人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:日本遊里史 ( 3 ) タグの人気記事

日本遊里史巻末付録「日本全国遊廓一覧」

f0347663_11522364.jpg
                   浜松、鴨江の二葉遊廓跡地


東京  新吉原   228(295)  2362(2557)  
     千住     15(50)    124(316)
     洲崎    183(286)  1937(2329)
     品川     53(43)    478(422)
     新宿     56(53)    570(559)
     板橋     13(12)    157(92)
     八王子    14(14)     86(103)
     府中      5 (5)     32(30)
     調布      5 (3)     32(18)  
     父島      − (1)      − (2)

京都  上七軒    33(40)      2(0)
     北新地   112(151)   470(681)
     祇園甲部  408(449)    86(39)
     祇園乙部  215(227)   262(236)
     宮川町   359(418)   314(341)
     島原     93(146)   237(483)
     先斗町   169(194)    33(15)
     七条新地  208(237)   988(1340)
     中書島    67(104)   234(366)
     北恵比須   13(17)     51(72)
     橋本     27(79)     60(493)
     朝代     41(55)     53(75)
     加津良    25(20)     78(18)
     猪崎     54(78)    127(157)
     龍宮     34(31)    205(103)
     新浜     41(59)     42(76)

大阪  新町    247(212)   622(568)
     堀江    175(156)    81(33)
     松島    275(257)  3725(3657)
     五花街   541(499)  1094(807)
     飛田    121(215)  1065(2646)
     龍神    106(107)    18(5)
     榮橋     64(60)    647(581)
     乳守     36(39)      6(3)
     塚     40(43)     96(269)
     枚方     35(35)     48(108)

神奈川 真金町    42(70)    754(526)
     永楽町    36(記述なし)  747(記述なし)
     青木町    20(17)    202(105)
     川崎町    14(19)    212(189)
     保土ヶ谷町   3(7)      24(49)  
     横須賀    18(28)    343(187)
     浦賀町     4(2)      32(11)
     三崎町     5(5)      58(48)
     戸塚町     5(4)      31(19)
     藤沢町    11(10)     61(53)
     平塚町    10(12)     51(128)
     大磯町     5(3)      30(6)
     小田原町    7(7)      74(53)
     吉野町     3(3)      19(16)

兵庫  福原町    96(93)   1057(1329)
     新川     22(22)    249(294)
     浦町(西宮) 38(38)    339(334)
     新地(明石) 14(14)    130(127)
     梅ケ枝    10(10)     99(90)
     飾磨     10(10)     62(63)
     高砂      5(5)      36(55)
     漁師町(洲本)18(20)     46(81)
     池上(篠山)  9(12)     29(68)
     室津       2(3)      17(32)

長崎  丸山町      4(18)     62(203)
    *寄合町     22        370
     出雲町     14(10)    213(68)
     戸町      22(12)    291(136)
     稲佐      17(14)    180(131)
     福田       8(8)      26(27)
     勝富(佐世保) 22(16)     64(114)
     花園(佐世保) 60(46)    5?0(363) 
     田子の浦     4(4)      39(37)
     瀬戸村(板の浦)19(2)      29(4)
    *瀬戸村(樫の浦)  (14)       (45)
     釜の裏      8(10)     18(39)  
     蠣の浦      8(18)     43(104)
     面高村      6(2)      27(7)
     椛島村      3(3)       9(2)
     湊町(島原)  13(10)     53(23)
     都ノ口村     5(2)      15(2)
     宇田助      7(7)      20(10)
     大島村(平戸?) 7(3)       8(5)
     水主町      1(3)      11(14)
     立亀       8(4)      75(32)
     ?知村      5(4)      18(8)
     船越       2(1)       5(2)
     田の平(大村)  8(7)     101(63)

*公娼と私娼では寄合町と丸山町を分けず一遊廓としています
*日本遊里史では板の浦と樫の浦を分けず一遊廓としています

新潟  下町      91(75)     436(465)
     新発田町    19(19)      94(122)
     中条町     11(13)      29(55)
     坂の下      5(5)       15(21)
     八幡町(五泉町)14(14)      32(26)
     曙町      14(4)        28(12)
     橋向      12(12)       25(26)
     五の町     50(44)       83(57)
     文冶町     54(33)      191(132)
     畑中       5(7)        31(16)
     間       11(8)         9(10)
     山の上(寺泊)  7(5)        16(9)
     海岸通(柏崎) 20(20)       69(52)
     塩屋新田    16(7)        54(33)
     五分一(高田) 23(19)      122(141)
     浜町      14(6)        35(14)
     二見村      7(3)        22(7)
     水金町      8(8)        24(14)
     両津   28(7)+(6)   138(25)+(41)

*公娼と私娼では両津を二つに分けています
  

埼玉  本庄町      9(7)        51(39)
     深谷町     12(3)        58(9)

