人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:遊廓跡 ( 1 ) タグの人気記事

大津、柴屋町ぞめき 二十


f0347663_16325047.jpg
           静かな現在の柴屋町のメインストリート

柴屋町ぞめき十八で、柴屋町の料理屋、スナック、飲み屋、バー、クラブ等を昭和四十七年の住宅地図から書きだし、この狭い区域にこれだけ密集しているのは大変な過当競争だと書きました。

ところが、昭和五十九年の一月十三日の朝日新聞、滋賀版の「昔の繁栄失う柴屋町、店は増えても客は減る」を読むと、その後も飲食店は、減るどころか増え続け、昭和五十四年の調査で約六十軒だったのが、この年の調査でざっと百軒になったと出ています。

これは、お茶屋や料理店が古い建物を壊し、会館を建て、その中で小さいスナックが開店した事が大きな要因でした。

しかし、店の数に比例して客が増えているわけではなく、柴屋町の飲食店に酒を売っている酒屋の主人にきくと、販売量はここ数年横ばいか、落ち気味、五十五年ぐらいまでは結構忙しかったが、記事の出た時点では流行っているのは十軒に一軒ぐらいとの事でした。

この落ち込みに対する柴山町の経営者側の分析は三つで

一、 何よりも不景気が原因、お客の残業手当が減り、飲みに来れない。
二、 従業員の若い娘が集らない、少しいい子は京都に持っていかれる。
三、 京阪浜大津駅が出来た。同じホームで乗換えが出来るので、客が流れてこない。と言った理由です。

客側の意見は安易な経営姿勢に対しての厳しい意見が多く

一、 どの店もカラオケに客のおもりをさせている。
二、 値段は京都並、中身は場末
三、 二次会、三次会ともなれば趣向を変えたいのに、どこの店も同じ。

山を超え、京都へ行く客はいても、京都から来る客はまず居ない、という事になります。

この後、柴屋町も全国の小都市の花街、遊廓跡と同じ道を辿っています。ある程度の規模があり、県庁所在地という事もあり、斜陽のペースは多少遅くとも、確実に寂れていく運命を帯びていました。

売春防止法施行で遊郭がなくなる→旧免許地が芸妓町の花街に転進する→遊びのスタイルが変り、芸妓で遊ぶ新しい世代が生まれない→芸妓の世代交代も行われず、ますます寂れる→花街は解散する→芸妓がスナックやカラオケ喫茶を始める。

多くの花街跡で、今はこの芸妓がスナックやカラオケ喫茶を始めて20~30年たった状態です。

これが私の見てきた、関西を中心にした、旧花街の辿ってきた道で、この元芸妓達もご高齢、全国の旧花街の番外編も終わりに近づいています。



by gionchoubu | 2017-02-15 16:37 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)