にアメリカ兵を連れ込んだといいます。

画像はパンパンに土地を貸していたある貧農家の見取り図で、パンパンとアメリカ兵は敷地内にあるバーで遊んでから台所を通り、家の土間を通り四畳ほどのパンパンハウスに行きました。

家の中を通り抜けるのは、入り口通りを使うとMPにつかまるからでした。バーからハウスまでパンパンとアメリカ兵が抱きついて土間を通るので、持ち主の母親は子供達を部屋の隅に押しやったといいます。

取締りにはセンターにMPの詰め所があってMPと奈良市警で当たっていたものの“義務的に廻っている”にすぎませんでした。

R・Rセンターが国家的な存在なのに、取締が地方警察に押し付けられている感がつよく、実際、タバコ、酒、ヒロポンなどの取締りも見て知らぬ振りという非難の声も上がりました。

売春婦登録簿による出身地調査票をみると、閉鎖前388人いたとされるパンパンの30%が大阪方面出身です。同調査では大阪Nの住友ビルからRRセンターが奈良に移転してきたからだろうと分析しています。又出身地は日本全国1都2府34県におよんでおりました。

パンパンハウスが集中していた尼ヶ辻一丁目の全人口が190名であることを考えると、この町内のパンパン密度は以上というしかありません。

ある家では両親が若夫婦を納屋にいれ、七つの部屋を15人のパンパンに貸しており、町内でも呆きられていたようです。

パンパンの衛生意識は低く、センターが開かれた当初は入浴させる家は一軒もなく、彼女らは井戸端や炊事場で行水をして凌いでいました。

又、女たちは強制的に週一回の検診を受けなければならず、これをクリアーすればN・E・Sと画いたバッジを胸につけており、アメリカ兵はこれをもとに交渉しました。

ただこの実効性ははなはだ疑問で、それが証拠にパンパン自身が性病を恐れサラの兵隊を求めたことでも伺い知れるのです。

参照:古都の弔期 奈良R・R・センター調査報告書 奈良R・R・センター調査団


N・E・Sバッチ受領の為の『女子従業員名簿綴事務所専用帳』

f0347663_10542329.jpg


by gionchoubu | 2019-05-05 10:58 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)