人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:篠塚流 ( 3 ) タグの人気記事

上七軒ぞめき その十

上七軒舞踊(花柳流)七福神、大正十三年、舞、山下〆奴、出雲菊子
長唄、角山梅吉、川端?る子、廣瀬一栄、前田千代
三絃、堀江勝子、大西八重路、桝井鶴太郎、山本美代鶴
f0347663_16162005.jpg

現在の京都五花街の舞の流派といえば、上七軒は花柳流、先斗町が尾上流、祇園東が藤間流、祇園甲部には井上流、そして宮川町に藤間流に落ち着いていますが、江戸時代京都の花街は、町娘が習う流派も含め篠塚流が殆どで、僅か祇園に井上流が篠塚流と共存していました。

大正十二年の『技芸倶楽部』を見ると京の踊りの流派は流動的で、当時

上七軒は篠塚流と花柳流が共存

先斗町は篠塚流と井上流だったのが大正時代に井上流が無くなり、若柳流と篠塚流が共存

祇園東(当時乙部)は篠塚流から井上流、そして丁度このころ藤間流に変わりました。

祇園甲部は篠塚流と井上流が共存でしたが明冶五年ぐらいから井上流一色になりました。

宮川町は篠塚流から楳茂登流

その他、七条新地、五番町は篠塚流一色、島原も元は篠塚流でしたが、一時井上流がはいったものの、大正末は名古屋から来た西川流の独占舞台でした。

篠塚流の初代は篠塚文三郎で、良く分からない部分もあるのですが、歌舞伎の影響を受けた京舞で、「手を伸ばさばあらん限り、足を伸ばすのなら伸びる限り」という流儀が伝えられています。

二代目文三郎は天保時代に襲名し、島原の松本楼の娘と結婚しました。そして幕末に亡くなっています。三代目が文三でその弟子の玉うのが明冶の中頃より上七軒で師匠を努めていました。玉うのは篠塚四代目を取ってもおかしくない人で、上七軒出雲の女将(出雲菊子)に大正十年に免許状を出し、玉うのが亡くなった後に出雲菊子は歌舞七段の免許状を受けています。

玉うのが亡くなったのが大正十一年で、これを機にに上七軒は花柳流になったようです。もう一つ上七軒の技芸で大きな変化は、それまで舞の地は専ら地唄ばかりだったのですが、大正の末あたりからの長唄熱です。

これは大正の初め頃から二十余年間上七軒長唄師匠を努めた杵屋新右衛門こと中川道之助の指導による賜物で、昭和師匠が七年他界すると、当時の河合取締役は故新右衛門の名取である菊子、一栄、鶴太郎、千代、〆奴を門下代表として同伴して東上、芝公園妙定院の告別式に参列しております。


f0347663_16342701.jpg

十九歳の出雲菊子、将門滝夜叉姫


by gionchoubu | 2015-08-24 16:31 | 上七軒 | Comments(3)

篠塚流

f0347663_17412613.jpg
                       祇園祭お迎え提灯に毎年篠塚流が参加しています。
f0347663_17425005.jpg
                         花街の信仰が厚い知恩院濡髪神社にて
上七軒 篠塚流→花柳流
先斗町 篠塚流→篠塚流と井上流→若柳流と井上流→尾上流
宮川町 篠塚流→楳茂都流→若柳流
嶋 原 篠塚流→篠塚流と井上流→西川流 (*そのあとさらに花柳流に変わった模様です)
五番町 篠塚流
祇園東 篠塚流→井上流→藤間流
祇 甲 篠塚流→井上流
これに七条新地までも篠塚流だったという事なので、京都の踊りはすべて篠塚流が牛耳っていました。

この篠塚流の初代を技芸倶楽部の風月庵記は元禄時代名古屋の俳優、篠塚次郎左衛門に求め、一派はその後寛保に人気のあった嘉左衛門、善八事歌桐と受け継がれましたが、卯之吉あたりで衰微していき、もう一派である篠塚次郎左衛門の実弟十左衛門の子磯五郎の子、文三郎が江戸の志賀山流を取りいれた名古屋舞を京都にもたらし、下河原の芸妓や町方の娘の人気を得て、文三郎の子やはり文三郎と名乗り京都全市を手中に治めたとあります。

それまで京都の舞は幸若舞の変化した大頭の女舞が京舞であったが、篠塚流が現れると人気が無くなりました。

田中緑江は『京の舞踊』で篠塚文三郎を祖とし、その特徴を佐渡島流や志賀山流に幸若舞さらに能楽金春流を応用して自流を完成させたといいます。
その流儀は「手を伸ばさばあらん限り、足を伸ばすなら伸びるかぎり」と、舞台向きの派手な振りを特徴としています。

この篠塚流が確立したのは井上流とほぼ同じ頃、寛政年間(1798~1800)ぐらいと見られているようです。

この初代文三郎のあと、二代目文三郎、力寿(りきじゅ)と続き、三代目文三は明治五年、鴨川踊の振付けもしております。また嶋原の師匠もしていましたが、後妻のまさが大酒飲みで朝から樽から柄杓で酒を飲むありさま、弟子もしだいに離れて行き、後継者なしに明治十九年に亡くなりました。

その後、玉うのという女師匠が晩年上七軒に教えにいき、篠塚四代目を名乗っていたようです。そして、塚たか、辻本東三、藤村東三、水野つる(先斗町師匠)出雲菊子(上七軒出雲の女将)などが、個々指導にあたっておりました。

