花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
遊廓、花街の類形
京都の花街・遊廓
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> tourisugar..
by gionchoubu at 18:06
西川流が島原に入っていた..
by tourisugari at 13:10
> 島原が学区だったひと..
by gionchoubu at 14:29
歌舞練場で餅つきとかお遊..
by 島原が学区だったひと at 20:39
> 今紫さん 五番..
by gionchoubu at 14:11
ぞめき様、ごきげんよう。..
by 今紫 at 00:27
> masakuro12..
by gionchoubu at 10:43
掲載していただき、ありが..
by masakuro1231 at 01:51
> 中村信幸さん ..
by gionchoubu at 12:32
亀岡祭では、翁山鉾保存会..
by 中村信幸 at 19:58

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

宮川町ぞめき その十
at 2018-09-20 13:02
宮川町ぞめき その九
at 2018-09-17 11:25
宮川町ぞめき その八
at 2018-09-14 13:13
宮川町ぞめき その七
at 2018-09-11 14:50
宮川町ぞめき その六
at 2018-09-09 11:06

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:如月太夫 ( 5 ) タグの人気記事

まいまい京都 輪違屋コース その二

f0347663_14334992.jpg
                     如月太夫、太夫道中

昭和28年4月19日の京都新聞夕刊に『艶麗、島原太夫道中』という記事がのり、冒頭のみを紹介させて頂くと、

「京名物の一つ島原太夫の道中が今年も、四月二十一日同郭で行われ一般の鑑賞に供することとなったが、この行列は島原がこの地に移されてからおよそ三百年、その間の歌奴たちの風俗の移り変わりを示すもので結髪、服具の着装などを各時代の風俗画家の著作等により新しく考証、江戸時代初めのものを除いては衣服その他ほとんど全部その時代の実物遺品を使用したところにこの時代風俗絵巻の特徴がある」

そして4月22日の京都新聞に『艶麗絵巻 島原の太夫道中』の記事が載りました。

「京の春の年中行事の一ツ島原の太夫道中は二十一日午後三時から花曇りの空のもと可愛い、子供の如く花車を先頭に行列は組合事務所を出発寛永、正保時代から年代順に文化文政、明治、現代と移り玉袖、九重、美吉野、光扇、春日、君太夫と禿、引舟を従えて八文字を踏みながら曲輪の中を練り歩き約一時間に渡り古典艶麗な風俗絵巻をくり展げて同四時過ぎ道中を終わった。

昔にかえって無料公開というのが効いたのか数万の人が押しかけ道中開始二時間前に大門を閉じるという盛況であった=写真・八文字で練る美吉野太夫」

さて、二月二十五日(日)第四回目まいまい京都『輪違屋コース』で20人の参加者の方をお連れしました。まいまい京都のスタッフは第一回からお世話おかけしている門川さんと、先斗町コースで一緒が多い阿比留(あびる)さんなので、最後まで順調そのもの、参加者の方々もご満足いただけたと確信しています。

いつもの様に、邸内で如月太夫に太夫道中の内八文字を踏んでいただいたのですが、高橋利樹、十代目輪違屋御当主から、ほぼ全てを島原を参考に遊郭を立ち上げた吉原に対し、島原の大門(オオモン)を吉原ではオオモンの言葉を控えさせダイモンと呼ばせた事、さらに島原では内八文字の歩き方を吉原では踏むのを許可しなかったので花魁は外八文字になったと教えていただきました。

前回では、島原太夫は内八文字で歩くとき決して横を見ず、真っ直ぐ前を向き
進むのに対し吉原の花魁はお馴染みさんなどに横を向いて挨拶しても良かったと、お話されていました。

まいまい京都の輪違屋コースは私にとっても勉強になるコースなのです。

f0347663_14340845.jpg
f0347663_14345267.jpg
f0347663_14351889.jpg
f0347663_14355075.jpg
f0347663_14360716.jpg


by gionchoubu | 2018-02-27 14:41 | 島原、輪違屋太夫 賛姿語録 | Comments(0)

