人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:田中緑江 ( 4 ) タグの人気記事

島原遊郭ぞめき 昭和の島原

f0347663_10441288.jpg
                     大正時代末の島原太夫

昭和の島原遊廓を見てみます。昭和五年発行の『全国遊廓案内』によれば、貸座敷148軒、太夫、伯人、娼妓併せて434人、太夫、伯人は揚屋に送り込み、娼妓は居稼ぎ、太夫が揚屋へ送り込まれる時は、太夫の名を赤漆で書いた黒塗りの長持ちをが男衆によって担ぎ込まれた、その中には夜具から枕箱、煙草盆に至る迄の調度がはいっていた、と島原が傾城町として立ち上げられた時の風習が昭和になっても尚、続いていた事が分かります。。

揚屋に一泊して、翌朝「お座敷拝見」すれば三十円はかかるといいます。当時京都市電の料金が六銭均一ですので、現在の市バスの均一230円から計算すると、一晩12万円弱、この算出が妥当かどうかも分かりません、又この料金が高いのか、安いのかも判断できる材料がありません。そして代表的揚屋が角屋、松本楼、輪違屋、他に花月楼、第二尾崎楼も堂々たる構えの家として紹介されています。

昭和六年、内務省警保局の『公娼と私娼』によれば、業者数146、娼妓数483となり、娼妓数としては京都市では七条新地1、340、北新地(五番町)681に次いで三番目の規模となります。

昭和八年四月一日、『郷土風景、諸国花街号』で田中緑江は「祇園と島原」で昭和七年十一月待末の調査として太夫十四人、伯人三十二人、芸妓六十人、女郎五百二十五人、第一貸座敷百四十、第二小方家六十人としています。緑江さんは当時の島原を、

「この廓の二、三軒だけがズヌケてゐる他、娼妓本位の廓であるために、如何に昔ながらの太夫がおってもそれだけでは廓の品位を保つ事が出来ず、三流廓といってもよい」

「名物の太夫十四人は余りに淋しいがこれ又祗甲の舞妓同様、毎日売切れの太夫でも、よく流行する平娼妓に及ばず、結果種々な物入りだけ嵩むで損と云ふ事になるので太夫を置く家が少なくなって来ているのも時勢の力で仕様がない。」

「昔の様に禿から太夫の見習ひをして太夫になるのではなく、太夫とて鑑札は同じ平娼妓であって抱える時でも太夫にしやうとして抱へるのでもなく、女も又太夫を望んで来るのでもないそうである。平娼妓として契約し、これなら太夫にさせられるのだろうとみてとって太夫の諸心得を教えへるのである。」

「現在立派な太夫の何代目かをついでいるが、お茶と花を活けるのを稽古している丈で、大きい髷、おはぐろをつけた黒い歯、素足でゐる事位が太夫の姿であると云っただけで、多少平娼妓よりも一夜妻として客を満足さす様に努める事は知ってゐる様である。」

そして「太夫らしい太夫はゐないが又、同時にお客らしいお客もゐないのが現代である。」

かつて公家文化の薫り高く、大名をも迎えいれた太夫は学問もあり、品格もあり、遊芸にも達し、貴賓の相手として恥ずからぬ物もおりました。つまり太夫文化を育んだのはお客の方で、多少の小金持ちを相手の太夫なら、それなりの太夫しか育たないという事であります。

「最近の〜は」というフレーズは過去、現在、これからも限りなく使われますが、そのうちの幾つかは将にそれを言ってる本人に跳ね返って来る・・・と言わざるを得ません。


by gionchoubu | 2016-06-17 10:48 | 島原遊郭 | Comments(6)

遊里の町名

f0347663_14011671.jpg
                     祇園の舞妓さん

緑江叢書6『京の町名のいわれ』で田中緑江さんは京の古い町名を分類して、

一、人名(山名町、俊成町)
二、職業名(八百屋町、畳屋町)
三、樹木名(木町、藤ノ木町)
四、神名(稲荷町、小将井町)
五、仏名(薬師町、石不動町)
六、祭礼に関した名(牡丹鉾町、長刀鉾町)
七、三ヶ町合併名(柏清盛町=柏野町+清玄町+盛下町)
八、対称した名(上之町、中之町、下之町)
九、寺院名(真如堂町、中堂寺町)
十、土地の名(円山町、百々町)
十一、道路名に町名をつけたもの(本町一丁目、宮川筋一丁目)
十二、商家の屋号(茶屋町=茶屋四郎左衛門町)
十三、神社名(西天王町、清明町)
十四、邸宅の名(二条殿町、常盤井殿町)

等々、その他いくつも分類例を仄めかしています。

私が注目するのは遊里における町名で、特に荒地などに新地として一気に沢山の町が開け、新町名が幾つも必要となる時には、町名間に関連性を見る事ができます。

例えば祇園新地内六町は正徳三年(1713)に誕生したもので、富永町、末吉町、清本町、元吉町、橋本町、林下町を見ると、富が永く続きますようし、末永く吉でありますように、元から吉でありますように、という名付け親の意図が読み取れそうです。