しかしながら昭和十年発行の『郷土研究上方』「上方舞踊号」という特集号全般、篠塚流の記述はゼロに等しく、この頃は人々の話題に上る事もなかった様です。

そして昭和三十七年に篠塚梅扇が多くの方々の後援を受け五代目篠塚流家元を再興しました。

篠塚流もそうですが、踊りの流派を辿るのは大変困難で、私も山村流や藤間流を辿った事があるのですが、能力不足が一番とはいえ、複雑で、諸説もあり、途中で投げ出しました。(山村流に関してはもう一度チャレンジするつもりです。)

又、家元の後継者の問題が大変なのは過去、色んな流派の問題が紙上、テレビで何回もとり上げられてきたのは周知の通り。三世不在の時期が長くありましたが、つくづく初生から現五世まで磐石の井上流が、原則男の弟子を取らない、京都から基本出ない、の排他的な要素も含め、特殊中の特殊と言わざるを得ません。


by gionchoubu | 2014-09-25 17:44 | 京都の花街・遊廓 | Comments(5)

祇園東ぞめき 十四

f0347663_18035338.jpg
祇園をどり

まず、祇園東の舞踏の歴史について振り返ってみます。この地は祇園の一部として、江戸中期から京都の花街を席巻した篠塚流でした。こちらは舞台向きの派手な振りが特徴で、「手を伸ばさばあらんかぎり、足を伸ばすのなら伸びる限り」というもので、初代は篠塚文三郎、歌舞伎の立役だったとされており、佐渡島流、江戸志賀山流に幸若能楽金春流を応用して独自の境地を開きました。

三代目文三が明治十九年臨終の際、新橋東大路に西入北側の路地に玉うのという師匠がおり、たかという師匠と一緒に篠塚流を継ぐように頼みましたが、両女とも遠慮して継がなかったという話が伝わっています。

その後、明治五年の都をどりの後、祇園は井上流一本になり、甲部は現在も井上流、乙部時代に東は藤間流となりました。

明治十九年、美摩女紅場を建設した後はここで温習会も催していましたが、昭和十六年に今の会館の土地を買い求め、戦後アメリカの進駐軍に接収されていた歌舞練場(演舞場)や事務所を処分、昭和二十四年現在の場所へ初代の祇園会館を作りました。

この館は総檜造り和風建築、舞台窓口三十六尺、奥行二十二尺、左右の桟敷は高欄付一部椅子席、収容人数五百五十名(収容人数は現在の感覚では六割程度だと思います)一階にフランス料理店を備えていました。開館を記念して、花櫓、お祭り、其儘三写絵、雪月花、幻お七、奴道成寺、第二部、再春菘蒔、三社祭、隅田川、釣女を三月二十一日より二十七日まで第六回温習会として開催しましたが、より一層拡大したものと再建築を願い三年後に二代目である現在の祇園会館が誕生しました。

昭和三十三年三月二十三日開館、舞台の幅を六間から八間、客席も五百から千(当時の座席表を見ると席は六百六十七、消防法の規制を受けない時代でしたので、収容千人はそれを踏まえての数字です。その後、昭和六十一年、祇園会館全面改装、席数を減らし、現在は五百二、階段前が縦十一列から九列に、階段後も大半が横三十席から二十五席に減らしました)に広げ、今の形になり、祇園をどりが毎秋行われるのはご存知の通りです。

新築落成記念公演は、宝塚歌劇団の演出家でたいへん厳しい指導でしられた、白井鉄造作、阿国山三歌舞伎始、八場、舞鶴三番叟、北州千歳寿、初だよりマイラセリ、狂獅子各一場でした。

祇園会館は当初、春も祇園東による催しがあったようですが、後年長きに渡って名画館として親しまれていました。現在祇園をどりの期間以外は吉本花月が毎日舞台を行っています。

記念すべき祇園おどり(四回よりをどりに変更)の第一回は昭和二十七年、作、野淵昶、番組は、京井筒、日向平家、柳、京都アルバム、取締は富森菊一氏、芸妓組合長は岡島豊治で、この時の観覧量三百円、茶席が二百円でした。

第二回と三回と六回は林悌三作、四回と五回は白井鉄三作、第七回は竹内伸光作、そして第八回も竹内伸光作ですが、構成に田中緑江氏がかかわり、パンフレットのごあいさつでも顔を並べます。その後二十一回(昭和五十二年)より長きに渡り、脚本、構成は“京の花街”の著者でおなじみの度会恵介氏が担当、現在は塩田律が脚本、構成を担当しています。

振付は第一回〜第五回まで藤間良輔、六回〜二十回まで藤間勘寿郎、二十一回からは現在まで藤間紋寿郎が担当しています。

第三回から第四回の間、昭和二十九〜三十三年までブランクがあるのは二代目祇園会館建設の為、又、昭和六十三年には昭和天皇崩御のため中止されております。

京の〜踊りは明治五年より祇園の都をどり、先斗町の鴨川をどり、そして下河原の東山踊り(まくづ踊り)が最初で、その後すぐ島原の青柳踊り(明治七年か八年より三、四回行われた様です)、実は明治五年宮川おどりも附博覧会の予定にあったのですが、実際催された記録はどこにも見つかっていませんので、中止になったという見方がされています。宮川町の京おどりは昭和二十五年。そして昭和二十七年、菅道公千五十年万燈祭に協賛し、上七軒が北野をどりを始めました。


by gionchoubu | 2014-09-04 18:08 | 祇園東 | Comments(0)