人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

加古川関根新地 四
at 2019-09-19 14:26
赤線、青線、白線、紫線
at 2019-09-15 11:18
加古川 関根新地 三
at 2019-09-12 11:43
加古川 関根新地 二
at 2019-09-08 11:00
加古川 関根新地と検番筋
at 2019-09-03 18:06

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:亀の子踊り ( 1 ) タグの人気記事

古市伊勢音頭

f0347663_13130551.jpg
                                 備前屋の伊勢音頭

三重県にあった古市遊廓は非公許ながら公許であった江戸の吉原、京の島原、そして大阪の新町の三大遊廓とあわせて四大遊廓の一つに数えられ、寛政六年(1749)古市の大火で焼けた後、これが新築のきっかけを生み、三都の遊廓をしのぐ大廈高楼が軒を並べ、古市は全盛期をむかえます。

「伊勢参り 大神宮にも ちょっと寄り」という川柳がその気分をよく伝えています。

江戸時代、伊勢参りする人は順序としてまず外宮へ参り、古市を通って内宮を参ったもので、実は古市が本来の目的の伊勢参り客も多かったのです。

伊勢音頭は古市の遊廓が名古屋の西小路、富士見ケ原、原の三箇所に支店をだし、郷土色をだそうと地元の河崎音頭で遊客をもてなして評判を出しました。これが伊勢の音頭ということで伊勢音頭という名で呼ばれました。

元分三年(1737)に名古屋遊廓が廃止になったとき、古市が出した支店も戻って来る事になり、そのとき持ち帰ったのが伊勢音頭だったのです。

この古市伊勢音頭の発生は野村可通「伊勢古市考」によるものです。

古市では遊女の顔見世としての要素が多分で、たとえば代表的な備前屋ですと、舞台は正面と左右におおきくせり出したもので、踊り手は左右より十名ずつ「よいよいようやな」と掛け声をかけて踊りながら、中央で行き違いになり、反対側の通路に消えていくものです。

遊客はたとえば右から出た前から三番目の妓というような選び方をしたのでしょう。

「京の舞踊」で田中緑江さんは寛延(1748~1750)の頃、備前屋の思いつきで、沢山のお茶屋のうち、大楼の広間に三方に舞台を作り、これに遊女に揃えの衣装を着せ。左右の花道から十人づつ踊りながら出てきて正面で入れ替わって左右に別れは入る、と書いています。

明治時代になると三方がせり上がりの板廊下、拍子木の音と共に朱塗りの欄干が下からせり上がり、上から提灯や造花などが下がってきました。


f0347663_13144720.jpg
f0347663_13151599.jpg
f0347663_13155829.jpg


by gionchoubu | 2016-04-11 13:16 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)