人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:洛中洛外図 ( 2 ) タグの人気記事

洛中、洛外半ば皆妓院なり その五

洛中、洛外半ば皆妓院なり その五_f0347663_11150855.jpg
    伏見稲荷

江戸時代 『洛中洛外図』など

* 薬師辻子、哥比丘尼(遊女)『人倫訓蒙図彙』

* 山崎町、勧進比丘尼(遊女)『京雀跡追』

『色道大鏡』では建仁寺町に周慶、周峯という比丘尼の棟梁がいたと記されています。上記の二箇所と思われます。

* 鳥辺野、『睡余小録』『守貞謾稿』に鳥辺野の芳という高名な比丘尼

三都の比丘尼は安永・天明(1772~1788)には廃絶したとの事

* 九軒町、天明~明治五年、下級の遊廓あり。『京都坊目誌』、白梅辻子の南

* 畠山辻子、『洛中洛外図』(上杉本)

* 四条通下がる、室町西あたり『洛中洛外図』(町田本)辻君

* 河原町荒神口

* 三条、四条の樵町、四条の樵町は前述

* 下粟田口の松坂、松坂は日ノ岡峠の西側、東西線、御陵駅の近く

以上三箇所は『よう州府志』

* 藤森稲荷、藤森稲荷=伏見稲荷辺り、『好色旅日記』

『羇旅漫録』享和二(1802)年、滝沢馬琴より、前術、後術と重ならない遊女町

* 七番町 五番町遊廓に南接

* 寺の前 五番町か下の森の一部と思われます。

* 御霊うら 下御霊神社,退隠したお局などが遊女化 『京都府私娼取締考』

* 檀王うら 檀王寺 縄手蛍茶屋の北の延長上と考えてよいと思います。





by gionchoubu | 2016-09-24 11:18 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

畠山辻子の遊女屋

畠山辻子の遊女屋_f0347663_12081641.jpg
                     洛中洛外図 町田本

色里について書かれた、研究書、地誌、随筆、洒落本を含め、文献では見たことは無いのですが、明らかに昔の京都に存在した遊里に畠山辻子があります。その存在は二つの洛中洛外図に描かれていますので明白です。

まずは、いくつもある洛中洛外図な中で最古と言われる、1525~1537の時代考証がされている町田本には、遊女屋とおもえる軒先で客をひく三人の遊女と三人の客が見え、袖を引かれている一人は僧侶です。

時代で言えば、秀吉に許可をもらった二条柳町の傾城町より五十年前になります。ちなみに文献に現れる京都最古の傾城町は応永四年(1392)に免許がおりた、東洞院七条下ルの九条の里といわれているのですが、どうして七条にあったのに九条なのかも含め何も分かっていません。

田中緑江さんが『京都遊廓見聞録』の「京の廓」で、「傾城補任状」に大永八年、都のどこかに傾城町ができたがどこかわかりません、と書かれております。大永七年は1527年、畠山辻子の遊女屋と綺麗に符号しますので、私は畠山辻子がこの傾城補任状の遊里で、九条の里と二条柳町の間を埋めた都の色里と考えております。

どうして町田本の遊女屋が畠山辻子と言えるかは、永禄四年(1561)から六年の景観内容を現した上杉本に、同じ位置に遊里が描かれ「はたけ山のつじ上ら」(畠山の辻女郎)としっかりと書かれているからです。

上杉本には三軒の女郎屋に七人の女郎が認められ、一人は手鏡で自分を映しています。

畠山町は、御所の近く、上京区室町新町間今出川上ルで、かつて町東側に官領畠山氏の邸宅がありました。近所の方にお聞きしましたが、畠山町のどの筋が畠山辻子か分かりませんでした。

この後の洛中洛外図には六条三筋時代の傾城町がよく描かれ、中でも舟木本の迫力は見るものを圧倒し、上の町で道行く侍の手を取り妓楼に引き込もうとしている遊女、中の町で踊り狂う遊女の集団、下の町でも人目を気にせず往来で遊女を抱きしめる侍が二曲に渡り描かれています。

大阪城天守閣所蔵の洛中洛外図(いわゆる萬野B本に右隻を加えたもの)に描かれた六条三筋の遊里には、傾城屋の軒先で三味線を膝の上に載せ演奏する女、定番の扇子で顔を隠してうろつく侍、輪違紋の暖簾を掲げた妓楼など、文献では計り知れない臨場感で、当時の様子をみせてくれるのです。

洛中洛外図に於ける色里は、祇園祭、母衣武者、河原や北野の歌舞伎とあわせ、京の町を俯瞰するに無くてはならないものでした。
畠山辻子の遊女屋_f0347663_12134054.jpg
                 上杉本、手鏡の女はページの中央で欠けてしまいました。
畠山辻子の遊女屋_f0347663_12173707.jpg
                   町田本の下京に描かれた謎の遊女屋
畠山辻子の遊女屋_f0347663_14573160.jpg
                       畠山町                        

by gionchoubu | 2015-09-13 12:19 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)