七条新地十一町の内十町は上二之宮町など近江阪本日吉大社に因んでいます。
一気に十一の町名を付けるのは至難の業で、多少やっつけ感の匂いがしない訳でもありませんが、便利な方法でした。

二条新地六町の内、新先斗町と新生洲町は鴨川を挟んだ先斗町の繁栄にあやかろうとしたに違いありません。

その先斗町ですが、九町の内五町に松、梅、柏、藤のお目出度い植物が入るのは矢張り命名者の意図を感じます。

島原は西新屋敷が正式な呼び名で、その名の通り、六条三筋にあった遊廓を西の新しい屋敷に移したもので、六町の内三町は移転前、六条三筋時代の上ノ町、中ノ町、下ノ町をそのまま島原でも使っています。

これらの町名を付けたのは誰なのか、多分京都所司代の息のかかった町奉行辺りだと思われますが、宮川町に於ける宮川筋一町目から宮川筋八町目の様に一から数字を数える町名は京都ではほんの少数派なのです。

北から南、四条から五条まで宮川筋で、五条から少し東に本町が一丁目から伏見稲荷まで二十二丁目まで続き、その先は深草直違橋の町が今度は十一町目から一丁目までさらに南に伸びるのはとても偶然とは思えません。



by gionchoubu | 2015-05-21 14:04 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

五番町ぞめき 二

f0347663_11431582.jpg
     五番町遊廓エリア内ですがこちらは貸座敷ではありません(個人宅)が、立派な造りです。

明治七年、女紅場ができ、十九年に布令のもと五業取締規則により組合が出来、事務所も出来たのは市内の他花街と同じです。明治十一年、大西亀太郎編による『都の花競』によると、五番町の芸妓は十四人、義太夫芸妓一人、舞妓二人、
四番町に七人の名が記載されています。

大正四年発行の『京都府誌下』によれば大正二年,貸座敷128、芸妓49、娼妓469とあります。

大正十年に自発的の娼妓の張店の慣例を撤廃、大正十一年には芸妓部、娼妓部、芸娼妓連帯部の三部制を制定、更に大正十五年この三部制を廃止して元芸妓部を東部貸座敷組合、元娼妓部を西部娼妓組合と称しました。

この頃の五番町の組織は

北新地東部貸座敷組合事務所、取締、里見新三郎
同営業部、理事、里見新三郎
北新地東部歌舞会も会長は里見新三郎で、抹茶活花科、舞踏科、浄瑠璃科、鳴物科、長唄科、清元科、常磐津科、哥澤科を擁する実に見事な組織で、五番町の踊りは若柳吉兵衛と中村豊子が指導していました。さらに科目により北柳会(若柳流舞踊会)二六会(浄瑠璃会)北聲会(哥澤会)技芸研究会(歌舞音曲全部)清本元研究会(清元会)がありました。

この東部貸座敷組合で四番町に所属するのが、(A)芸妓置屋として、市房、春の家、田中、瀧川、中村、村種、宇栄繁、松村、二見、房の家、久富、五番町に西定、常盤、玉三枡、福丸、喜月、岸柳、美登里、三福、松月、利生町に俣野、喜楽で合計芸妓数六十一人、義太夫芸妓は三人とやや少なめです。

五番町の代表的な名妓としては、玉三枡の辻金時(本名辻つる)は明治三十六年、十七の年で芸妓になり、昭和六年に二十九年の芸妓生活を終え、北新地役員や朋友の見守る中、千本の橋本家で引退披露をしました。

その後も辻鶴の女将として北新地の中心人物でいた。『亡くなった京の廓』で田中緑江さんも五番町の代表名妓として紹介しています。

(B)東部貸座敷名簿に載るのが、四番町に、市房、春の家、千鳥、和田、田中愛、田中、大光、瀧川、中村、村種、宇栄繁、山田、松村、二見、房の家、寺田、君の家、森本、喜楽、水野、久富、五番町に西定、常盤、玉三枡、蔦屋、辻、福丸、里見、喜月、柳岸、三登里、三福、南西定、松月、白竹町に大なつ、藤家、利生町に俣野、菅原、一概には言えませんが、この(A)(B)に重なる店が置屋兼お茶屋、(A)のみに見えるのが置屋のみの営業、(B)のみがお茶屋のみの営業であると私は理解しています。


by gionchoubu | 2014-09-06 11:58 | 五番町 | Comments(2)

祇園東ぞめき 十三


f0347663_13293551.jpg

祇園東の区域の内、祇園北側347番地はすべて膳所藩の屋敷跡です。(グリーンが内その347番地で、ピンクは膳所藩屋敷の庭に祀られ現在も信仰を集める歓亀神社、赤の斜線が祇園会館です。昭和四十年代の地図にフィルターをかけました。

