人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:妻の秘密 ( 1 ) タグの人気記事

京都パンパン赤線時代 五十三

f0347663_14122755.jpg
  レストラン菊水

(問)
 私は二十年前の妻の秘密を知りたいのですが、どうすればこの秘密を知ることが出来るでしょうか。二十年後今日に至るも再三再四ききだしても未だに何も申しません。そのわけは去る昭和七年五月ごろ、下京区の某飲食店で夫婦共かせぎをしておりました。

その時夫婦の中に二歳の男の子があり、妻は十九歳でした。この店に働いているうちにYという名の男と恋におち五月二十七日夜Yの友人の家へ泊りに行きました。私が八方探しています時夜中の三時半ごろ河原町で妻が男と共に自動車に乗っているのを発見しました。

その夜の出来ごとは一生忘れることは出来ません。その後何回となくたずねましたがYと一夜話をしただけでその後のことは何も話しません。強いてきけばきくたびにまちまちの事を話します。

Yと関係があると信じるより他ありません。この妻の秘密を知るのにはどうしたらよろしいか。(東山生)

奥さんを信じなさい

(答) 何と執念深いだんなさんでしょうね。二十年前の妻のことを今だに疑っていられては、奥さんも救いがありませんとお察しいたします。もうお子さんも二十二歳になられ二十年間何事もなく暮らしていられたらよい夫婦ではありませんか。

万一あやまちがあったちしてももう既に時効にかかっているのではないでしょうか。きくたびに話がまちまちだといわれても、二十年前の話ではあなたが疑われるようなことがなければそんなにいつでも覚えていられるものではありません。

奥さんを信じ、平和な夫婦生活を営まれることを望みます。(井上愛子)

京都新聞夕刊 昭和27年7月6日

『街のかげの取引き聞く 静まる“都市京都”の象徴』

ヤグラ組の屋根も雅やかな劇の殿堂南座を左に、市電は鴨川をまたいで、京都随一の繁華街につらなるここ四条大橋付近は「都市京都」の象徴である。

柳の緑がならんで京阪電車と平面交サの、橋の上を舞子がゆれる。ニュールックが往く、紳士が通る。

雨が降ればしっぽりぬれる、それらの風景である。そして現在はこの橋付近一帯に夜の花が乱れる。この花は橋畔から南座横の薄ヤミに立って流れ来る人々にそっと声をかける。

くたびれた着物、怪しくまたたく目、革カバン片手の男が三人、女の前にゆっくり歩みを止めた。低く口早な言葉、街のかげの取引が交わされる。その横を真白のハンドバックとギャバジンのアベックが明るい光を浴びて東へ歩み去った。

市電が重々しく人をつめ込んでガタンと四条大橋停留所に止まる。京阪電車の駅待合にあわただしく人が流れ込みはじめ、南座屋上のネオンが一せいに消え去り、看板だけが浮いて残る。

「菊水」の入口に黒いトビラが半分下りる。向うのパチンコ屋に続く店のショウウインドウの光が強くなっていまは人なき街の静寂がシンと深まる。

京阪駅の時間がカチリと十時四十分を指した。


by gionchoubu | 2017-12-19 14:16 | パンパン、赤線 | Comments(0)