人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:自己本位 ( 1 ) タグの人気記事

京都パンパン赤線時代 五十七

f0347663_14195873.jpg

昭和27年 9月27日、京都新聞夕刊

女性案内 紙上匿名可、編集局女性案内係へ。

『面白くない婚家を飛び出た 別れて愛人の世話になりたい』

(問) 私は当年二十七歳です。夫は十六歳上です。一昨年の春処女でない私は奨められるまま三女ある現在の夫と結婚しました。

結婚したものの子供がうるさくて思ったほど家庭は裕福でもなく後悔しました。 

子供や夫に冷たくすれば離婚してくれると思い気ままな生活をして事あるごとに別れ話を持出しています。

ところが結婚一年目に重病になり、夫は手厚い看護をしてくれました。

七ヶ月ほどで全快しましたので、これを機会に別れ話を持出しましたところ夫はひどく怒りました。

そのうちふとした機会からAと知りあい、現状を話しましたところ、大へん同情してくれ愛情も尊敬もない結婚生活なら別れなさい、君一人の生活なら何とか助けてあげようといわれます。

私も若いし自分の幸福のためを考え三ヶ月前自分の持物全部をもって家出し、Aの紹介であるあるところにかくれています。

夫は母のもとへ毎日のように帰宅を催促してきます。

私はいまAに愛情を感じていますがAにも妻子があります。

夫は私が一方的な理由で家庭を破壊するならば差し違えて死んでしまうとまで申しているそうです。(迷えるH子)

自己反省せよ 勝手すぎる貴女

(答) よくも図々しく迷えるH子となど書いて質問されますね。あまたのような人を救われざる人というのでしょうか。

わが行動に何の反省ももたずに自己本位の生活にはあきれかえります。あなたは結婚をまるで物見遊山程度に思っていられるのでしょうか。

始めから子供がうるさいとか、思ったほど裕福でなかったなどと何が目的で結婚されたのかといいたくなります。

また人妻でありながらAの世話になるなどと一点の同情の余地もありません。人妻である以上勝手な真似は出来ないのは当然です。

(家庭調停委員大西鶴子)



by gionchoubu | 2017-12-31 14:22 | パンパン、赤線 | Comments(0)