人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:頼山陽 ( 1 ) タグの人気記事

近江八幡 池田町遊郭ぞめき二

近江八幡 池田町遊郭ぞめき二_f0347663_12145921.jpg
茶屋の中池田町二丁目にあった大高楼は最も有名で、構造建築最も壮大に設備よく、大玄関は駕籠乗馬のまま通じ、裏には馬のつなぎの用意も有り、創建は元禄時代にあったとされ、皆川棋園はかつてここで「名月」の題字を掲げ、頼山陽は「紅紫相映」の雅号を大書し、さらに儒者であり画家でもあった粋人の梁川星巖も書や画そして星巖ノ間と称した離れ座敷を残しました。

この星巖ノ間などは床が高く、カクレ場所や抜け道がありまるでカラクリ屋敷、ここが後年倒幕のアジトに使われたと言い伝えられました。幕末多事の際、本町には西川吉輔の志市を出し、多数の策士が往来し秘密の計略がこの地でなされたとも伝えられています。

大高楼は明治にはいり女将の死亡と共に同町の京初楼として継がれ、京春時代を経て金鷹楼として営業したとの事ですがネットでは会えませんでした。

その他池田二丁目には大高と併称された大栄楼という大店もあったと伝えられています。

池田町遊廓がいかに財力を持ち繁栄していたかを知らしめたか・・・それは天保十一年三月二十五日、妓女による練り物が催された事が如実に物語ります。古今東西花街の妓女よる練り物が行われたのは現在特定できるものとしては京都の祗園、島原、上七軒、大阪の新町、島之内、曽根崎新地と超の着く一流所、関東では東京の一、二箇所だけで、八幡町池田町は一時歴史上これらの花柳界と肩を並べたのです。

これは宮の馬場拡張祝賀の為催されたもので、絵番付けの原版が八幡神社にあり、刷物は町内の旧家にも散見するそうです。

大高(鶴尾、千さと、とみ松、政菊、春の、栄鶴、たけ)

大栄(鶴の、重鶴、今江、しげ葉、富栄、君栄、松栄、市松、千代の、菊葉)

鍵久(千世治、若治、きく葉、みつ葉、いは葉、千代松、きみの、千代治)

京防(てるは、八十栄、しげの、房松、うた松)

京屋(照葉、留松、歌松、しげの)

左が置屋( )内が妓女という事でしょう。

さらに徳川末期には金田、近江屋、京吉、玉三、梅本等の名の記録もあるそうです。

幕末維新頃の俚謡に「酒は但馬屋、醤油は鵜川、女郎は大高若松サン」ありました。大高の若松は名妓として聞こえ、もとは五条坂の路上生活者の女であったということです。

参照:滋賀県 八幡町史・中



by gionchoubu | 2018-06-03 12:17 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(3)