人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

加古川関根新地 四
at 2019-09-19 14:26
赤線、青線、白線、紫線
at 2019-09-15 11:18
加古川 関根新地 三
at 2019-09-12 11:43
加古川 関根新地 二
at 2019-09-08 11:00
加古川 関根新地と検番筋
at 2019-09-03 18:06

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:芸妓の検黴 ( 2 ) タグの人気記事

京都パンパン赤線時代 三

f0347663_10430803.jpg
昭和二十一年、六月二十二日の京都新聞の見出しに「先斗町で一悶着 受検者僅か九名に医官怒る」の記事が載りました。これによって先斗町が閉鎖されるかもしれないという出来事が起きてしまったのです。

芸妓の検黴実施が各方面から注目を浴びる中、先斗町の順番となりました。ところが検査を受けたのが、百七十名の芸妓がいるにもかかわらず、わずか九名、他は全部旦那がいるか、有夫がいるという届出をして検黴を忌避したのです。

さらに状況を悪化させたのは、検査を受けた九名の内一人が病菌保管者だったことが判明したからです。

立会いの医師は「かかる届出では他廓へも及ぼす影響が大である。」と当廓閉鎖も辞さぬと激怒、寺井取締りは陳謝、全芸妓の再検査をやることになって漸く火の手は収まりました。

寺井徹郎は遠州から来て先斗町に住みつき、やがて頭角を現し取締となって、その新鋭の気質が積極的な諸政策を生み出し、先斗町の発展とモダーン化に尽力した人です。

先斗町に洋装のモダン芸妓を打ち出したり、昭和四年五月、鴨川踊りに英国グロスター公殿下が観劇の際、殿下と握手をしたり、昭和十一年にチャップリンがゴダード嬢と矢張り鴨川踊りの観劇の際も寺井取締の時代で、昭和二年現在の歌舞練場を建てた出雲取締りの後、長きに渡って先斗町の発展に努めてきた人です。

「これはなかなか六ケしい問題で、此方にも手落ちがあったわけですが、今後は万全を期す考えです。」と寺井徹郎取締は語りました。

この時点で受検した遊廓は北新地(五番町)九名、上七軒二十二名、宮川町二十六名で何れも罹病者がなく、たまたま先斗町で一名でてしまった事になります。

今後芸妓の検黴は祗園甲部、乙部、島原が行う予定です。

検査を前に妓乙の松村取締は

「現在芸妓の該当者七十三名で、検査の前日に廃業するものが相当あると思います。却て除外例があるのがいけません。皆その陰にかくれようとするので、その点の判別が苦労です。」

検査の済んだ宮川町榊取締は

「内娘で、ハッキリ旦那の決まっているものでも、此方は認めぬことにしました。旦那の奥さんが二号として認めるというなら除外者とするということにしました。それがため廃業する者は仕方がない。しかし廃業した者が闇でかせごうとするので、この監視が大変で、もし廃業者を客席に侍らした青楼があったら組合は取引を停止することを申してあります。」

記事は宮川町の廃業芸妓は三十余名、祇園甲部は八十余名が廃業するものと見られている、と結んでいます。




by gionchoubu | 2017-06-29 10:47 | パンパン、赤線 | Comments(0)

京都パンパン赤線時代 二

f0347663_12295657.jpg
昭和二十一年五月二十五日の京都新聞の記事によると、当時の京都の花街が二つの大きな問題を抱えていた事が分かります。紙面の見出しは

所長さん立合いで 前借証書焼払い 検黴先づ祇園芸妓に あちこちで大恐慌

まずは公娼廃止に伴う置屋と、元娼妓の間に残るの前借金の問題でした。これは宮川町で100万円、祇乙で90万円、府下旧十遊廓の稼ぎ人は1,600、前借金は合計で890万円に上っていたのです。

前借は遊廓によって棒引きの手続きがとられた所や、ぐずついている所や色々でした。
宮川町では既に借金は棒引き、その後そこで働こうと、郷里に帰ろうと、本人の自由意志に任すと榊取締は明言、妓乙の松村取締も小寺松原署立会いのもと、五月二十四日に前借の証書を焼き払いました。

因みに京都で廓から娼妓が居なくなり純然たる花街になったのは上七軒が最初、続いて先斗町、祇園甲部だと思います。昭和一桁代にまず、上七軒、先斗町の順です。大正十五年五月一日『技芸倶楽部』の祇園新地甲部芸舞妓及娼妓名簿をみると、61人の娼妓の名を確認できます。この後甲部の娼妓は暫時減少して行きました。

もう一つの問題、それは昭和二年法律第四十八号として発令された花柳病予防法による芸妓の扱いです。花柳病、その三で、芸妓、雇仲居、酌婦、女給、料理屋、宿屋、果ては女髪結にまで検黴の網を拡張するという噂がたった事を書きましたが、結局そのままで、娼妓以外の検黴は棚上げ常態でした。

今度は違います。カフェー、旅理屋の仲居などに先駆けて、芸妓の検黴が二十三日の各廓組合の役員会で本決まりになり、祇園では舞妓から実施することに決まったのです。

この検黴を実施されるのは十八歳以上、三十歳未満の芸(舞)妓で決まり、祇園、先斗町、上七軒その他の遊廓の姐さん達は大恐慌、なかには鑑札を返上するものまで出ると予想されました。

除外されるのは有夫、もしくは正式の旦那を持っている芸妓で、その場合組合の取り締まり、席主(置屋の主人)そしてその旦那の認証が必要となります。

そして検黴の結果、罹病者の取り扱いについて、遊廓組合が保険組合を作り、その経営の元、八阪病院の分院を作り、これを入院せしめる事に決定、各遊廓とも一両日中に芸妓、席主を集めて言い渡すことになりました。

さてこの結果は如何に、当時の警察と花街の綱引き、次回六月二十二日の京都新聞に載っていましたので、次回お知らせ」します。

意外な結果が待っていたのです。





by gionchoubu | 2017-06-27 12:33 | パンパン、赤線 | Comments(0)