人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:飾磨(しかま)町遊郭 ( 1 ) タグの人気記事

飾磨町遊郭 湛保

f0347663_10561327.jpg
『兵庫県大百科事典』神戸新聞センターの『湛保』(たんぽ)の項を見ると、江戸時代、飾磨津の最南端に建設された港湾。弘化3年(1846)新規築港されると、湛保の岸には船問屋・遊廓などが立ち並び港として活気を呈するようになった、と書いてあります。

掘り下げた土砂は南の海岸に積み上げられ弘化山と名づけられると、文久3年(1863)姫路藩により外国船に対応すべく砲台が設けられ、お台場と呼ばれたといいます。

明治十年八月、飾磨津の内 須賀町に貸席ならびに娼妓営業地域の一つとして指定されました。

須賀町は湛保を含んだ町で、元文5年(1740)の姫路町飾万津町地子銀控に「須賀町」と有るそうです。(『兵庫県市町村合併史 上巻』)

『兵庫県統計書』によると摂津国飾磨津須賀町に

明治12年貸座敷11軒に娼妓18人おりました。

明治13年貸座敷18軒に娼妓24人と増加したもののその後暫時減少

明治21年貸座敷3軒に娼妓18人となりました。  

昭和四年刊の『全国遊廓案内』では飾磨町遊廓として紹介され、貸座敷十軒、娼妓が約六十人、店の制度は写真式、娼妓は居稼制、廻しはとりませんでした。

主なる店として高島楼、朝日楼、栄松楼、大黒楼、花月楼、初開楼、宮本楼、八幡楼、三笑楼がありました。

昭和10年5月飾磨には10軒の貸座敷業者に64人の娼妓がいました。
(『旭影』昭和12年1号)

公娼廃止時(昭和21年1月)飾磨の貸座敷業者10軒に娼妓74人なっていました。(『兵庫県警察史 昭和編』)

その後湛保は赤線時代を迎え8軒の業者がありましたが3軒が廃業、朝日新聞兵庫版昭和33年2月21日によると、業者5軒に23人の従業婦がおりました。(昭和32年12月31現在、兵庫県警調べ)

そして昭和33年3月6日の読売新聞、播磨版ではさらに2軒が廃業従業婦は18人まで減少して赤線湛保も程なく終焉を迎えました。

f0347663_10563988.jpg
f0347663_11130093.jpg
海神社にて、お料理屋さんでしょうか?
f0347663_10572954.jpg
      遊里につきものの思案橋ですが湛保から1キロ離れているので無関係でしょう。



by gionchoubu | 2019-11-03 11:08 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)