人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:日本遊廓最古 ( 1 ) タグの人気記事

奈良木辻遊郭ぞめき 三

奈良木辻遊郭ぞめき 三_f0347663_11135988.jpg
                    木、鹿、辻のネオンサイン

『大和タイムス』昭和33年2月22日「七百年の歴史をもつ木辻 全盛の大正時代には四百人も」を読むと、日本の遊廓制度は秀吉が北条氏を討って国内統一する前年の天正十七年(1589)二条柳町の廓としているものの、木辻街ができたのを建長年間(1249~55)としています。(木辻遊廓誕生は寛永六年は新聞上も認めています)

この当りが奈良木辻日本遊廓最古説の出どころかもしれません。

さらに元和九年(1623)年には大和郡山城主松平下総守の家臣がよく出入りしたそうです。

又、当時は売春婦のことを巫娼(フショウ)と言った所から神社に仕えた巫女の衰えたものが集まって始めたのではないか、という推察も紹介しています。

木辻は木辻鳴川と呼ばれ、遊客には平城京の東西両市に通う商人たちが多く利用しました。

当時は表構えが一寸七分の丸柱と二寸五分の桧柱を組んだ格子が遊女の出入りを拒みました。

『大和タイムス』昭和33年3月10「紅い灯もあと六日」の記事に木辻の様子が映し出されていました。木辻の部分を見て見ると

「シカの模様とともに親しまれた入り口のネオンをはじめ、軒先の赤、黄、緑三色の灯が消え、あかりといえば道路中央につるした薄暗い街路灯と門灯だけ。

表通りをとおるだけでは接客婦のはでやかな着物姿もみかけないというさびしさ。八十八人の接客婦のうち就職が決まったのはわずか四、五人程度だという。

婦人相談所を訪れる女性も目立って増えてきているが、ケ・セラ・セラが彼女らの大半をしめているようだ。

しかし接客婦の場合は年が若く、職業が決まらなければ一時収容所にでも入ることができるが、一番あわれなのは六十人近くいる引子だ。

殆どが五十歳以上、子供が病身のものや夫が戦死した未亡人、酒グセの悪い主人をもって家へも帰れないものなど悪環境のものが多いだけに“廃業”は生活に直結した切実な問題になっている。

業者の転業や接客婦の更生とは別に、引子たちは福祉事務所が中心になって生活保護を検討することにしているが、いまのままでは“十六日からの生活に困る”と訴えている。

しかし郡山の岡町、洞泉寺のさびしさに比べると、木辻にはまだ“赤線”の雰囲気が多少ながら味わえる。“ここで赤い灯を知っとかないと永久に知ることができない”と興味本位にやってくる客や、なかでも他府県からの観光宿泊客が多くなっていて、それだけ活気を保っているようだ。〜略」



by gionchoubu | 2019-07-03 11:15 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)