島原ぞめき まいまい京都 輪違屋コース

2017年9月18日、台風一過、まいまい京都ご一行様を私が輪違屋さんにご案内しました。如月太夫ご機嫌麗しゅう、輪違屋十代目御当主も、快くほぼ一見さんの皆様をお迎え頂きました。

館内による太夫道中、かしの式、抹茶のお点前、胡弓の演奏、舞い、お座敷拝見、如月太夫子、禿ちゃんとツーショット等々盛りだくさん、そして太夫と御当主と歓談しながらの宴となり、前回、前々回同様大盛り上がりになりました。

参加者二十名の内、北は福島県、南は鹿児島県からと十都道府県に渡り、皆さん初対面ながら打ち解け和やかな雰囲気のまま幕を閉じました。

アンケートをとらせて頂いた所、10点満点で20人の内19人が10点でお一人のみ8点でした。次回開催できるなら全員満点を付けて頂けるよう努めます。

f0347663_14364249.jpg
f0347663_14370154.jpg
f0347663_14372559.jpg
f0347663_15223716.jpg
                     百年前の見事な内掛け
f0347663_14380448.jpg
                      桂小五郎の書
f0347663_14383071.jpg
                相手から背後より襲われるのを察知するギヤマン

by gionchoubu | 2017-09-19 15:44 | 島原遊郭 | Comments(2)

まいまい京都 輪違屋コース

f0347663_15413744.jpg
f0347663_15420305.jpg


以下の日時で輪違屋さんのお座敷に如月太夫を御招きします。

お馴染みさんは別として、一般募集で輪違屋さんに一見(一現)さんがお座敷に挙が

れる機会は現在まいまい京都の企画のみだと思います。

太夫道中、お座敷拝見、かしの式、舞、演奏も素晴らしい感動を呼びますが、如月太夫、

輪違屋十代目御当主高橋利樹さんとゆっくりお話ができるのがなによりと・・・

浮世場離れの別世界をご堪能ください。

くれぐれも魂を抜かれないように・・・




予約あと少し→すいません定員になりました。

http://www.maimai-kyoto.jp/program/machiaruki/17au039/


9月18日(月)11:30~14:30

【輪違屋】粋を極めた芸妓の最高位・太夫さんとお座敷遊び
~幕末の空間が残る格式高き島原唯一のお茶屋、十代目当主がご案内~





京都で唯一、幕府より公認を受けた
格式高き花街・島原。
そのなかで今も営業を続け、日本でただ一軒
太夫を抱えるお茶屋が、輪違屋です。

襖に道中傘を貼りこんだ「傘の間」や
本物の紅葉が塗り込まれた「紅葉の間」、
近藤勇の屏風など、新選組や志士たちも遊んだ
幕末の空間で、太夫さんとお座敷遊び。

島原の太夫は、知識、品格、遊芸と
すべてにおいて極上、大名や公家たちの
お相手を務めた芸妓の最高位。

可愛らしい禿を引き連れ練り歩く
「太夫道中」や顔見せの儀式「かしの式」、
お点前、舞・胡弓などの技芸。
京料理やお酒を味わいながら、
粋と艶を極めた
絢爛な饗宴を堪能しましょう。

固く閉ざされた「一見さんお断り」の世界へ。
花街を知り尽くした十代目当主の
レクチャー付きなので、
初めての方や女性の方もご安心を。


※飲酒を伴うため、ご参加は
20歳以上の方に限らせていただきます。

開催日時
2017年9月18日(月)11:30~14:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「丹波口」改札口前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
参加費用
28,000円 (保険料含む) ※料理、お酒付き
定員
20名(先着順・要予約)
注意
・靴下を着用してご参加ください。
・催行人数10名に満たない場合、開催日の7日前までにツアー中止をお願いすることがございます。
参加予約
ページ下【参加予約はコチラから】ボタンをクリック
または、まいまい京都事務局までお電話ください。
電話:075-462-2312
(受付時間10:00~18:00 ※水・日・祝は定休日)

  • 参加費は当日集合時にお支払い下さい。お釣りのないようお願いします。
  • 参加予約後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 開催3日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    ⇒キャンセル料について詳しくはこちら
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 日除け、虫除け対策は各自でお願いいたします。
  • 雨天決行です。警報や注意報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。



