人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:花柳病 ( 3 ) タグの人気記事

京都パンパン赤線時代 八

f0347663_14180536.jpg
                      福井県、武生町遊郭跡

検挙で乙女の秘密さぐられ哀れ転落の成果へ、涙でつづる夜の女記

昭和二十三年5月4日、京都新聞の記事より・・・

約半年、いわゆる街の女として夜の街で客を求めていた福井県武生町出身の十七歳の街田良子と滋賀県北小松出身の十八歳の吉野佳子(いずれも仮名)二人の女が、もう二度と仲間には帰らない、厚生させて欲しいと七条署に出頭、事情を聞いた山田保安係長が八方奔走し、元京都中央保健所長、関乃戸氏に頼み込んだところ、本人が厚生する気なら引き受けようという事になりました。ゆくゆくはパーマネント技術でも教え、自分の娘として面倒見ようとその手続きを急いでいる。

滋賀県出身の方の少女の、この間のなりゆきの手記が以下になります。

十一月十四日・・・継母にしかられたので自分の衣類(約四万円)をもって家を出る、当分は売り食いで暮らす。

十一月三十日・・・ひる大阪曽根崎署のパンパン狩りに引っ掛かる。泣いて身の潔白を申し立てた聞き入れられず乙女の秘密をさぐられやけくそになる。

十二月一日・・・金はなくなる。でも、のろわしいきのう、一層パンパンにでもなろう。

一月八日・・・中立売署に検挙された、でも病気がなくてすぐ帰してもらう。

二月末日・・・このころでは一日千円のかせぎがある、でもこんな商売から足をあらいたい。

三月末日・・・“ああもう一度むかしの私に戻りたい”“前の姿で親許へ”“でもいまの私のままではかえれない”“ああ昨年の十一月三十日が怖ろしい”

四月二十日・・・ついに決心して警察の門をたたく、恐しいと思っていた巡査も誠心から話せばみんな親切だ。係官の言葉が身にこたえる。

四月二十二日・・・とにかく自分で働かなけりゃ、ある人の紹介でくつ磨きをみてひやかす。でもあんな姿よりましだ。

四月二十六日・・・くつ磨きをしてもう五日になる。手も顔もこんなに黒くなる。一日にせいぜい百円から百五十円であるがなんだか生活に楽しみが出てくる。

四月二十八日・・・おじさん(関乃戸氏)が迎えに来てくれた。もうどんなことがあってもパンパンにはならない。真面目になったら家へ帰れるのだ。

四月三十日・・・ああやっぱり私はあのおそろしい病気におかされていたのだ。痛む、おじさんに迷惑をかけたくない。病院へ行くのはイヤだけれど自分の罰だ、過去を清算して出なおそう。そのときはあじさんも迎えに来てやるといっている。

後追い記事など望むべきもないのですが、この少女が、どうかその後花柳病気が完治し、幸せな家庭を築き、今でもご存命なのを願うばかりであります。





by gionchoubu | 2017-07-25 14:18 | パンパン、赤線 | Comments(0)

花柳病 その二




f0347663_12000330.jpg
                 カストリ出版さんが発掘した四冊の内の一冊

第一条 本法に於いて花柳病と称するは梅毒、淋病及び軟性下疳を云う。

昭和二年法律第四十八号として発令された花柳病予防法の第一条であります。これは八条から成り、当時文明病と呼ばれ、亡国症と例えられた花柳病の撲滅を計らんとこの法律は帝国議会を通過しました。以下概略です。

第二条、内務大臣は市、又は必要と認めた公共団体に対し診療所を設置を命ずることが出来る。

第三条、上記の設置で国庫より、六分の一、乃至二分の一を補助できる。

第四条、既存の診療所をこれに代用できる。

第五条、花柳病に罹っている事を知って売淫をしたなら、三ヶ月以上の懲役、又、花柳病に罹っている事を知り、又知るべくして売淫の媒合又は容止をしたものは、六ヶ月以下の懲役、又は五百円以下の罰金を課せられる。

第六条、花柳病に罹ったものに、医師は適切な処理をしなくてはならない。

第七条、花柳病の売薬は成分、分量等をはっきり記載しなければならない。(偽薬、誇大広告の防止)

第八条、七条に違反したものは五十円以下の罰金。

ざっとこんな具合でした。

この法律が発令された数年後、昭和六年二月に内務省警保局による『公娼と私娼』を開いてみると、

娼妓の定期健診回数は道府県区々によって、一週二回、毎五一回、毎六一回、一週一回の四種類で、大部分が一週一回か、二回とのことで、概ね警察庁が検診、花柳病と判断されれば娼妓病院(駆黴院)に於いて治療します。

公娼の罹病率は高いのが岐阜県3.70%、千葉県3.61%、鳥取県2.96%、大阪府2.70%、大分県2,68%、北海道2.62%、東京府2.57%、静岡県2.29%、青森県と広島県の2・23%

低いのが富山県0.27%、埼玉県0.69%、山形県0・71%、宮崎県0.74%

全国平均は1.82%

これが私娼となると多いいのが兵庫県25.43%、茨城県20.50%、広島県17.85%、新潟県と愛知県の16.66%、宮城県12.50%、青森県11.62%、山口県10.77%

低いのは島根県0.16%、埼玉県1.47%、神奈川県1.62%、静岡県の2.05%、長崎県2.08%、群馬県の2.54%

全国平均4.77倍

京都府の娼妓の罹病率は1.50%と全国平均を下回っています。また全国の花柳病の罹病者の内、淋病が59%、軟性下疳34%、梅毒7%です。

『公娼と私娼』では、私娼の診断は法令で強制できない、さらに、その診断も民間の医者が多いので、私娼の抱主の意向を受けて、手加減をしている医者もいる、との見解を示しています。

