人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:大黒座 ( 2 ) タグの人気記事

大津、八町、四の宮、真町遊郭 その三

f0347663_11385252.jpg
真町は昭和25年西町と合併して真西町になりました。現在は長等一丁目

大津真町の温習会 大津市繁栄の一端

十月二十七、二十八の両日午後五時から大津市大黒座で真町(しんちょう)遊廓の温習会が左記の番組通り催され、二日目に往って見たが文字通りの満員、長唄「秋の色種」が今や終らんとする時であったがいづれも充分の声量を発揮し、舞「越後獅子」は富龍が病気休演で富鶴の一人舞であったが至って軽く達者に演って退け、吉次の「来るか」も千代香の「好た水仙」も中々好い聴物だった。

常磐津「紅葉狩」は能く練習が積まれて全体の意気カッチリ、舞「京人形」は小龍の人形は美くしい人形、人形らしい人形、富勇の甚五郎は動き過ぎる程能く舞い、両妓共格好の配役大当り、素囃子「多摩川」は小蝶と富鶴が段調、一同の意気能く会い、堂々たる多摩川を聞かし、哥澤振「綱上」は富蝶の振、哥澤としては少々硬はなかったか、併し其処に得もいはれぬ味のある好い振りを見せ殊に地が渋味の中にハンナリ好い咽喉を利かし舞「奴道成寺」は小蝶の振り確かに舞の人、而もアレ丈の坊主、アレ丈の地方、大切として中々の大舞台、正に当日の圧冠であった。

実は余久しく真町の温習会を観なかったが、今年久々見聞する事を得た四十名に足らぬ同廓の芸者が、誰も彼も共に平素技芸の練習に熱中し、況して温習会前となっては数日間殆ど不眠不休の猛練習で、舞踊が花柳輔好、長唄が杵屋君雄、常磐津文字春、鳴物が田中徳次郎、哥澤が哥澤芝弥三の各師匠で、弟子が熱すれば,師匠も熱し、そして真町芸妓の技量を斯様に発揮し得られたは真町其もの、大なる成功であり、大にしては大津市繁栄の一端であらねばならぬ、殊に舞台装置といい、衣装、かつら其他有らゆる設備に就いては多額の費用の惜しまれていない事を想像す、不況時にもかかわらず同廓としてこの奮発は芸術向進の上からも亦土地繁栄の上より見るも大に歓ぶべき現象であると感じた。

舞 子寶三叟

舞 月の巻

秋の色種

舞 越後獅子

紅葉狩


舞 京人形

素囃子 多摩川

振 綱上位

舞 奴道成寺

以上『技芸倶楽部』昭和六年十一月号に現在まったくと言ってか語られる事のない真町芸妓の心意気を見る事が出来ました。

尚、大黒座はもと稲荷新地にあったものが小川町に明治二十一年に移ったもので、二十八年にはさらに石橋町に移り千名収容になりました。



by gionchoubu | 2018-08-07 11:40 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)

大津、柴屋町ぞめき 八

f0347663_14071422.jpg

大正四年、中村紅雨著『大津名勝案内』に柴屋町遊廓の項があるので紹介します。

札の辻より五町なり。享禄年中(西暦1528年前後)佐々木氏の青地市右衛門戦功あり、大津近邑を領し、馬場を設け桜を裁へて騎射を為す、当時鍵屋又右衛門と云へるもの請うて此地に茶亭を設け遊女を置きて遊廓と為せり。

慶長以後徳川氏の許可を得て傾城町となし馬場町と名くと、又京極氏大津城主たりし時、轡屋の娘に長柄の朱傘を与へ茶立と称して八町本陣に宿泊せし大名に侍せしめたるにはじまり、元禄年間本曲輪(日本四曲輪の一、四曲輪とは吉原、新町、島原、柴屋)となるとの説あり。

今は上馬場下馬場の二町に分たる、近傍に大黒座あり、市内第一の劇場なり、大黒座前より東数町の間は商家日檐を列ね市内繁華の中心たり。

殊に菱屋町丸屋町の一六市は大津名物の一なり、菱屋町に寄席博秀館あり、階下は歓商場にて各種の物品を即売す、丸屋町には劇場朝日座あり、之と斜に相対して勧商場あり。大黒座より約一町、小川町に青龍寺あり。

この時代の遊廓の案内はどれも当たり障りのない内容で、こちらも柴屋町の由緒を述べただけで、どちらかというと、劇場、寄席の案内のようです。ちなみにグランドメゾン浜大津が大黒座跡です。

大正三年の地図をみると、今回画像に載せた豆信が料理店として下馬場廓の北東角に有り、その南、現在の薬局の所に下馬場の三業組合が載ります。上馬場の三業組合事務所は四ツ辻のすぐ南、東側にあり、大黒座は上馬場廓現在の商店街を東角の梅の家の東に書かれています。

大正十二年の『大阪を中心とせる近県電話帳』には

下馬場町  一、個人名
      九、蛭子屋
十六、島屋
     七一、ナベヤ
     七三、立花屋
     七十、近江咲
     八六 一二三屋    
     六四 下馬場町三業組合遊廓事務所
上馬場町  二、金繁
      三、小島屋
      十、大よし
十一、金繁
十五、金勝
二十、個人名
二三、大房
二九、富久
     三五、小島屋
     三六、中勢
     四一、大辰
     二三、下馬場町三業組合遊廓事務所
同じ貸座敷が複数載るのは、屋号と経営者宅が別々で、二箇所載せた可能性があります。



by gionchoubu | 2017-01-04 14:08 | 亡くなった滋賀の遊郭 | Comments(0)