コースルート

【距離:約0.5km】JR「丹波口」 → 1.島原西門跡 → 2.島原住吉神社 → 3.歌舞練場跡 → 4.輪違屋(お座敷遊び) → (解散)

ガイドさん

高橋 利樹 さん

輪違屋十代目当主。幼き頃より太夫や芸妓とともに暮らし、三味線や鼓の音を子守唄代わりに育つ。太夫や芸妓に芸事を教えるため、自らも芸に精通する。著書に『京の花街 「輪違屋」物語』。
⇒京の花街「輪違屋」物語(Amazon)

担当コース:

担当コースを全てみる



正脇 良平 さん

祇園の旅館「ギオン福住」支配人。祇園甲部、祇園東、宮川町の芸舞妓の手配、また自らお座敷の司会進行を手がけ、花街文化に親しんできた。全国200箇所以上の花街・花街跡を訪問。現在は専ら「祇園ねりもの」(もう一つの祇園祭として江戸時代中期より絶大な人気を博すも、昭和35年を最後に途絶えた芸妓による仮装行列) の復興を目指して活動中。
花街ぞめき(ブログ)

担当コース:


by gionchoubu | 2017-08-17 16:02 | 島原遊郭 | Comments(0)

嶋原 輪違屋

f0347663_15080136.jpg

まいまい京都のガイドとして、1月29日(日)と2月26日(日)の二回に渡り、参加者の皆様を輪違屋にお連れしました。

輪違屋十代目当主高橋利樹氏の説明を聞きながら、如月太夫による太夫道中(ただし一般道路での道中は市の許可が必要なので屋敷の中で)、御客さんとの初顔合わせで行われる儀式“かしの式”、抹茶の御点前、胡弓の演奏そして舞、が厳かな雰囲気の中で進んでいきます。

そして皆様を、御当主の説明によるお座敷拝見のグループと、もう一方のグループによる、如月太夫と禿とのプライベートショットの写真撮影タイムを交互にしました。

そして、そして、一番の楽しみである、太夫と御当主自らお持て成し頂きながらの宴会・・・お料理は大門前の乙文さん・・・ここからは先ほどの緊張から解きはなれ、即妙、絶妙、歓喜の時間が訪れます。

二度とも、即時キャンセル待ち、応募者の皆様は京都の方より府外の方が多く、男性より女性が多く、なにより以外だったのが、まいまい京都としては、非常に高額な設定(実は大変なお値打ち)にも関わらず、20代の女性が何人も参加されていた事です。

花街、遊郭としての島原に対する関心をもって参加された方ばかりでなく、太夫を絵画のモデルとして、あるいは着物や結髪に対して興味のある方、新撰組を含む幕末の舞台としての島原を感じたい方などなど・・・日本古今最格式がある傾城町の懐の深さを見せつけられた思いです。

私としては、一応、JR丹波口から住吉神社、旧歌舞練場を案内したり、宴会後に大門の説明をしたり、一応ガイドらしい事はしましたが、座敷に入ってからの心情は他の参加者とあまり変わりなく、一番愉しんでしまいました。

さて、輪違屋さんは明治以後一時期“養花楼”と名乗っており、他の島原の揚屋さんも、一様に長松楼(角屋)、紫籐楼、桔梗楼、万春楼、旭楼など、すべて~楼としていたのに疑問をもっていました。これは楼をつける事で、官許の貸座敷であることを示す必要があった、という事です。

また、この中には青木楼は含まれていません。これは青木楼が大正年間に創業した為だからです。

宴会の座敷の私の上には“養花楼”と書かれた額がありました。

f0347663_15082715.jpg
f0347663_15084766.jpg
f0347663_15090919.jpg

by gionchoubu | 2017-02-27 15:09 | 島原遊郭 | Comments(2)

