人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:妙法寺 ( 1 ) タグの人気記事

長浜 南片町遊郭 辰巳藤

長浜 南片町遊郭 辰巳藤_f0347663_11280956.jpg

長浜町遊廓の起源は、慶応の初年妙法寺先住の世話で、鉄砲町の内、神明神社の前、南北の筋に五、六軒あったのが始りとされ、明治の初年、県下第一号の公認得て「辰巳藤」が南片町で貸座敷営業をはじめました。

明治四年に妙法寺門前町南片に遊女屋渡世が十六軒あり、彦根県知事が大通寺に来たとき芸者が接待したという記録があるそうです。

ところが明治五年十一月九日県庁より遊廓廃止の命が下った二日後の十一日に長浜大火で妙法寺も遊廓も全て焼失しました。

明治六年二月県下の他の遊郭とあわせ納める税金で以下の様に等級分けされました。

上等=大津四ノ宮町、真町 賦金一カ月金二円
中等=八幡池田町、彦根袋町、長浜南片町 同二円五銭
下等=大津甚七町、神崎郡八日市村 同一円

つまり明治元年に許可を得た南片町の遊廓が明治五年に廃止されているものの明治六年には存在していることになり兎に角要領を得ません。

滋賀県統計書によると明治十六年末に十四軒の貸座敷と娼妓五十一人、明治二十六年末には貸座敷十五軒、娼妓七十一人と有ります。

『近江長濱町志 第三巻』の第十一章、遊廓によると、昭和の始めの数字と思われますが芸妓四十六人、娼妓五十一人で

芸妓を抱えていたのが、宮川楼、中藤楼、辰巳藤、川島屋、富田屋、娼妓を抱えていたのが大種楼、都楼、浅野楼、北川屋、大坂屋、島屋、富久美屋、福助楼、芸妓・娼妓とも抱えていたのが高崎楼。敷島楼は休業とのことでした。

休業中の敷島楼以外の貸座敷は芸妓か娼妓かもしくは両方を抱えていた事になります。

『全国遊廓案内』でも長浜の娼妓はやはり居稼ぎになっております。つまり女郎屋に娼妓は住んでおり、客はこの女郎屋に入ることになります。

この反対が送り込み制で娼妓は置屋に住み、客のいる揚屋に送り込まれていくのです。

芸妓も同じで、長浜では置屋とお茶屋が兼業になっていたという事になります。

その他、店は陰店、通し花制で廻しはとらない、一時間遊びが一円五十銭で一泊すると四、五円、この料金に台の物(客席に出す酒、肴、茶菓等の事)は含まれておりませんでした。

参照:長浜百年、近江長濱町志 第三巻、長浜市史四 、



by gionchoubu | 2018-06-30 11:33 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)