人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:池田の花街 ( 1 ) タグの人気記事

大阪 池田の花街と赤線

f0347663_15163189.jpg
駅から北へ商店街を抜けるとすぐ呉春(酒造)があり、そこが新地の入り口です。
f0347663_15181132.jpg
f0347663_15184330.jpg
                 

大阪府池田市の綾羽一、二丁目は以前米屋町、中之町(なかんちょう)と呼ばれ、戦前は芸者の置屋が数軒と検番が二箇所あり、十数軒の料亭が軒を並べ、北摂でただ一つの花街として知られていました。

その起源を辿ると、明治九年、めん茂楼、十年にみやこ楼が開業すると、立派な旅館・料亭が立ち始め、それ以前の角糸楼を合わせ、北摂一帯や大阪などからの遊覧客や地域の有力者たちの会合場所として発展しました。

明治三十一年、本町にあった富士一楼の藤田由松という人が本検という検番を設置し、芸妓二十数名を抱えて各旅館・料理業者の招きに応じ始めました。

その後宝検、旭検、中検などの検番が立ち上がったが結局本検のみが隆盛をきわめていくようになりました。

この規模の花街で四つの検番があるのは異常と言ってよく、たぶん芸妓の所属する置屋、あるいはせいぜい二、三軒の置屋グループを検番と称していたのだと思います。

そして客はお茶屋でなく、旅館、料理屋に入ったのでしょう。

明治四十年に本検は拡張され呉服検合資会社となり、各料理屋を組織して呉理会が出来ました。

池田の花街の情報は今のところ是ぐらいしか分かりません。

昭和十九年に大阪から遊廓が疎開して戦時中この地で新地として営業し、戦後に綾羽町商店会を組織しました。

そして綾羽町の特飲街は「綾羽新地」あるいは「池田新地」と呼ばれました。

昭和二十八年から二十九年にかけ住民側の「風紀取締を求める陳情」業者側の「風紀取締の罰則緩和を求める陳情」の後、市長参加のもと「風紀問題に関する懇談会」が催され、両者は対立しました。

結局、池田市では昭和二十九年二月二十七日に風紀取締条約を制定して、池田新地や以前の風紀取締法の規定により許可を受けていたものは(売春の)取締りを免れることを確認したので、反対派は赤線業者に押し切られる形になりました。

罰則は赤線地域以外の私娼を取締るという池田新地にとって都合のいいものに過ぎませんでした。

昭和三十三年の売春防止法施行時、十五の業者が池田新地待合業組合「池田新地かなめ会」に属し、七十人の女性が働いていました。

そして同年、大阪の布施新地、港新地、守口新地とともに池田新地はその歴史を閉じました。昭和三十九年『アトラスの住宅地図』をみても綾羽一丁目、二丁目にはその痕跡は全くといって良いほど認められませんでした。

参照:『新修池田市史 第三巻、第四巻、第五巻』『池田市史 史料編11』


新地の突き当りにある伊居太神社には昭和三十年六月に十周年記念(新地ができたのが昭和二十年とは終戦時に誕生したことになります)刻まれた一対の狛犬があります。赤線業者からの寄贈を神社が受けとるか?という疑問を抱えながらこの地を離れました。

f0347663_15165935.jpg
f0347663_15172714.jpg


by gionchoubu | 2019-10-25 15:19 | 亡くなった大阪の游所 | Comments(0)