人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:静観荘、岩谷楼 ( 1 ) タグの人気記事

奈良 木辻遊郭ぞめき 四

奈良 木辻遊郭ぞめき 四_f0347663_11253094.jpg
                        静観荘

『奈良県統計書』によると木辻遊廓は

明治12年 貸座敷19 娼妓89

明治16年 貸座敷16 娼妓152

明治19年 貸座敷14 娼妓129 の推移で移行していきました。

『奈良町風土記 正編』山田熊夫著によると、

明治二十二、三年のころ元林院の同業者が瓦堂町に移り木辻遊廓の一部になりました。

昭和五十七年の『奈良町いまむかし』をみると大正三年十一月二十一日東木辻で奈良市あって以来空前の大火があり木辻の青楼を焼きつくしました。

しかしそのあと好景気になり貸座敷も瓦堂町とあわせ四十二軒になり娼妓も二、三百人になり木辻遊廓は最盛期を迎えたのです。

瓦堂町には江戸期より芝居小屋があり、売防法成立後に一時トルコ風呂も出現しました。

そのころの町の一日は大政官(だいじょうかん)といわれた老夫婦が拍子木を打つところから始まりました。これは“お迎え”と言われ、七時か八時までぐずぐずしていた客を起こすもので、客の中には“花を継ぐ”事により、お昼まで延長しました。

娼妓が店に並ぶのは午後五時ごろから、江戸時代の太夫のような内掛けを着て並びました。これは良く売れる妓から順に玄関口から格子に並んだとの事・・・つまりこの時代に有って珍しい顔見世制度をとっていたようです。

しかしその後、大正の中頃には大和郡山の洞泉寺遊廓がそうであったように県令で写真制に移ったと思います。

昭和五年の『全国遊廓案内』によると、貸座敷三十八軒に娼妓は三百十八人、店は写真制で、居稼ぎ制、廓内に芸者はいないものの料理店に他所から呼ぶことは出来ました。

夜の十二時になると太政官がジャラーと鉄の杖を引きながら町をねり歩き、二時になると太鼓をドンドン叩いて遊女屋が店を閉めました。

さて、今も旅館業を続けておられる静観荘が出来たのは大火の後で当時は岩谷楼という名で木辻では豪奢な庭と玄関口を誇る最大規模で創立当時娼妓二十人に芸者も二、三人居ました。

木辻は戦中も、一寸先は闇、あくる日はどうなるか分からんと言ってくる客が多く流行っていました。

戦後、静観荘には夜中の三時ごろ、ピストルをもったアメリカ兵が慰安場所の下見にきたり、県庁からビールの特別配給がくるようになると、数に限りがあるにもかかわらず「もっとだせ」とアメリカ兵が騒ぎだしたりと、色んな経験が外国人受け入れに役立ったと当時の経営者は語っています。

現在も静観荘には海外の方が多く、同じように京都の七条新地の転業旅館の平岩さんもずっと以前からバックパッカーを中心に現在のブームまでインバウンドを支えてきました。

京都、奈良は修学旅行が多く旅館は、京都の旅館は俵屋、角屋、柊屋、御三家と呼ばれる高級旅館、一般旅館、修学旅行旅館に大別され、基本2食つき、半泊、素泊まり客はシーズン中には歓迎されない状況が長く続きました。

静観荘さんにしろ平岩さんにしろ半泊、素泊まりで気軽に和を体験できる、日本のインバウンド旅館としての魁であったのは事実で、その面に於いても、もっともっと評価されてもいいと思います。

奈良 木辻遊郭ぞめき 四_f0347663_11254708.jpg
                      静観荘

奈良 木辻遊郭ぞめき 四_f0347663_11260793.jpg
                      瓦堂町


by gionchoubu | 2019-07-08 11:26 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)