人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:関根虎洸氏著『遊廓に泊まる』 ( 1 ) タグの人気記事

関根虎洸氏著『遊廓に泊まる』

f0347663_12242391.jpg

2018年7月30日、新潮社より関根虎洸氏著『遊廓に泊まる』が発売され、遊廓跡を訪ねるのを趣味にされている方の心はザワザワした事と思います。

人間には、一つのテーマにそって色んな物を集めたり、色んな所を訪れたりする本能があるようで、切手を集めたり、マッチ箱をあつめたり、さらには缶コーを集めたり、ほぼ全ての物で収集化が存在します。

旅館のお客で困るのは、最近は少なくなったものの、和紙のノートを持ち込み、自分が泊った記念に何か書いてくれと頼む人です。書いたり描いたりするのが好きな人のいる旅館はいいでしょうが、そうでない場合迷惑だと思います。

何故遊廓跡を巡るのか、色んな答えが返ってきそうです。私の場合、失われた郷愁を求めて・・・と言いたい所ですが、好奇心、興味本位、なんとなく面白そうだ・・・と言う事につきます。

さて、昭和三十三年四月に買春防止法が完全施行された時、廃業以外で赤線の妓楼が選んだのは料理屋、下宿、アパート、お茶屋、トルコ風呂・・・色々な想いが交錯したなか、多くの妓楼が旅館に転業しました。

転業した旅館の経営者の多くは、言葉には出さずとも、日本で何百年も続いた遊女渡世が無くなってしまうとは信じず、いずれ何らかの形をとって再開、とりあえずすぐ復活できそうな旅館を選んだのでしょう。

しかし観光地、温泉でもない土地、さして商工業が盛んな都市でも無ければあらたな宿泊者の需要はみこめませんし、そもそも観光地や温泉地や商業地では既存の旅館が凌ぎを削っており、素人同然の貸座敷経営者に参入の余地はあまりなかったでしょう。

五、六部屋以下の小規模旅館なら、なんとか家族で切り盛りし、小さな客室を利用して、商人宿の形で経営できたでしょうが、十部屋以上になると大浴場を男女で設置は不可欠、ボイラー以外にお湯の濾過、そのうえ循環設備の投資が必要となります。

ファミリー、小団体でも取るなら客室は広縁なくとも最低六畳と広間が必要となり改装というより改築が必要です。夕食を出すなら板場最低二人は置かねばならず、洗い場も必要、中番、仲居も揃えねばならず、ニッパチ(二月、八月)の閑散期にも給料を払わねばいけません。

ですから、今でも当時の建物で営業されている所は経営能力が高かったという事になると言えます。

同書で、筆者は紹介した旅館に宿泊し、できれば周辺で食事をして欲しいと書かれていますが、これは私も100%同じ意見です。

私自身、今丁度奈良の花街跡を追い求めているところですので、近々木辻の静観荘に宿泊しようと思いました。

同書をリュックに忍ばせ、そして心より感謝をしながら泊らせてもらおうと思います。





by gionchoubu | 2018-12-24 12:28 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)