人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:飛田新地 ( 2 ) タグの人気記事

飛田新地と鯛よし百番


飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11291645.jpg
  飛田新地の料理屋、よし百番

大阪の飛田遊廓に関しては色んな人が色んな所で書いているのでここでは短く纏めてみました。参照は昭和五年発行『全国遊廓案内』と昭和八年四月一日発行『郷土研究上方 上方遊廓号』です。


当時日本屈指の大廓と呼ばれた飛田遊廓の沿革は明治四十五年の南の大火で被災したミナミの難波新地の業者を中心に、松島遊廓の業者(全国遊廓案内では新町遊廓となっていますが松島遊廓のはずです)を加え大正七年十二月二十七日に開業しました。

そして治安維持の必要から今宮警察が新設されました。この頃は飛田遊廓でも芸妓も呼べることが出来ました。昭和の初めで一時間の玉代は一時間約九十銭ほどでした。

遊興は写真店(客は写真で娼妓を選ぶ)で娼妓は全部居稼ぎ制(娼妓は置屋から送り込まれるのではなく、抱えぬしの家で客をとる事)

遊興は時間、又は通し花制(一人の客に娼妓が付きっきりでいる事)で廻し(一人の娼妓が同時に二人以上の客をとる事)は一切とらず、一時間一円五十銭。遊興費に酒、肴、茶果の類は含まれませんでした。

一流妓楼である特大店は巴里、御園楼、都楼、世界楼、日の本楼

準特大店として設備万端に於いて特大店以上の豪華を極めていたのが本家第一と東大一

モダン設備を整えた儀楼は大喜楼、梅ヶ枝楼、君ヶ代楼、港楼、福愛楼、河萬楼、マツタニ楼、キング、大和、新大和、角タツタ、第二梅ヶ枝楼、第三梅ヶ枝楼、本家大一楼、東大一楼、三州楼、富貴楼、巴里など

昭和八年ごろには業者の数二百四十軒、娼妓数総数三千二百名を数え、毎五日目に検黴を行い一年を通しての入院率は二百五十名内外で毎年四回の慰安会が催されました。

昭和33年2月7日の毎日新聞、京都版によれば、売春防止法施行直前の飛田は飛田新地組合約180軒と明豊新地組合23軒に別れ接客婦1,400人が所属しておりました。

飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11510744.jpg
玄関をくぐります
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11523027.jpg
玄関入ってすぐ左、もし創業が飛田遊郭開業と同じぐらいなら時代的に考えて陰店として使用予定の可能性が強いです。娼妓が襖裏に並び指名を待つわけです。ただし写真式に移行したので陰店として使用されなかったので無いのでしょうか・・・

                   

飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12122289.jpg
                      中庭を二階から望む
               
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12072570.jpg
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_14502759.jpg
陽明門
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12085746.jpg
                          陽明門の中
              
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12094921.jpg
                        陽明門の中
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12155805.jpg
                    庭を望む特注の窓
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11311575.jpg
                      一階玄関を進んで右
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11310822.jpg
                      一階三条大橋と三条小橋
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11314213.jpg
                      日本一の太郎
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12264028.jpg
                         一階山殿、太夫図でしょう。
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12284156.jpg
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12293462.jpg
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12301111.jpg
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12303309.jpg
  以上山殿
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_14490644.jpg
                         由良の間の天井

飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12313364.jpg
                     一階、秀吉公でしょうか
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11430167.jpg
                      二階狭い廊下
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11442275.jpg
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11312416.jpg
                       二階島田の宿の向い

飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11432777.jpg
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_11463960.jpg
                     その中、船の上で密会気分
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12403376.jpg
天井は大井川の渡し
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12430361.jpg
天神祭りでしょう。
飛田新地と鯛よし百番_f0347663_12434354.jpg
二階から一階へ



by gionchoubu | 2019-03-20 11:40 | 亡くなった大阪の游所 | Comments(0)

京都パンパン赤線時代 四十二

京都パンパン赤線時代 四十二_f0347663_12123666.jpg
                     飛田新地、今は無き建物

昭和26年11月1日 京都新聞

『バイブル片手に女を売り飛ばす 夫婦きどりで投宿の誘カイ魔捕る』
この記事を要約しますと、七条署に「宿費を払ってくれません」の寺町五条下ルの旅館の届出を受け調べて見ると、大分県出身のM(24)と妻(17)とで夫婦を名乗っていた二人は岡山県の病院で知り合い、Mが「私はキリスト教徒で人助けのためだ、よい勤め先を紹介しよう」と聖書等で信用させ、岡山の旅館で結婚しようと関係を結び、京都に来て上記の旅館に泊り、この女を下京区西木屋町六軒下ルの貸席にしゃく婦として二万円で売り飛ばそうとした疑い。

このMは本年五月から前後十数回にわたり同様聖書一冊をもとに中国、九州の女を騙し、七条新地、大阪飛田遊廓へ売り飛ばしていた。

昭和26年11月3日 京都新聞

『偽証明で援護費詐取 婦女売買に前民生委員一役買う』

福井市署では二日、わが子を接客婦に身売りした京都市下京区東九条岩本町無職KYを(34)を詐欺、児童福祉法違反容疑で逮捕したが、その裏には下京区東九条北河原町、前民生委員HT(40)が介在している疑いが濃いのでHTの逮捕状を請求、二日朝署員が京都に向かった。

KYは要援護者で、女工として働き家計を助けていた養女A子さんを七月馬町某の世話で前貸三万円で身売りし、福井県有楽町貸席業むつみことTG方で接客婦としてかせいでいたもので、九月末福井署の取締りで明るみに出たもの。

身売りの際A子さんは満十八歳になっていないため前記HTが昭和六年生まれと年齢をいつわり身許証明書を作成、さらにA子さんの在宅しているごとくニセ証明書も作って援護費の継続支給を受けていたもの。

A子さんは県中央児童相談所で保護を受けているが“家を助けたい一心でウソをいっていた。まだ一万円以上の前借が残っている”と語っている

昭和26年 11月6日 京都新聞

『貞操奪い売飛ばす 家出娘サンザン、23歳の色魔挙る』

五条署では去る十月二十五日午後十時ごろ小学校時代の同級生中京区小川通三条上ルHT氏(24)方を訪れ、ふとんを運ぶのに自転車を貸して欲しいと自転車を詐取逃走していた中京生れYK(23)を詐欺取調べていたが、同人はこのほか九月二十七日に西陣劇場内で知り合った中京区西ノ京円町A子さん(19)と話し合っているうち、同女が家出中で九千円の貯金通帳を持っており、働き口を探して欲しいといったので、かねて島原遊郭某楼で知り合った大阪市西区九条北通二丁目二三貸席美鈴ことYS(37)に売ってやろう計画、同夜は左京区銀閣寺山ノ家旅館に連れ込んで貞操を奪い、翌日同女の貯金通帳から六千円を引き出し三千円をA子さんに渡しただけで旅館の支払いを済ませ、その足でYS方へ連れて行き、YSから三千円の世話代を受取っていたことを自供したので同署ではYKを詐欺、営利誘拐、YSを勅令九号違反容疑で送丁する。



by gionchoubu | 2017-10-21 11:32 | パンパン、赤線 | Comments(0)