人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:歓亀神社 ( 1 ) タグの人気記事

祇園東ぞめき 十

祇園東ぞめき 十_f0347663_12461464.jpg
                  現在祇園をどりの撮影は禁じられています。

錦織剛男の京都遊廓年表に、明治十八年、十二月、下京十五組(当時東山区は存在していませんでした)祇園北側町の老娼妓、重村政勇ら娼妓互慰会を結成、
花柳病で入院した場合に備えての互助会制を設立したとありますが、これは甲、乙どちらであったか詳らかでありません。

さて、明治時代の乙部がどんな様子だったかを伝える資料は殆どみかけません。
芸妓に対し娼妓が多くを占め、よい廓と見なされなかった事、明治三十三、四年、分離前の共有財産であった八坂女紅場の不動産に関する法廷闘争が甲部とあった事、明治四十三年、宮川町、先斗町とともに祇園乙部の三花街が芸娼妓救済所を設立、内外日報に「芸娼妓の生みし子供にして便りべき所なきもの、芸妓にして疾病休養中衣食に窮するもの貧困者を収容して病者に医薬を与え正業なきものには産業を授け老衰を養い、児童には適当な教育を施す等夫々身分に応ずる救済法を設ける」という記事が載った事ぐらいしか手元の資料では見出せません。

しかし娼妓優位の乙部で、明治三十三年、布令によって貸座敷組合が設立されると、雪亭の主人小山友次郎氏が取締に就任、この廓の改善に努力しました。
大正十五年に取締を辞任した際その長年の労に報いるため、慰労金と記念品の贈呈式が祇園中村楼で行なわれました。そしてねりものが乙部によって復活を果たした昭和十一年の一年前、昭和十年七月十二日、これを見ることなく、八十一才で亡くなりました。

歓亀神社の中に、大正四年十一月に建てられた玉垣がありますが、その中にこの雪亭と小山友次郎氏の名を確認することができます

分離当時、祇園乙部の茶屋(貸座敷)七十戸、芸娼妓併せ百人強、

明治二十八年刊、『京都土産』所載遊郭一覧によれば、貸座敷百四十五軒、芸妓三十五人、娼妓二百三十六人、屋形二十六軒、

大正元年末の貸座敷数は百九十三戸、芸妓八十五人、娼妓二百二十六人とあります。(京都府警統計)

大正十二年には藤間門壽を舞踊教師、師匠である藤間門壽郎を舞踊顧問、ほぼ同時期に清元教師に清元梅松、師匠の清元梅吉を顧問迎えました。

『技芸倶楽部』によれば、昭和三年一月末の祇園乙部は取締が西川繁三郎、美摩女紅場専属師匠として舞踊 藤間門壽郎、長唄 杵屋勝六と鎌田美代、 鳴物 堅田新十郎、美摩女紅場嘱託師匠、浄瑠璃 野澤喜市郎、常磐津 常磐津菊三郎、清元 清元喜三太夫、顧問 竹澤弥七

屋方(置屋)数、百十九戸、芸妓数二百四十五人、娼妓数二百四十九人 
芸妓を五人以上抱える屋方は北常、近江福、田中君、花菱、浅種、岸辰、
君徳、ともゑ、大鐡、高愛、九二八、柳楼、鶴米、川邑、酒井亭で娼妓を沢山抱えていた屋形に河福、木村初、吉之家、山梅、伊勢八重などで、九二八のように芸妓十三人、娼妓十一人も抱える見世もありました。現在まで続くのが岡留、中勇、繁之家です。



by gionchoubu | 2014-08-29 12:47 | 祇園東 | Comments(3)