人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:千年町商店街 ( 1 ) タグの人気記事

大阪の湯女風呂 その二

f0347663_11011644.jpg
                       千年町筋


古今参考南水漫遊初編』に「小三、金五郎説」が有り

元禄の頃、浮名立し“額の小さん、金屋金五郎”の実説を探り見るに、島の内に額ぶろ(風呂)といふ娼家なし。灘波雀とて延宝年中出版の小冊に、其頃市中に垢すり女有りし風呂屋十四間(軒)、湯屋二十二軒と記す。(同時出版灘波鶴にも同断)、其中に、蝋燭風呂道頓堀六間町太左衛門、柳ぶろ六間町善兵衛とありて、額風呂は籠屋町治郎也。

延宝六年牛冬出版の小冊『道しるべ』には、風呂屋十四株内

天満八丁目、大黒風呂(ゆな三人)

同五丁目、扇ぶろ(ゆな三人)

内平野町薬師ぶろ(ゆな三人)

内あんどうじ町はせぶろ(ゆな二人)

太左衛門橋柳ぶろ(ゆな三人)その余は湯女無之

かく記せども、元禄の頃には額風呂にも湯女ありて小三と呼ぶ。その証とするものは元禄年間の冊子風流文車(庫)というものに、額の小三が垢かきする処かきたる図ありて、小さんはその頃名高き湯女と見えたり。

~略~

額の小さんは籠屋町にて時めきし湯女なりしが、後に島の内綿屋といへる娼家の妓婦となれり

同じく『古今参考南水漫遊初編』に宝暦元年の島の内ねりもの(妓女の仮装行列)の番付けが載ります。二十七人の練り子(出演者)の内、宇治ふろ・百、千とせぶろ・小蝶、桔梗ぶろ・小たき、大黒ぶろ・岩、柏ふろ・にし、の五人が風呂屋が抱えた妓女という事になります。又お囃子の内にも三弦、薬師ぶろ・ひな、の名がみえます。

『守貞謾稿』(近世風俗志)の島の内の項に「当所の娼妓は、昔の湯屋女の遺風なり。今世、俗事更にこれなきといへども、なお官には垢磨女とこれを称すと云へり。故に往々、置屋に風呂をもって名とする者あり。薬師風呂と云ふもの、文政末か天保初めに絶亡す。大江風呂は天保府命、非官許の妓を禁ず時に亡ぶ。」

そして宝暦元年の上記の練り子を含む全二十七人の名と所属の置屋の名を挙げて、この多くの置屋多くは亡びた、と書いていました。

『古今参考南水漫遊初編』に言う、島の内の“千とせぶろ”を千年風呂と考えると、現在の千年町(せんねんちょう)商店会のある千年町筋にあったと私は推察しています。

それにしても、この辺りは全て宋右衛門町で一括りに町名変更され、千年町、玉屋町、笠屋町等々、ビルの名や看板だけで本当の大阪を伝えてるのは情けない限りです。


by gionchoubu | 2017-05-29 11:08 | Comments(0)