人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:芸者の長所 ( 1 ) タグの人気記事

芸者の長所

f0347663_11475970.jpg

是は三宅孤軒が先輩知己三百余人と全国の料理屋組合五百余ヶ所に紹介状を出し、先輩知己より百数十氏と料理組合三十からの回答を得ました。

アンケートは『芸者の長所』『芸者の欠点』『将来の芸者は斯くあるべきもの』『其他芸妓への注文』の四項目で、今回は『芸者の長所』からいくつか紹介します。

「概して道徳的で義理人情をよく弁えている事。
日本女性の伝統的な美しさを保存している事。
家庭婦人のなし得ないサービスを心得て居ること。(たとえば芸の如き)」

この回答は長田幹彦、さすがに祗園小唄を作詞でも知られ、各花街に深い理解がある文士として、今でも通じる普遍的なポイントを突いていると思います。

同じ文士でも長谷川伸は、随分正直な人な様で、芸の事はかたらず・・・、
「性的魅力を持っている点は、何と云っても彼女たちの長所です。」
いつもそんな目で芸者を眺めていた様です。

東京朝日新聞の杉村楚人冠は、海外の事情と対比して、例えばイギリスでは、お客の接待は主人がするもので、これはこれに向いていない人には苦痛をともなう・・・ところが日本では御客の相手は芸者に任せる事が接待につながるので、主人は楽だ・・・のような趣旨を述べています。職業柄、いろんな見方があるようです。

著述家、竹内夏積
「昔より明るさが出来てきた。インテリになった。それらも芸の一つであることを自覚したらしい。」

俳人、木下蘇子
「現代芸妓の長所は、衣類其他とも品が宣くなったが、其変り生酔ひと云う姿が見られなくなった。」

長唄師匠、杵屋勝太郎
「習字、茶、花等の稽古をして居る事。貯金の心掛が有る事。」

などなど、七十人以上の回答者が色んな意見を述べている中、内務省土木局統計課 田中野狐禅は理想の芸妓姿を浮かび上がらせてくれました。

「客席に芸を以てサービスすると共に、巧みに話し相手となって、好感的に客を飽かしめぬのが、芸妓の定義だと思ふ、此場合、レッテルの美醜など、敢て問題ではない、所謂胸三寸の働きが芸妓としての天職を尽し得るのである、従って、そこに長所がうまれるのだと信ずる、即ち客は十人十色であり、仮令、初見の客でも、その好尚、性格、酒癖などを洞察して、臨機応変の取廻しを為し得るのが、芸妓の長所であらねばならぬ。」

昭和一桁の花柳界の様子でした。


by gionchoubu | 2016-11-20 11:48 | 舞妓・芸妓 | Comments(4)