千葉  登戸(千葉市)  9(11)       94(75)
     船橋町      6(19)       50(93)
     平潟(松戸)   8(12)       27(93)
     佐倉弥勒町    5(1)        28(4)
     松岸       1(1)        30(37)
     木更津町     3(4)        30(24)

昭和四年九月十五日に発行された上村行彰著『日本遊里史』の巻末付録「日本全国遊廓一覧」は明田鉄男著『日本花街史』を含め、色んなところで、収録、引用され、私も以前当ブログで一つの考察をさせていただいています。

表は、府県名、遊廓所在地、俗称、娼妓数、健康診断所、病院名、公市別、病床数、健康診断及び治療に関する諸費(県単位)で構成されています。医療関係に重心があるのは、著者が序で触れて居る様に「私は十数年間職を大阪府に奉じ、殊に公娼の衛生に関する方面に直接の関係があった」からに他なりません。

この備考欄に「貸座敷数や娼妓数は年々移動があるから何年のを掲げても直ちに変動する、これで茲には私が数年前調査したものを掲げて単に其の見当を知るに便ならしむるのである、」「健康診断及び治療に関する諸費は昭和二年度のものである。」
     
そもそも著者はどうやって各遊廓の貸座敷、娼妓数の数を把握できたのでしょう。上の数字は表に最初に書かれた東京から千葉までを写したもので(遊廓所在地か俗称は私が分かり易い様に選んでいます)( )内の数字は昭和五年の内務省警保局編『公娼と私娼』によるもので、数字としては絶対的な信頼がもてます。娼妓の鑑札(免許)を出すのは警察で、昭和二十二年まで警察、地方行政、選挙その他内務行政を管轄した中央官庁こそが当時の内務省でした。

日本遊里史の数字と内務省の数字は数年の誤差があるとしても、全く違う数字が存在する遊廓があります
     
千住  15(50)    124(316)
島原  93(146)   237(483)   
飛田 121(215)  1065(2646)
塚  40(43)     96(269)等は差が多すぎますし、

橋本  27(79)     60(493)は説明がつきません。
 
昭和十二年にこの橋本地域貸座敷組合事務所が発行した橋本遊廓沿革誌によれば、昭和四年時の橋本の貸座敷が74、娼妓373(+芸妓33)を目にすると『日本遊里史』の旗色は良くありません。

推測ばかりで申し訳ありませんが、これは上村行彰が遊廓の指定病院から得た数字を審査せず鵜呑みで揚げた数字のような気がします。全国遊廓の俗称は書き込みが有る県と宮城、福島、山形のように全く書いてない県があり、又健康診断及び治療に関する諸費が県単位計算されているところを見ると、提出された調査は県単位で得たものと思われ、提出した県の担当者の性格や責任感により不備がでたものと思われます。それにしてもお膝元の大阪での数字の差はどう考えたら良いのか分かりません。

いずれにせよ、『日本遊里史』に得た数字の年代が書かれて無い以上、『公娼と私娼』の数字を基準とするのは当然の事と思われ、少なくとも私は今後その方針でいきます。








by gionchoubu | 2015-12-15 11:54 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

遊廓、花街の類形 その一

f0347663_10585952.jpg
遊廓や花街は、このカテゴリーに入らないものもありますが、大体は

A 人が集まる所
B 人を集めようとした所
C 人目につくところから隔離した所
に分類されます。

C は公許の大遊廓に多く、江戸の吉原、大阪の新町、京都の島原はこの範疇にはいります。京都の島原は柳町二条→六条三筋→島原に移りました。吉原も明暦三年、古吉原より新吉原に移りました。大阪の新町も葦の生い茂った地に開業しています。
金沢の東郭など、城下町の遊廓はこのタイプが多かったようです。

その他明治に旧街道に有った数多くの遊里が郊外に移されたわけですが、たとえば神奈川遊廓も明治十七年に宮洲町に集められ、次いで二十二年に宮州町・七軒町の新埋立地に限定、ちょうど隣接の高島町遊廓が新金町、永楽町に移転した後であったから、これとあわせ大発展しましたが、これが仇になり、明治三十三年県令によりさらに北の反町遊廓に移されたという経緯があります。

同じく、神奈川の保ヶ谷も明治三十三年、岩間上町の新地に移転していますし、東海道と中山道が合流していた草津宿の遊廓も明治三十一年に、町の東端の田圃をつぶして東新地を作り、旧街道の残っていた業者が移りました。

大阪の飛田遊廓も灘波新地や新町の業者が大正七年に移転したものですし、北陸に目を向ければ、金沢の東茶屋街も、文政三年に、前田家十二藩主、前田斉広(なりなが)が、金沢の中心部に点在していた御茶屋を町の端に集めて公認の遊里として誕生させたもので、当初は茶屋街一帯が板塀で囲われ、入り口には木戸が設けられていました。

