人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:旅館、ホテル、料理屋 ( 1 ) タグの人気記事

舞妓さんに会いたい。

f0347663_14242786.jpg
                  岡留、駒子
   
一現さんでも、芸妓さんや舞妓さんを呼ぶ場合、お茶屋さんでは“一現さんお断り”ですが、旅館、ホテル、料理屋を通して呼ぶことができます。ただしこの場合、その旅館、ホテル、料理屋さんが普段から花街とお付き合いがあり、パイプをもっていることが必要です。また、お客さんも施設側より信頼を得ることがたいせつで、その判断は施設側にあります。もしキャンセルや何かかあるとその施設側に責任が及ぶので、施設側も大変慎重です。

老舗の旅館では、祇園甲部ならここ、宮川町ならどこ、という具合に置屋さんとお付き合いがあります。ただし一花街、一置屋が原則で、こっちの置屋がダメなら、あっちの置屋に手配という具合に行きません。ただお付き合いのある置屋さんなら、そのお付き合いのある置屋さんから、別の置屋さんに手配をしてくれます。

また親切な置屋さんですと、その花街から別の花街に声をかけてくれることもあります。ただし一万円程高くなると思ってください。

時間は18:30か20:30過ぎスタートで、その施設から往復の時間も花代に加算されますので、なるべく花街に近い旅館、ホテル、料理屋を選ぶことがコツです。例えば18:30から始めた場合、その席が終わって次の席に20:40には次の席に行って貰わなければならないので、祇園の旅館で祇園から舞妓を呼ぶと1時間40分いてくれますが、嵐山ですと、正味40分ぐらいになってしまいます。

日曜日は花街によって第二、第四日曜日か、第一、第三日曜日が舞妓さんの公休日ですので、手配しにくいと思います。この公休日制が始まったのは」昭和33年だったと思います。京都の条例か何かで決められました。ただし公休日で来てくれることもありますけど、なるべく休んで頂きたいというのが私の本音です。

最初なら、20人以内のグループなら舞妓さん一人でも大変たのしい席になります。音楽はCDで流しまして、2曲ほど舞ってくれてあとは楽しくお話したり、写真を撮ったり・・・とかです。ただしお茶屋遊びをするなら、三味線さんである地方さんも呼ばなければいけません。勿論お客2人でも呼ぶことはできますが、一席いくらなので、一人の負担は増えます。

本来舞妓さんは余りおしゃべりしないのが美徳で、昔はお客さんも心得ており、にぎやかな宴席は芸妓さんが主役でした。現代舞妓はよくお喋りしてくれますが、本来お座敷の花は芸妓さん。2回目からは芸妓さんにウエイトを置くのをお勧めします。

夜より昼のほうが呼びやすいので一応参考まで。

それでは、楽しい一時を・・・



by gionchoubu | 2016-04-17 14:29 | 舞妓・芸妓 | Comments(0)