人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:美松新温泉 ( 2 ) タグの人気記事

娯楽の殿堂 美松 その四

f0347663_14162625.jpg
以前も紹介しましたが昭和29年の祗園をどりのパンフレット(下の画像)に

涼秋一浴千金 トルコ娘の美松新温泉 お色気で近代味豊かな御清遊は
名物トルコ風呂

アミューズメントセンター美松
二階 ダンス娘の・ダンス美松
一階 ビール娘の・ビーア美松
地階 地下温泉街・家族風呂

の広告が載ります。

さらに昭和32年4月12日の京都新聞に

お一人 390円 ビール突き出しサービス料税共
アルサロ制ナイトクラブ美松

五つの温泉に入ってお一人100円
トルコ風呂400円 家族風呂300円 美松新温泉

美松では有りませんが翌日の十三日の京都新聞にも、

木屋町トルコ風呂 花見帰りに・・・ご入浴六百円

サービス料入浴雑費一切含み 階上―大小宴会用お座敷有り、ご予算次第で相談下さい 中華料理・すき焼・和食 五周年記念場内総改装完成!
トルコ温泉 西木屋町、河原町通 松原上ル

の広告が載ります。

当時のトルコ風呂は新聞に広告が堂々と載るほど後ろめたさの無い存在だったのでしょうか?

それもそのはず。昭和三十三年四月に売春防止法が完全施行されるまで、赤線での売春は違法でなく、トルコ風呂を隠れ蓑にする理由はなかったのです。

トルコ風呂の第一号とされるのが昭和二十六年、東銀座に誕生した東京温泉で、経営者は密室での女性によるマッサージなので、風紀の問題には極端なほど神経質で、従業員の女性が客と外でお茶を飲んだだけで解雇された例もあったといいます。

昭和二十八年頃からトルコ風呂が増える兆しがみえました。一部の業者による、手でのサービスが流行り始まっても、ある経営者は、「儲かると聞いてトルコ風呂をはじめたわけだが、女の子たちに売春だけはやって欲しくないと心から思っていた。万一、そんなことをされて警察の手入れでも喰らったら、一族に顔むけできなくなる。」と話したぐらいです。

売防法が施行されたのは昭和三十三年四月一日。全国のトルコ風呂は約百軒を越え、いわゆる本番サービスが評判になり始めました。

そして昭和三十六年の全国のトルコ風呂軒数は七百六軒と僅か三年で七倍に増えました。

昭和三十八年、東京の一部を除いた全国のトルコ地帯の殆どの店は本番を主にしたサービスを行っていたなか、例外として京都と大阪だけはスペシャルサービスさえない、完全に健全な店が殆どだったといいます。

今回参照させて頂いた『トルコロジー トルコ風呂専門記者の報告』の著者の広岡敬一氏によるとその理由を、旧赤線の施設が残存して座布団売春と呼ばれた営業が続けられた事、またラブホテルなどでのパンマ売春が盛んで、あたらしく投資して売春を目的とするトルコ風呂を開業しても業者にはメリットが無かったからと分析しました。

こういった状況の中で、京都新聞による木屋町トルコ風呂と美松新温泉のトルコ風呂の広告だったわけです。


f0347663_14172738.jpg


by gionchoubu | 2018-08-28 14:15 | Comments(0)

京都市のトルコ風呂

f0347663_11545835.jpg

日本の最初のトルコ風呂は昭和二十六年四月一日創業、東銀座の「東京温泉」で延べ千六百坪の建物には蒸し風呂付の大衆浴場のほか、三十の個室も設けられ、レストランや喫茶の設備もある豪華極めたレジャー施設として誕生しました。

トルコ風呂の名称は、この開店を報じた『内外タイムス』の記者がトルコ共和国の蒸し風呂を連想し、「日本初めてトルコ風呂が」との見出しをつけた事によるもので、以後エスニック情緒もあわせ、トルコ風呂の名が一人歩きを始めます。

尤も、この「東京温泉」は正統マッサージのみ、個室は銀行員の初任給が三千円の時代に、個室利用が千二百円と大変な高額ものの、前年勃発の朝鮮戦争の特需成金客で満員御礼の大繁盛。

ただマッサージ嬢は月、七、八万の高給取りで、客の口車には乗らず、健全経営でした。

この成功により、翌二十七年にはトルコ風呂第二号の福岡・中州に「博多温泉トルコ」、東京浅草に「新世界トルコ」、札幌・ススキノに「ススキノ・トルコ・センター」など相次いで開店しました。

そして、昭和三十五年に都内にあった六十七軒が三十六年に八十二軒、三十六年に百十二軒、三十八年に百四十八軒と急成長、明らかに昭和三十三年の売防法完全実施による赤線消滅の影響でした。

ただし、当初サービスの本流は、売春防止法に触れないぎりぎりのサービスがウリで、昭和三十五年当時、正統マッサージのみで来る客もまだまだ居りました。

しかしこの年、警視庁は都内九軒のトルコ風呂を売春容疑で摘発、以後業者と厚生省、警察庁とのいたちごっこが始ります。

昭和四十一年、ベトナム特需もあって、トルコ風呂は全国に七百六軒(都内二百八軒)ただし、調子に乗った業者が永田町の首相官邸裏にトルコ風呂の営業申請をだし、当時の佐藤栄作首相が激怒、トルコ風呂の新設が規制されました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここまで見ると、昭和二十九年“第三回祇園おどり”(現在は祇園をどり)のパンフレットの広告に載った「トルコ娘の美松新温泉」の営業形態はソフトなお色気のみの正統マッサージだった事は、花街のパンフに載ったことでも明らかです。

名物トルコ風呂、アミューズメントセンター美松、二階、ダンス娘の・ダンス美松、一階、ビール娘の・ビーァ美松、地階、地下温泉街・家族風呂

場所は新京極で、最近までゲームセンタ、その前は美松劇場のあった所だったのでしょう。

風俗としてのトルコ風呂があったのは、私の知る限り、島原遊郭の今の松栄さんの駐車場あたり(旧松本楼)一軒で、昭和三十一年の住宅地図に島原温泉KKで載ります。当時を知る人によると、制服姿のマッサージ嬢がいました。

参照:『戦後性風俗大系 わが女神たち』広岡敬一著





by gionchoubu | 2017-05-15 12:00 | Comments(0)