人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:富森菊一 ( 1 ) タグの人気記事

祇園東ぞめき 富多愛

f0347663_10493417.jpg

昨年の「祇園をどり」で見事な琴の腕前を披露した、祇園東、富菊の富多愛(とみたえ)さんの先笄(さっこう)姿です。

年少舞妓時代の基本は「割しのぶ」、年長舞妓が主に結う「お福」そして、舞妓最後の髪型がこの先笄です。明治時代初期に町家の娘が奥さんになるとこの髪型にし、お歯黒にしました。

一昨日、観亀神社宵宮際のときは富多愛さんも歯を黒く染めておりました。

舞妓さんは勿論、芸妓さんも結婚するとこの世界を去らなければならず、置屋さんのお母さんが「せめてほんの少しでもお嫁さん気分を」ということでこの先笄姿が舞妓時代の最後を飾る、という由来を以前読んだことがあります。

京都美容文化クラブ『日本の髪型』には“挿し物は、櫛、笄(こうがい)、前挿しは亀甲を使用するのが決まりで、このような根挿しを「よしちょう」と呼んでいます。また地毛のかぶたを使い先笄特有の輪を作ります。”の説明がありました。

京都古布保存会発行『舞妓の美―花街を彩る匠の技―』では“元は江戸時代に関西周辺の商家の奥さんが結っていた髪型です。いわゆる「笄髷」の一種で、髪の毛を笄の周りに巻きつけ、「橋」と呼ばれる細い板状に髪の毛をまとめたものを前から後ろにかけます。橋は「いちどめ」と呼ばれるピンのような形をしたもので、髷の上にとめつけます。そこに鼈甲製の櫛や笄、かんざしを飾り、緋縮緬を髷の中を通してつけるという技巧的な髪型です。”

昭和三十五年、今のところ最後の「祇園ねりもの」で富菊のれい子が公達役で、お花史役で富栄が出ています。この年のねりものの主催者は「祇園ねりもの会」となり、富菊の由来でしょう、富森菊一組合取締が会長になっています。富森菊一氏は市会議員としても活躍されました。

現在、お茶屋兼置屋の「富菊」で富多愛さんの妹分である富津愈(とみつゆ)さんは中学校の時四年間ニュージーランドのパラパラウムに留学して英語を身に付けた新時代の舞妓さんです。

富菊さんの玄関で、外国人の方とお母さんが会話しているのを何度かお見かけしています。外国の方にこの花街という素晴らしい文化を知ってもらう糸口が綻びかけている様です。
f0347663_10503872.jpg
f0347663_10512812.jpg
f0347663_10514569.jpg
f0347663_10521020.jpg
f0347663_10522459.jpg

by gionchoubu | 2016-05-15 10:52 | 祇園東 | Comments(0)