人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:湯屋 ( 1 ) タグの人気記事

遊廓、花街の類形 その六

遊廓、花街の類形 その六_f0347663_11533198.jpg
                 額風呂、二階で宴会しています。弓矢→湯屋か?
湯屋及風呂屋型 前篇
 時代により、地域により、その呼び名は変わりますが、ここでは江戸中期の認識で、蒸し風呂を風呂屋、湯があるのを湯屋とします。

もともと、湯屋の女を湯女(ゆな)、風呂屋の女が垢掻女(背中を掻く姿から猿とも)や髪洗女と呼んで、共に入浴客の世話をしていた職業婦人だったのですが、いつのまにか、大都市で湯女として色を売るようになりました。

大阪では『元禄曽我物語』に「額風呂(がくぶろ)の小三、扇風呂の萩、湊風呂の近など、元禄中浪花にて名高き湯女ども」という記述があり、宝暦元年(1751)の島之内のねりものの番付に通常の遊女置屋とならんで、宇治風呂の白、千年風呂の小蝶、大黒風呂の岩、柏風呂の西などの妓がねりものに参加しており、当時の島之内の遊所は茶屋と風呂屋で一廓を形成していたものと考えられます。

大阪で風呂屋が出来たのは天正十八年(1590)とされ、『歴史女装考』によりますとその後「此湯女宝永の中頃にいたりては容色を飾り、浴客らが酒のあひてもなし、櫛一枚は常なるゆゑ塗櫛を二枚さして客の多きを見せ、頭かざりとも湯女のしるしともしたるなりけり。然して、稍色を売るにいたり、大湯女、小湯女の名目ありて、大湯女は酌をとり、小湯女は垢をすり髪をあらう」といった
具合になりました。

京都でも、この風呂屋という名で風俗営業があったのは、六条三筋の総中が元和三年(1617)奉行に「四條河原にて一町共に風呂屋と名付一ヶ月に一度も焚不申傾城屋仕候事」と訴えている事で明白です。

祇園新地には、薬湯や松湯といった湯屋か風呂屋があり、通りの名として残っていた(薬湯の町≒四条北の花見小路、松湯の町≒切りとおし)のを見ると相当名物だった事は分かるのですが、はたしてどういった営業だったのか見えてきません。もう一つ、島原で遊女塗櫛を二枚さす風があったのは、上記の湯女の風を習ったものとされています。
遊廓、花街の類形 その六_f0347663_11592435.jpg
             かつて松湯があった場所(古地図で確認)に松湯ビルがあります。
江戸に銭湯風呂が銭瓶橋のほとりに出来たのが大阪と同じ天正十九年で、承応から明暦にかけて盛んになりました。午後四時頃本来の風呂屋としての営業が終わると、上り場の格子の間を座敷のように金屏風を引き回して模様替えをし、湯女たちも衣装をつけ、三味線を弾き、小唄を歌い、なんら遊里と替わらぬ様相を呈しました。

京都では点在する風呂屋が、大阪島之内では遊所の構成分子として遊女を置いた風呂屋が存在したものの、妓楼の集合体としての遊廓の類型の一つとは成り得ないはずですが、江戸の神田、佐柄木町(神田雉町辺)の堀丹後守の屋敷前には一群の風呂屋があり、江戸の遊廓政策にも大きな影響を持ちましたので、類型の一つ足りうると判断しました。

この中で丹前風呂(丹後守の前)に通う浴客は粋な服装を好み、その様が一斉を風靡し、後に丹前は派手な姿態を称して言うようになり、さらに現在、旅館なんかで、大浴場に向かうとき着る「丹前」になりました。
遊廓、花街の類形 その六_f0347663_15214963.jpg
                          湯女図

参照:秘志生態風俗選10・林美一、東西浴場物語・浴場新聞社発行


by gionchoubu | 2014-11-08 11:57 | 遊廓、花街の類形 | Comments(0)