祇園乙部貸座敷組合事務所発行、昭和十四年九月十七日現在の芸娼妓一覧によれば、いろは順に並べられた芸妓之部の置屋五十八軒、芸妓数百九十人、たくさん芸妓を抱えたのが植辰の十三人、九二八(クニハチ、富菊の二軒西にありました)の十三人、近江福九人、木村九人などで、特筆すべきは、この木村にギ、勝助、また大市にギ、良吉など義太夫芸者が確認できたことです。関西の義太夫で名高かった花街は大阪では、堀江、京都では宮川町などですが、祇園甲部、先斗町でも戦後まで、義太夫芸者は一種独特の存在感を示していました。又、富菊、岡留、梅田、繁の家など現在のお茶屋組合の組員の名前もみえます。

娼妓之部をみると、置屋三十二軒、娼妓数百三十五人と、芸妓が娼妓を上回り、いよいよ芸妓本位の街が確立されました。また何軒かは芸妓、娼妓兼用の置屋もありました。

昭和十一年の貸座敷二百二十軒から、昭和十四年の置屋総数九十軒(芸妓置屋五十八軒+娼妓置屋三十二軒)を引いた百二十軒がこの時期の芸妓、娼妓を置かないお茶屋と妓楼のトータル数ということになります。

さて、終戦直後の祇園はアメリカの進駐軍のせいで様子が一変し、闇市もでき、GIが横行、祇園乙部では進駐軍を立ち入らせない様、off limit の看板をだす店が目立ったそうです。

昭和二十四年、乙の字を捨て祇園東新地と名称を変更し、花街の紋章も八つの団子丸の中の乙を東に変えましたが、現在は八つの団子のみです。祇園甲部は今でも分裂の際に考案された八つの団子の中に甲の字を当てていますが、両花街の団子の意匠はもともと水茶屋時代、祇園社頭で売られていた茶店時代の由緒から草案され、八の数字は、橋本、林下、末吉、清本、元吉、富永などの甲、乙またがる八町の結束を表現しているという説があり、もしこの説が正しければ、紋章のなかで甲乙が仲良く同居していることになります

昭和二十九年八月一日現在の祇園東新地事業組合員名簿をみますと、その数百六十六軒、昭和十四年の芸娼妓置屋の合計九十軒にくらべ多いいのは、単純に芸娼妓を置かない、お茶屋専業、貸席専業の館の数が含まれるからに違いありません。ここで現在も営業の福屋、中勇、田中浪(田中菜美)、叶屋、栄政の屋号をみることが出来ます。

昭和三十年八月発行、渡辺寛著、全国女性街ガイドの祇園乙部の項に、芸妓五十四人、女中(娼妓)百三十二人、お茶屋百七十人、置屋二十軒、芸妓一時間の玉代は一席いくらといい、芸妓一時間三百円、大きな屋形(置屋)としてあげられた九二八、植辰、吉春、大和屋は昭和二十九年の名簿で確認できましたが、榊初は確認できません。同じように大きいお茶屋北千代、古梅は確認できましたが、中照というお茶屋は確認できませんでした。

昭和三十三年、三月十六日、いわゆる売防法完全施行の直前、祇園東新地お茶屋から、現在の祇園東お茶屋組合になり、この時点で、お茶屋百四十軒、接客婦百三人となりました。

『亡くなった京の廓』田中緑江著によりますと、昭和三十三年頃の代表的な芸妓として、岡留の豊治を筆頭に、愛みつ、叶二、つね香、市子、幸三、市づる、豊和、真知子、幸宥、つる文を挙げています。

昭和四十七年の組合員名簿での会員お茶屋は六十一軒、売防蓬が実施されてからわずか十五年の間に半数以下になっているのは、時代の流れ、ライフスタイルの変化、レジャーの多様性といくつも理由は挙げられるのでしょうが、日本全国の花街、遊廓から娼妓関連の貸座敷が消えてしまったように、当然祇園東からも娼妓が消え、伎楼もなくなりました。

ちなみに、この頃の花代は一本十五分、一時間四本立てで千三百八十六円が定法だが、実際は五割増しが常識、宴会花は祝儀をふくめて二時間七千五百十三円の勘定でした。

さらに昭和五十七年の名簿ではお茶屋数は二十七軒、この中で、たとえば中畑という新橋筋、林下町にあったお茶屋はこのあと十年ぐらいで廃業、二階建て木造のお茶屋は地下一階、地上五階、三十ものスナック、バーがひしめくビルになっていますが、バブルの中、お茶屋だけで、この敷地を維持するのは、固定資産税だけでも大変だったと想像できます。

現在、平成二十五年の祇園東お茶屋組合員名簿に載るのは、福家、榮政、叶屋、
田中菜美、ほりたに、繁の家、梅田、中勇、岡とめ、富菊、まん、の十一軒であります。

乙部時代からの取締は初代中村乙吉氏、小山友次郎氏、佐伯寅蔵氏、山下寅吉氏、西川繁三郎氏、村上治郎吉氏と続き、富森菊一氏、富森多津子氏、梅田明子氏、岡嶋良一氏、そして現在は中勇の中西三郎氏が取締を務めます。
(ただし村上氏と富森氏間の取締は不明)



by gionchoubu | 2014-09-01 13:41 | 祇園東 | Comments(0)