人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:久坂玄瑞 ( 2 ) タグの人気記事

祇園ぞめき その十八

f0347663_14171464.jpg
    三桝屋跡

祇園の君尾にしろ、小花にしろ、三本木の幾松にしろ、皆勤皇側でしたが、祇園新地三桝屋の君香は佐幕派の贔屓をうけた芸妓で、特に九条家諸太夫島田左近親章(ちかあき)に愛され、ついに君香は彼によって落籍されました。

左近は木屋町三条上がる路地(他の資料は木屋町二条下がる)の一軒を君香の住まいとし、この美しい流行妓を妾として囲いました。

ただし勤皇党の久坂玄瑞や寺島忠三郎、入江九一らに必用に命を狙われていた島田の足は、君香の家から次第に遠のいていき、彼自身は九条家の奥殿に潜んで何人の面会をも禁じていました。

ある日、君香が三条小橋を歩いていると、芸妓時代に時々座敷に呼ばれた桑名脱藩の本間精一郎に出会いました。本間は表面勤皇と見せかけ実は佐幕党の一員として勤皇の様子を探っていたのです。

本間は後日君香の住いを訪ね、鴨井の提灯箱に五三の桐の紋と角に島田の文字を見つけると、自分は佐幕党と教え、連判状を君香に見せ信用させ、是非島田と面会したいと言ったので、君香はその事を文に認め島田の元に遣わせました。

ほかならぬ愛妾の文に心を動かされた島田は、文久二年七月二日夜も更けると、白の薩摩上布、小紋絽の羽織、深編笠に雪駄の町人風に装い君香の元を訪れたのです。

久々の旦那のお越しに、持遇の平素に増し、積もる想いの情けに、盃の数も増した頃、本間精一郎が現れ、同志の事とて盃を交わし、密談に時を移し、本間は帰路につきました。

島田が君香の酌に更に数杯を傾け、川風涼しい縁側に横になった時、表戸が荒々しく鳴り、人が押し寄せてくる気配、数名の勤皇浪士が現れると、刀を抜く暇もなく煙草盆を目潰しに投げつけるものの、「漢賊待ツ」と一人が肩先に切り込みました。

切られながらも左近は磧伝いに川端戎側の目明し文吉の家を目指したのですが、勤皇方が待ち伏せしているのを見るや否や、今度は二条通り西へ九条亭に逃れんと駆け出した時、別の勤皇党が現れ、とうとう島田は取り押さえられました。

この手引きをしたのが、島田を売って勤皇方の信用を得んと目論んだ本間精一郎で、勤皇浪士と一緒に左近の拷問に加わり、ついに島田は秘密の奸策、連類者の名を白状しました。

君香も、こんな騒ぎが起ころうとは夢にも知らず、殆ど狂気の態、さらに勤皇浪士の手に取り囲まれ、種々取調べを受けました。

左近は「天誅を加えて呉れんず」と久坂玄瑞の刃で首を刎ね落とされ、死体は高瀬川に捨て置き、首は四条磧に晒されました。

島田の首は君香の願いで西大谷鳥辺山に埋められました。

其の後、目明し文吉も、本間精一郎も、久坂玄瑞、寺島忠三郎、入江九一もここに名が出た男は皆、自害、戦死、あるいは非業の死を遂げました。

維新後祇園新地に戻った君香は再び芸妓になりました。

ところが、座敷が淋しく廃業して小方屋を営み、明治の終わりごろに亡くなりました。

無常と言う言葉しか私には思い浮かびません・・・

参照:技芸倶楽部、維新と京美人(二) 東山西人




by gionchoubu | 2017-06-30 14:23 | 祇園 | Comments(0)

島原遊郭ぞめき 勤皇か佐幕か

f0347663_11023293.jpg
文久三年(1863)近江の水口(みなぐち)藩の公用方が会津藩の公用方に、新撰組の乱暴狼藉は目に余る、という様な話をしました。これを受け新撰組の上部にいる会津藩は、新撰組に注意をいれました。

これを聞いた新撰組局長の芹沢鴨は部下を水口藩に向かわせ、その公用方を引き渡せ、とねじ込みます。水口藩邸では詫び状を入れることでその場を収めました。

しかし、その場しのぎの詫び状の件が水口藩主に知られると首が飛ぶと水口藩士は思い直し、間に人をたてて、詫び状を戻してくれと芹沢に頼みました。

そして水口藩は島原の角屋に芹沢らを招待して手打ちの席を設けました。総勢100人を超える規模、島原の芸妓まさに総揚げの大宴会です。

この席で、最初は機嫌よく楽しんでいた芹沢ですが、飲む程に酒乱の悪癖が顔をだし、角屋の仲居が自分を避けているのを感じ、普段からの角屋側の自分への扱いに対する不満が爆発したものと見えて、部屋に飾ってあった太鼓を二階から投げ落とし、「尽忠報国」と書かれたいつも持ち歩く鉄扇で飾り壺は叩き潰す、さらには階段の飾り欄干を引き抜き、開下で振り回し、帳場から台所まで悪鬼の如く手当たり次第壊しまわり、最後に角屋徳右衛門に七日間の店じまいを申しつけました。

その後、芹沢鴨は大阪の新町遊廓の吉田屋でも事件を引き起こします。新町の吉田屋は島原の角屋と並び称されたほどの名家の揚屋で、角屋と同じく太夫らによる年末の餅つきが有名でした。

同じく文久三年、この新町で自分の思い通りにならない芸妓の首を刎ねる訳にもいかず、髷を切り取るという狼藉を働き、吉田屋事件として、ここでも悪名を残します。(この詳細は、何時になるかわかりませんが、新町ぞめきで詳しく書くつもりです。)

芹沢鴨が暗殺されたとき、島原の角屋は早駕籠でこの朗報を新町の吉田屋伝えたとされますので、当然とは言え、よほど憎まれていたことが解かります。

角屋の北西角に「長州藩志士、久坂玄瑞の密議の角屋」の石標があります。裏面文は「久坂玄瑞の義弟、松蔭死後塾徒を率い尊攘に挺身、文久政変に山口へ七卿落ちを斡旋するも、元治元申子年七月蛤御門の変に遭い、壮烈な死を遂げた、享年二十五、角屋は玄瑞が?々暗殺の難を避け潜行密議した場所である」との事です。

玄瑞が島原で馴染みになったのが桔梗屋の芸子辰治で、その名は慶応三年の『四方の花』で確認できます。

「さらに幕末の頃には、諸大名をはじめ西郷隆盛、桂小五郎、久坂玄瑞、阪本竜馬、山県有朋、伊藤博文、品川弥次郎、井上聞多、大隈重信、僧 月照などの勤王の志士たちが、軍用金調達のため、鴻池、加島屋などの豪商をこの角屋に招き、しばしば饗宴(宴会)を催したことが伝えられています。そのほか、新撰組の近藤勇や芹沢鴨なども出入し、その刀痕が今も柱に残っています。」

以上は財団法人、角屋保存会が発行した『角屋』から抜粋したものです。

一文は勤皇派に重きが置かれ、新撰組はそのほか、で済まされています。文面にはありませんが、ここに芹沢鴨の蛮行の恨みが凝縮されているように私には思われるのです。

佐幕の新撰組は角屋に刀傷をつけ、勤皇の志士はその功績をたたえる石碑を角屋に残したのです。

参照:京都新撰組案内、武山峯久著


by gionchoubu | 2016-06-06 11:07 | 島原遊郭 | Comments(0)