人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 狂すけさん そうで..
by gionchoubu at 16:08
例の角田美代子は初島新地..
by 狂すけ at 22:13
> 狂すけさん ご..
by gionchoubu at 20:58
あの大事件の主犯が働いて..
by 狂すけ at 15:10
> BIG-BIRDさん..
by gionchoubu at 16:38
中西君尾さんを調べていて..
by BIG-BIRD at 08:32
> いたみんみんさん ..
by gionchoubu at 15:20
初めまして。伊丹の住人、..
by いたみんみん at 19:51
>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

尼崎の特飲街 前半
at 2020-03-24 11:00
新福原遊廓誕生
at 2020-03-18 19:09
声色遣い
at 2020-03-13 10:16
法界屋
at 2020-03-09 17:01
西新開地 二葉新地
at 2020-03-07 10:31

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:加藤藤吉写真集~京都編~ ( 1 ) タグの人気記事

新研芸妓


新研芸妓_f0347663_11243458.jpg
 下木屋町の雇仲居の検番があったあたり。(京都明細図によれば西木屋町仏光寺を下がる四軒目の東側)

渡会恵介は『京の花街』で、「上木屋町と下木屋町に加えて東山に検番があって、<新研芸妓>という。下木屋町が、東山に合併して二つのグループとなり、芸妓置屋組合もある。新研とは“新しいセンスと美しさにあふれた”という意味で、芸妓を呼ぶときは、それぞれ置屋のグループへ直接電話すればよい。ほとんどが宴会花だから、料亭での宴会へ出張するのが専門、いわば純粋のホステスといえる。」と書いています。

この下木屋町の検番は、昭和八年の松園蔵版の『京都職業別電話名簿』にも『京都商工人名録昭和9年版』にも載りませんが昭和九年の『京阪神職業別電話名簿』に雇仲居置屋業組合事務所として確認でき、場所は西木屋町、仏光寺下、これこそが上記の下木屋町の検番だと思います。この時点では上木屋町の検番は何処にも見えません。

戦争を経て、昭和二十四年、京都の他の花街の芸妓と共に、東山区下河原月見町のヤトナ従業員組合が労務者供給事業と認定され、認定されたヤトナが325名いました。このとき認定された芸妓は816名ですので、本家芸妓に対する擬似芸妓ヤトナの比率は相当高かったといえます。渡会の言う東山に合併したヤトナグループがこのヤトナ従業員組合です。

さらに非売品でありますが、加藤政洋研究室が発行した『加藤藤吉写真集~京都編~』に、藤吉により新研見番京東山と書き込みがあった昭和三十五年撮影と推察されるシンプルな洋風二階建て建物の写真が載っています。

同写真集によると昭和三十一年の住宅地図に「京都新芸妓共同組合」として載り、昭和三十四年版では「京都新芸妓東山歌舞会」と名前が変更されているとの事、早速京都府立資料館で確認させていただきました。(ちなみに昭和三十年以前の住宅地図はありませんでした。)

さらに調べてみると、面白いことに、昭和三十八年の職業別電話帳では同じ電話番号で月見町に「京都新研芸妓東山組合」と「京都雇仲居従業員」の二つが登録されています。

つまり、新研芸妓であろうが、雇仲居であろうが母体は同じで、業者側が新研という名を編み出し新基軸を打ち出したものの、お客にとってはどっちでもよい話で、きっと「若い妓」「座持ちのいい妓」「若い妓はだめ」ぐらいの要望がおおく、あまり、歌舞会だから言って、「三味線や踊りのうまい妓」、雇仲居の名があっても「お祝い事を上手に仕切れる妓」などの声は少なかったと思います。

この電話帳ではやとなは「芸妓紹介(置屋、小方)を含む」の分類でヤトナ倶楽部と銘打っているのはニコニコやとな倶楽部ぐらいで、嵐山クラブ、新研芸妓置屋、乙女新研芸妓などと新研の名のる所が幾つか以外は~倶楽部、あるいは個人名です。

二条木屋町東には京都新研芸妓組合中京支部が登録されおり、渡会のいう上木屋町検番はこれであると思います。

五条楽園の管轄としては、上記のニコニコやとな倶楽部、あさひ倶楽部、高瀬倶楽部あと個人名が一軒で、殆どは、西木屋町町五条下ル平居町五条楽園芸妓組合が窓口になっていたと思われます。

この「芸妓紹介(置屋・小方)を含む」と「お茶屋(待合・貸席)を含む」と、昭和三十八年の職業別電話帳には二つの項が並んで見る事が出来、基本前者がヤトナ系、後者が一現(見)さんお断りのお茶屋さんですが、前者に現在宮川町のお茶屋がのったり、後者にも京都新研芸妓東山協組(注、すこし登録名が違います)や五条楽園のお茶屋が載ったりしますのでこれをお茶屋探しに利用した人はかなり混乱したと思います。

尤も、一現(見)さんお断りのお茶屋に、紹介もなく、電話帳だけをみて芸妓を要望する兵(つわもの)もいらっしゃらなかったでしょうけど。


by gionchoubu | 2015-09-24 11:30 | 雇仲居 | Comments(1)