岡山市東中島と西中島も、旭川の中洲に、市内に点在していた所謂風俗営業をここに押し込めたという経緯があります。

次にB の人を集めようとした所ですが、これで未曾有の大成功を収めた例が灘波、道頓堀周辺です。道頓堀掘削後、国家プロジェクトとして、官はここに煮売り株、湯屋株、風呂や株、髪結床に旅籠の権利、水茶屋株に茶屋株、仕上げに芝居株、相撲、市場、あらゆる特権をここに与え、民もよくこれに答え、日本一の繁華街を育みました。

その中心にあったのが後の南地五花街、これまた日本最大の遊廓で、島之内宗右衛門長から、いまのマルイあたりまでの広大な土地に、最盛期には芸者のみで二千五百人という巨大花街を出現させました。

大阪にはこの手法で繁栄を見たところが他にも存在し、今の堂島の繁栄も、もとは安治川の河道修理の結果できた堂島に新地を得て、町割りをして茶屋百二十株を許可したことが繁栄の端を発したものですし、北新地(曽根崎新地)も又、宝永年間に茶屋株や芝居の許可を得た作品といえます。堀江もしかり、まさに大阪の繁栄の原動力は新地開発にあったのです。

参照:日本遊里史、上村行彰・艶本紀行東海道五十三次、林美一


by gionchoubu | 2014-10-26 11:00 | 遊廓、花街の類形 | Comments(0)

五番町ぞめき 四

f0347663_15290860.jpg
                        千本日活

f0347663_15301238.jpg
                    白竹町、階段の手前までが北新地

昭和四年刊、上村行彰著『日本遊里史』の日本全国遊廓一覧によれば北新地の貸座敷数が112軒で娼妓数は470人となっています。

これが昭和九年になると、業者数(貸座敷、お茶屋、芸者置屋)136軒、娼妓数629、芸妓18となりますので、芸妓数が大幅減っているのが分かります。

同年、七月十六日北新地歌舞練場で国防婦人会北新地分会発会式が挙行され、廓内の女将、芸妓、仲居二百余名が白襷、白エプロンにて整列、来賓京都連隊
区司令部中林中佐より、里見ふく子に分会長、小泉きみ、澤田のぶに福分会長、里見東部組合取締及び小泉西部組合取締に顧問の辞令が交付され、午後には中林中佐の「国防婦人会の覚悟」の講演、二十八日には北新地より十一人の国防婦人会員が上七軒の婦人会と一緒に下京婦人会と防護団に対する配給に従事しました。

矢張り昭和九年、東部組合では、舞踊に若柳吉兵衛、長唄に杵屋弥助、清元には清元喜三太夫を担任教師としていましたが、技芸奨励の機会を持ち、西陣キネマ(千中上ル)を会場に北新地技芸奨励会を催しました。当日の呼び物は三福雛三、里見清子の「助六」で、その他にも当時舞踊の天才嬢と持て囃された里見清子の「保名」も良い出来だったと伝えられています。午後六時に開演し、最後は京都ジャズバンド団の伴奏で、芸妓少女四十余名による洋楽編曲による「西陣ぞめき」でフィナーレを迎えたのは午後十一時となりました。
芸妓が激減する中、どうやり繰りしていたのかは、今となって知る手段はなさそうです。

昭和十一年九月八日、虐待された娼妓の放火で五番町の十三軒焼けがあり、之を機に廃娼運動がいよいよ盛んになりました。(日本花街史)

昭和十二年、栄養食による体位向上のため共同炊事場を作り、格安で日に三度各戸毎に配り、廓内生活改善に努めました。貸座敷は百二十戸

戦後西陣新地と改名、昭和三十三年に解散しますが、その直前に発売された『全国女性街ガイド』に「通り名が五番町。宮川町祇園乙部にはネオンがないが、ここはネオンも多く活気がある。九三軒の店に、二七二名の女中さんがいる。」と紹介されています。

私自身、昭和五十年代に、千本中立売西入ルの愛染寺で四年間下宿生活をおくりましたので、この附近の様子は親しんでいたはずなのですが、なにか印象に残る建物があったかというと、千本日活は別として、有名な石梅楼も素通りしていたようです。

私が住んでいた頃、すぐ近くの西陣京極の一画は、千中ミュージック(ストリップ劇場)西陣キネマ(洋画の成人映画)、西陣大映(邦画の成人映画)や太陽軒(中華料理)マリア(喫茶店)などが歓楽街の雰囲気を醸し出していたのですが、現在は当時時々利用した銭湯だけが私の記憶に残ります。


by gionchoubu | 2014-09-08 15:31 | 五番町 | Comments(2)