という事は、個人で売春している女性はさらに検診を避けると考えられるので、兵庫県や茨城県の私娼と売淫するなら、神社でおみくじを買い中吉をひくより、花柳病をひき当てる可能性の方が高いのを覚悟しなければならなかった事になります。

f0347663_12001166.jpg




by gionchoubu | 2017-06-23 12:06 | 私娼 | Comments(0)

花柳病

f0347663_12241955.jpg
 かつての飛田遊廓の大楼で現在料理屋の飛田百番さん。左が応接間、階段の欄干に三条大橋の文字

遊廓に於いて、最も厄介なものの一つは梅毒でした。江戸時代、予防法として胡椒七粒、山椒七粒、赤小豆七粒、これを紅絹(もみ)の袋に入れて湯巻の紐に結びつけ置くとか、黄蓮、甘草、丁字、山椒、熊笹、灯心、梅干、膠、松の実に、体の不潔の毛三筋を加えて黒焼きにした薬を飲むとか、これはもう呪いの類で、いわばお手上げ同然でした。

陸軍軍医総監、松本良順は幕末に『養生法』を表し、その中で「下賤のもの百人の内九十五人は楳毒にかゝらざるのもなし、此其原花街売色に制なき故なり、西洋諸国楳毒を恐れて、花街を破却することあり、其時却て楳毒の病人増せり、依て其後花街をまし、毎年厳重に守衛を設け、法を立て楳毒病院を立て毎一週医官をして総売女を密に改め少も毒に感ずる婦人は直に病院に入て治療を加へ治し後出して元に帰らしむ」

遊廓を廃すると帰って梅毒が民間に広がるので、遊廓を増やして病院を作り、これに罹ったものを治療したほうが効果的と説いたのです。

さらに、オランダの医師ボードインも大阪浪華假病院の教師時代、大阪府当局に対して頻りに、芸娼妓の検黴を建言しました。

これをいち早く実行に移すべく奔走したのが、医者でもあった明石博高で、槙村参事(後の京都府知事)の許可を得て、祇園一力茶屋の杉浦治郎右衛門らに懇々と説き、明冶三年七月、東京、大阪に先立ち日本で一番先の娼妓黴毒治療所を祇園神幸道南側に設立しました。

明冶七年に府立療病院の所轄になり、二年後の明冶九年、この療病院の医師が内務省に送った答申が

一、 黴毒病院を設け娼妓を検査し其毒あるものをして入院せしめ治療を施すべし。

一、 検査は一週間に必ず一回之を受けしむべし。


一、 娼妓ある地へは医員出張し或は便宜に由て二三ヶ所合併して検査し病あるものは黴毒院に送り治療を受けしむべし。

一、 多病ある時は他医に治療を託するも勝手たるべし。

一、 黴毒院に関する職員は凡そ三名を要す。

そして同年九月に、いまの歌舞練場前西側に建てられたのが府立療病院出張假駆黴院でした。これが後の京都八坂病院の前身になります。上記の答申が雛形になり、以後日本の遊廓には必ず、健康診断を受ける場所(遊廓事務所が多かったようです。)と、指定病院がありました。

最後に娼妓と、花柳病に関する話を二つ紹介します。

福知山の猪崎新地の話を詰め込んだ『猪崎ものがたり』よりFさんの話。

娼妓さんにとって、この検黴の結果失業にもつながるので、死活問題でした。抱え主の楼主も非常な損失になるので、明日が検査という時は、具体的にどうやったか分かりませんが、一生懸命検黴に引っかからない様、女将が娼妓に処置をしたそうです。

医者の方も、はっきりと病気であれば入院させますが、可愛そうだという同情心が湧き、グレーゾーンは検査を通すこともあったそうです。娼妓の中で、全く心配のない者は二、三割とある医者が洩らしたそうです。

水上勉の『五番町遊廓附近』より、作者本人の思い出。

昭和十三年頃、のち『五番町夕霧楼』を世に送り出した作者が立命館の夜学に通っていた時、五番町遊廓に福知山の寒村出身の千鶴子という馴染みの娼妓さんがいました。(つまり学生でも馴染みが持てるほど遊廓は身近なものだったと言えます。)

水上の連れが千鶴子のいる楼にあがったあと、千鶴子が、暫らく自分を訪ねてこない水上の消息を尋ねたたとき、その連れが冗談で「あいつは淋病で寝てるよ」と言ったのです。

翌日、下宿のおばさんに起こされて二階から見ると、千鶴子が電柱の陰で、日傘で顔を隠して佇んでいました。

「すんません。うちがうつしたのよ。きっと。うちは病気やないけど、まわしのお客さんがそうやったんにちがいないんです。これを大急ぎで煎じて呑んでください。」と口早にいうと、新聞紙の包を置いて、走って帰っていきました。

千鶴子は、馴染の苦学生に病気を移したと衝撃を受け、眠るに眠れず、朝一番、朝一番薬局に行き、ペニシリンもない時代、正体不明の漢方薬を届けたのでした。

当時、借金のある娼妓が、早朝に、楼主に無断で、馴染み客のところに、たとえ病気見舞いにしろ駆けつけることなど、決して許されることではありませんでした。

このエピソードは、夕霧楼の作者の心にいつもあり、千鶴子の純情に涙することもあったと述懐されています。

ひょっとしたら、千鶴子がいなければ、あの夕霧楼の夕子も生まれてこなかったかもしれません。

参照:『明冶文化と明石博高翁』田中緑江編集

f0347663_12303541.jpg
                そして中庭の巨石



by gionchoubu | 2015-06-28 12:31 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)