人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:東山名所踊り ( 1 ) タグの人気記事

東山名所踊り


東山名所踊り_f0347663_14510111.jpg
                    祇園ねりもので官女姿の江良加世

それでは明治七年の東山名所踊の開催がどのような手続きで開催されたか見てみます。

まず明治七年三月二十五日、(京都)博覧会社に、月見町貸席の平井しけ、より舞芸興行御願所が博覧会社にだされ、四月十四日に京都府知事、長谷信篤に御届書がだされています。

「度旨去ル三月廿五日御願奉申上候処御聞届ニ相成り候ニ付就而者来ル五月三日より相始昼午分四時夜十時限日数二十日之間同廿二日迄興行仕度候ニ則左之場所江建札仕候間何卒御許容被為成下候ハヽ難在可奉存候 以上」

その立札の許可を求めた場所が、堺町御門前、寺町御門前、中立売御門前、三条大橋前、四条小橋前、五条大橋詰、八坂石段下で、この頃の賑やかな場所が分かります。

興行場所は安井前、平野御家席となります。

幸いこの年の東山名所踊は好評だったようで、最終日の五月二十二日に六月三日まで興行の延長の願い(東山名所踊日延御願)がだされています。

この時の博覧会総代の二人の内一人が三井源右衛門となっています。三井源右衛門は、当時美貌で名を馳せた祇園の芸妓江良加代を射止めた人物です。

お佳代の最初に旦那になったのが明治の元勲の一人井上馨、三井源右衛門は第二の旦那でした。ちなみに第三の旦那は大阪の豪商藤田伝三郎、第四の旦那が高鍋藩主秋月長門守の長子秋月種繁・・・蒼々たるメンバーです。

結局加代は源右衛門に落籍され古門前縄手東入ルの妾宅から東京の三井の控家で過ごしたあと京都に戻り大正九年に病死、三井家から立派な葬式をだしてもらっています、

さて、明治七年の東山名所踊りに戻れば、五月三十一日、さらに六月三日までの再延長願いを京都府知事に出しています。

その後、明治八年、十年、十一年、十二年、にも東山名所踊興行之義ニ付御願が出されていますのでこれらの年にも開催されていたことが分かります。

明治八年の分を見ると、踊り手は下河原町、鷲尾町、上弁天町、月見町、清井町合わせた山根子芸妓が十七人、三味線が同じく九人。その他鳴り物や三味線など数人は祇園などから応援に入った形です。

この年のプログラムは、部屋見舞、山姥、娘小町、子持山姥、面うり、信の、樽拾い(実はでつち)、七福神茶摘遊、三番叟、達奴、二人万歳、嵐山、花車、兼道、艶容対之染模様(実はお染久松)、妹背山道行、さらし、相模海土、朝戸出、ましら、朝妻、玉取海士、彌生達遊山(実ハおなつ)咲揃ふ、千代の梅香(実はわん久)でした。

ちなみに明治十年、十一年、十二年に力彌がかけられています。下河原町に純日本旅館力彌さんがありますが、あるいは関連あるかもしれません。

惣(総)踊東山名所踊唱歌

名も高尾 我が罪栂尾までの紅葉げに 通天の橋からみれば 人目も知らぬ男なら うらみも恋もあるまいものを なまぜ近江の水鏡 写して見れば水底は かたい堅田の石山に きつふ乗たりわしゃ乗せられて おもいすごしはわれ唐崎の 一つ前帯しどけなきふりよ たとい粟津と三井寺の鐘ではおもいいる 先の矢橋の風に 比良のゝ雪のくれ√うんらが在所の在所の畝道づたいすべらき申さずやわやわござれじまんするじゃないが穂に穂がさいて野づらの見事さ娘もお婆も赤根いらめいめいに重の染模様子妻ちよきりきりりゝしくかゝげ物見ゆ遊さんは船でこい駕でこいおうがってんじゃ榮よう栄がしつくし申し目出たき御代の印かや所賑ふ春の花幾千代かけて目出たけれ  



by gionchoubu | 2016-04-06 14:52 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)