人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:廓、西口克己 ( 2 ) タグの人気記事

中書島遊郭の歴史 その八

中書島遊郭の歴史 その八_f0347663_11141172.jpg
昭和31年6月4日の京都新聞

『廓の作者 西口氏の場合』

『春の宿が下宿屋に転業』

『父祖の商売を捨て』

『接客婦も管理人に更生』

売春防止法が成立、貸席業者の行方が注目されている際、ベストセラー“廓”の作者、西口克己氏(43)がこのほど中書島で経営していた貨席を下宿屋に転業したが、これは法案の成立後転廃業を迫られている業者に一つの行き方として注目されている。

西口氏の生家は著書“廓”に書かれているように明治三十九年から貨席“末広”を営んでいたが、西口氏“郭の子”としての劣等感に悩まされ、結婚、就職など日常のあらゆる出来事に苦い経験を味わい、また西口氏の思想的立場と相容れないところから早くから転業したいと思っていたが、資金に困り、家を売るにも引越料すら出ない安値をつけられるので行悩んでいたところ、著書“廓”がベストセラーになり、印税収入が入ったのを期に四月一日付で廃業、昨月二十五日から開業したもの。

改築には三十万円をかけ、屋根、カベなどを修理、部屋は八畳(元散財部屋)一間、四畳半十三間、三畳三間をそのまま使い、月千五百~二千五百円ですでに独身の会社員二人が入っており、学生数人の申込みもある。

また最盛時八人いた接客婦たちも廃業時には三人になっていたが、二人は生業資金をもらって故郷に帰り、残ったK子さん(25)は管理人として新しい人生へ再出発。生きがいを見出している。

西口氏は「下宿をやってもうけようとは思わない。実情に応じて部屋代は安くすることも考えており八畳は入居者が集まって読書会などをやるために残している。

この部屋で入居者たちと話し合ったり、時には巡回映画をやりたい。」と将来のプランをたてているがこの西口氏の転業に中書島遊郭内六十軒の業者たちは

「転業は考えていても資金繰りでいき悩んでいる。赤字でも店を閉めれば倒れるので政府の援助がきまるまでは石にかじりついてもやって行かねばならぬ」と冷たい眼で見ているものの「二年後に転業する時の一つのケース」として注目している。




by gionchoubu | 2019-06-16 11:17 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

中書島遊廓の歴史 その七

中書島遊廓の歴史 その七_f0347663_13040825.jpg

中書島の遊女屋の長男として生まれた西口克己は、三高から東大文学部を卒業後共産党員になり、自身が遊女屋の稼ぎで高等教育を受けてきたというジレンマを抱えつつ、売春防止法が公布された昭和三十一年に小説「廓」を発表しました。その私小説で、女達をしぼりあげ、鬼と憎まれながらも廓一の顔役にのし上がった父の所業を暴露、これがベストセラーになり、中書島としては、決して有難くない脚光を浴びることになりました。

西口は小説の中で、「世間の奴らが生命より大切にしているあの垢だらけの金を、いっそ地獄のドン底で大の字になってもうけるこっちゃ」と父に語らせています。

西口はこの廓を、宇治の火薬庫跡にできた京大の宇治分校、近くにある学芸大学、いずれ設置される龍谷大学の学生相手の下宿街として再出発しようと考え、自らの特飲店“末広”を下宿屋に商売替、翌月に売春防止法完全施行を控えた昭和三十三年三月、中書島に五十八軒あった業者の内、彼に賛同した二十四軒が下宿屋転業にふみ切り、内十八軒は学生専門の下宿屋となったのです。

府学連もこれを後押し、「明るい住みよい学生街」中書島を学生に呼びかけ、女子学生八名を含む百三十六名が遊廓跡に間借りを決めたのです。

町の浄化運動として、婦人団体の支援もあり、組合事業として学生食堂や、喫茶店に乗り出す経営者も現れ、この旧赤線は学生街として花々しいスタート切りました。

しかしこれに反対する業者や関連者も多く、ここに拠点を移した府学連の幹部、婦人会、共産党と激しく対立、町はあっちにもこっちにも町の浄化を訴えたポスターが貼られ、学生と業者、ときには婦人団体も交え、毎日のように論戦が繰り広げられたのです。

これには、他所の赤線業者もその消息に目を見張り、中書島遊廓は再び日本中の注目を浴びたのです。

しかしながら、ことの顛末は実にあっけない幕切れを見ました。

この年の七月、八月、学生達が夏期休暇で中書島を離れた隙に、開店休業だった業者が娼妓ならぬ芸妓中心のお茶屋として続々店を開き、旅館、料理屋から転業するものも現れ、町は再び紅燈を取り戻したのです。

旅館、お茶屋三十軒対学生下宿十九軒、さらにその学生寮のうち二軒が、一階を改造してバーをはじめ、学生の大切な試験中でも夜遅くまでじゃんじゃんレコードをかけたものですから、学生はこれはたまらぬと下宿から逃げ出し、学連の委員長も寮からの撤退を余儀なくされたのです。

かくして日本最初の廓転向としての学生街へのモデルケースは失敗に終わりました。

*昭和三十五年の『京都名鑑』に、お茶屋組合長藤原旦次郎、三十四年から芸妓と新研が一本になり、1月の宝恵籠、7月花火と協賛の弁天祭に気勢をあげた。芸妓三十六と、また、昭和三十八年版に、お茶屋二十六、芸妓三十三とあります。(2016、3月7日付記)

さて、各地の遊廓の転業をみていくと、やはりスナック街、風俗街として変貌を遂げることも多いいのですが、その小さい部屋が並ぶ特性をそのままに、旅館、料亭、下宿屋に転業した例も多くあります。稀に小さな個室が並ぶ病院、老人ホームとして再出発したところもあります。

あなたの町でも、もし住宅街の中に突如「何故こんなところにスナックが・・・」と不思議に思ったり、不自然に広い道があったり、二階に重厚な格子のある八百屋さんをみつけたり、玄関に、何かの意匠のような彫り物を持った喫茶店を認めたなら、ひょっとしたら遊廓の名残かもしれません。

参照:『遊女と街娼―京都を中心とした売春史』錦織剛男


by gionchoubu | 2015-09-08 13:12 | 京都の花街・遊廓 | Comments(2)