島原 輪違屋

f0347663_12264390.jpg


ほんとうの島原の太夫の素晴らしさを知って頂きたく、まいまい京都のコースの一つとして、以下のプランが実現しました。

高額の設定(実は大変なお値打ち)で催行に不安があったのですが、即日定員のお申し込みが有りました。

私の意見としてですが、出来れば今後も続けたいと思っております。


*******************************************************************************************


1月29日(日)11:30~14:30

【輪違屋】粋を極めた芸妓の最高位・太夫さんとお座敷遊び
~幕末の空間が残る格式高き島原唯一のお茶屋、十代目当主がご案内~

Share (facebook)



京都で唯一、幕府より公認を受けた
格式高き花街・島原。
そのなかで今も営業を続け、日本でただ一軒
太夫を抱えるお茶屋が、輪違屋です。

襖に道中傘を貼りこんだ「傘の間」や
本物の紅葉が塗り込まれた「紅葉の間」、
近藤勇の屏風など、新選組や志士たちも遊んだ
幕末の空間で、太夫さんとお座敷遊び。

島原の太夫は、知識、品格、遊芸と
すべてにおいて極上、大名や公家たちの
お相手を務めた芸妓の最高位。

可愛らしい禿を引き連れ練り歩く
「太夫道中」や顔見せの儀式「かしの式」、
お点前、舞・胡弓などの技芸。
京料理やお酒を味わいながら、
粋と艶を極めた
絢爛な饗宴を堪能しましょう。

固く閉ざされた「一見さんお断り」の世界へ。
花街を知り尽くした十代目当主の
レクチャー付きなので、
初めての方や女性の方もご安心を。


※飲酒を伴うため、ご参加は
20歳以上の方に限らせていただきます。

開催日時
2017年1月29日(日)11:30~14:30頃
※開始10分前にはご集合下さい。
集合場所
JR「丹波口」改札口前
※手旗を持ったスタッフがお待ちしております。
参加費用
28,000円 (保険料含む) ※料理、お酒付き
※当日集合時にお支払いください。お釣りのないようお願いします。
定員
20名(先着順・要予約)
※催行人数10名に満たない場合、開催日の7日前までにツアー中止をお願いすることがございます。
参加予約
ページ下【参加予約はコチラから】ボタンをクリック
または、まいまい京都事務局までお電話ください。
電話:075-462-2312
(受付時間10:00~18:00 ※水・日・祝は定休日)

  • 開催3日前以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。
    ⇒キャンセル料について詳しくはこちら
  • 定員で締め切りますので、お早めにご予約ください。
  • 予約申込後のキャンセルは、この日の為に準備を重ねてきたガイド・事務局ともに、とても悲しい思いをいたします。キャンセルのないようお願いいたします。
  • 歩きやすい服装と靴でお越しください。
  • 雨天決行です。警報や注意報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。



コースルート

【距離:約0.5km】JR「丹波口」 → 1.島原西門跡 → 2.島原住吉神社 → 3.歌舞練場跡 → 4.輪違屋(お座敷遊び) → (解散)

ガイドさん

高橋 利樹 さん

輪違屋十代目当主。幼き頃より太夫や芸妓とともに暮らし、三味線や鼓の音を子守唄代わりに育つ。太夫や芸妓に芸事を教えるため、自らも芸に精通する。著書に『京の花街 「輪違屋」物語』。
⇒京の花街「輪違屋」物語(Amazon)

担当コース:準備中

担当コースを全てみる


如月太夫 さん

輪違屋に所属する太夫。太夫の名前は『源氏物語』の帖や人名から付けることが通例となっている。

担当コース:準備中

担当コースを全てみる


正脇 良平 さん

祇園の旅館「ギオン福住」支配人。祇園甲部、祇園東、宮川町の芸舞妓の手配、また自らお座敷の司会進行を手がけ、花街文化に親しんできた。全国200箇所以上の花街・花街跡を訪問。現在は専ら「祇園ねりもの」(もう一つの祇園祭として江戸時代中期より絶大な人気を博すも、昭和35年を最後に途絶えた芸妓による仮装行列) の復興を目指して活動中。
花街ぞめき(ブログ)

担当コース:

担当コースを全てみる


満員御礼につき、予約受付は終了いたしました。
キャンセル待ち予約はコチラから。



by gionchoubu | 2016-12-04 12:27 | 島原遊郭 | Comments(2)