人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:有馬温泉 ( 1 ) タグの人気記事

遊廓、花街の類形 その八

f0347663_15465740.jpg
                     片山津温泉、大戦前でしょうか?
f0347663_15575587.jpg
                      同、大正時代に建てられた検番
f0347663_15573551.jpg
                 検番に温泉マークをを模った意匠がありました。
f0347663_15565292.jpg
             こちらも検番内、芸妓がお座敷にいるかどうか一目でわかります。

温泉型 『色温論』に「湯女はもと諸国の温泉にありがもとなるべし」との下りが有り、信仰的な湯治が時とともに、享楽的なものに移り、この風がやがて、大都市の湯屋、風呂屋に受け継がれていったのでしょう。

『有馬温泉記』に「昔の湯女は白衣紅袴の装束を着け、歯を染め黛を描きて、恰も上臈の如き姿を為し、専ら高位公卿の澡浴せらるる前後、休憩の折に当り、座に侍りて或は碁を囲み、或は琴を弾き、又は和歌を詠じ、今様を謡いなどして、徒然を慰むるを以てわざとせり。」とあるのですが、その昔の湯女こそ、建久二年に(1191)僧仁西が有馬温泉を再興して十二坊舎を置いた後、その坊毎の大湯女、小湯女の姿だったのかもしれません。

√鉄砲かついで来た山中で、しゝも撃たずに帰るのか

山中節にあるこの獅子は二枚鑑札の芸妓のことで、その意味は山中温泉にきて、芸妓を一夜妻に迎えないのは何とも無粋な・・・といった意味合いになり、この獅子の語源が、さらなる昔、この里に隠れ住んだ落ち武者の妻や娘が、生活苦の為、浅黄地の一反風呂敷をカツギのように頭からかむって、獅子のような姿で湯女に身をやつしたのが所似だと言われています。

とすると、有馬の昔の湯女も、地女でなく、こういったルーツを持つ人達であったなら、今様を歌い、和歌に興じ、碁を嗜む姿も理解できます。

さらに北陸温泉郷の芸妓は、

√鉄砲かたねて来た片山津、鴨も撃たずに空もどり

粟津温泉節にも

√鳥は鳥でも粟津の鳥は、男よろこぶ機嫌とり、

芸妓が片山津では鴨、粟津では小鳥、さらに山代温泉では太鼓の堂、芦原温泉でも夜叉と呼ばれ、それぞれ異名を持つのは面白く感ぜられます。

戦後の温泉芸者というと、決していい意味では用いられないのは周知の通りですが、温泉芸者も玉石混合、湯河原温泉の芸妓・おかめさんの生涯を追った『温泉芸者一代記』井田真木子著を参考に、温泉花街の一例を辿って行きます。

大正十三年、おかめさん(船岡なか)は十七歳で湯河原に売られました。芸者は財産も、庇護者もない女性にとって、生きる為、数少ない仕事の一つであった。

当時芸妓の鑑札は実父母の印が必要だったので、一段下の遊芸の鑑札で榮屋(通称赤ペン)の経営者に対して、四年年季八百円の条件で証文に判を押す。店には酌婦さんの名で、客を取る四十代のお姐さんが多かったが、芸妓も客をとらされた。

当時湯河原には見番がなく、若い芸者は、稽古をつけてくれる姐さん芸妓の身の回りの世話をして教えを請うしかなく、おかめは、寸暇を惜しんで先輩の世話をして、その見返りで練習を付けて貰った。

昭和五年に湯河原にも見番が出来、おかめも遊芸から芸妓の鑑札に書き換えた。
見番が出来ると、ちゃんとした師匠に芸をつけてもらえたが、この費用は芸妓持ちだった。

東京の一流芸者は長唄なら長唄、常磐津なら常磐津一本の芸を磨きその道のスペシャリストを目指すが、温泉芸者はお客の要望に沿って何でも覚えなければならない苦労があった。

昭和七年頃から奥湯河原にも大型旅館が建ち始め、おかめも湯河原で独立する。

昭和十年から湯河原は急速に発展、全国の遊里も好景気で活況、昭和十三年にピークに達し、この傾向は昭和十六年の開戦まで続く。

湯河原の芸者数がピークに達したのは昭和四十五年頃、目に見えて下り坂になってきたのが、昭和五十六年頃で、おかめさんにとって、お座敷遊びがカラオケにとって替わられたという印象が強い。

名妓と呼ばれ、三味線の名手であったおかめさんが見てきた大正、昭和の湯河原の推移は、そのまま日本の多くの温泉花街が歩んだ道と重ね合わせる事ができます。


by gionchoubu | 2014-11-14 16:14 | 遊廓、花街の類形 | Comments(5)