人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:守山宿の飯盛女 ( 1 ) タグの人気記事

守山宿の飯盛女

f0347663_16152249.jpg
                       守山宿

江戸期において、京と江戸を結ぶ東海道五十三次にはすべて飯盛女という娼婦がおりました。滋賀においてもその宿場として、大津、草津、石部、水口、そして土山にも当然宿場女郎はおりました。

同じく京と江戸を結んだ中山道はどうだったのでしょう?東海道は矢張りメジャーで宿場の規模も大きく、道中に主要都市もあり、おびただしい道中ものの艶本が存在します。

脇役の感が否めない中山道にも宿場女郎がおりました。ただし『飯盛女 宿場の娼婦たち』五十嵐富夫著で見ていくと、飯盛女の話は東京側に多く、東より倉賀野宿、板鼻宿、安中宿、坂本宿、追分宿、小田井宿、長窪宿、和田宿等での記録を見る事が出来ます。

上記以外、和田宿の次の下諏訪宿は温泉場でもあり、旅籠から出女が往来の男客に呼びかけ袖をつかみ客引きをしました。ここでは女郎を置かない平旅籠はほんの数軒だったとの事です。

さらに深谷宿も、たいへん盛んだったようで、渓斎英泉の浮世絵には意気揚々と宿場内を褄を取りながら闊歩する飯盛の姿を見る事ができます。

ただし、『諸国遊所競』によると東海道では遊所として品川、浜松、小田原、吉田、府中、四日市、桑名、白須賀、岡崎、大磯、平塚、三島、川崎、掛川、草津、沼津、戸塚、蒲原と多くの宿場が載ります。

一方中山道の方は、東海道の五十三に対し六十九あるのに対し、東京の板橋と熊谷、本庄とずい分見劣りします。

尚、滋賀県の草津も載りますが、これは東海道と中山道をかねていますので、東海道が十九箇所数えるのに、数の多い中山道は、草津をいれて僅か四箇所と、江戸時代の後期の認知度はずい分低かったと言わざるを得ません。

さて、滋賀県の中山道の草津の次の守山宿の事情はどうだったのでしょうか。

『守山市誌』によると守山宿は宿高が近江八宿の内、高宮、柏原について三番目、本陣(大名が宿泊)が普通一つのところ二つ、脇本陣(家老などが宿泊)一、旅籠が三十軒ありました。

宝永四(1707)年の史料に「守山宿の旅籠屋に飯盛女を置くことは先年許されたことであるが、腰掛茶屋や料理茶屋などに五人、三人と召抱えて遊客の好みのままに酒席にはべらせ三味線や太鼓まで持ち出すなど、風俗、所行など全く売女同様で似ての外不埒である。厳しく申し渡して差し止めよ。」のお達しがだされておりますので、間違いなくいた事になります。

これは他の宿場でも同じようなものだったらしく、幕府は享保三(1717)年に旅籠屋一軒に付き飯盛女二人までの布令をだしました。




by gionchoubu | 2018-07-20 16:18 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)