人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:下河原 ( 1 ) タグの人気記事

東山踊り(真葛踊り)

東山踊り(真葛踊り)_f0347663_12061906.jpg
              東山名所踊りの会場は安井金毘羅前の平野屋だったといいます。

日本の花街の踊りの最初は京都祇園の都をどりと先斗町の鴨川をどりというのが一般的な解釈と思います。第一回京都博覧会に附博覧会として共に明治五年に始まりました。その次は明治十五年に始まった大阪の北新地の浪花踊だと思います。

大阪ではさらにその後明治二十一年南地五花街による芦辺踊、新町遊廓が明治四十一年に始めた浪花踊り、堀江遊廓は木花踊(このはな)を大正三年に初めています。東京には新橋の東をどりが有名で、こちらは大正十四年が最初の開催です。

興味深いのはこれらすべて自分の花街の名を踊りの名につけていない事です。なぜ祇園をどり(現在の祇園をどりは後に分裂した現在の祇園東歌舞会によるもの)北新地踊、堀江踊り、新橋をどりにしなかったかは、きっと関連があるずです。

緑江叢書の『京の舞踊』によると「下河原の真踊」の項があり、これは明治五年の都をどりや鴨川をどりの先鞭をつけたものとされ、そうすると此方の方が花街踊りの濫觴と言うことになります。

又の名を東山踊りと言い、分からない事が多いものの、昭和三十年代後半に、島原の角屋の中川徳右衛門氏がその番附を三枚入手され、そのうち二枚が紹介されています。

下河原の遊所は以前も紹介しましたが、下河原の山根子という芸達者な女達が一廓を持った八坂神社南門から高台寺までの遊所で、明治十九年に祇園に併合されました。

京都府立史料館が編纂した『京都府百年の資料』に明治七年〜十二年に下河原の総代願人が京都府知事の槇村正直知事に舞芸興行御願所や宣伝の為の立看板の許可とか色々書いて有りますので紹介させて頂きます。

こちらは総て東山名所踊りになっており、真(まくず)は出てきません。真原とは知恩院より円山公園、現在の鷲尾町あたりをいいます。まくずおどりではすこし響きが良くないので東山名所踊りにしたのかも知れません。

都をどりも、本来は雅おどりとなる予定でしたが、片山春子(後の井上八千代三世)がミヤビの響きがよくないとお歴々を説き伏せミヤコにした経緯があります。片山春子が偉いのは、このお歴々の顔を潰さぬ様このミヤビを自分の会名に頂く形にしたことで、今でも井上流のみやび会は健在です。

もう一つ島原にも明治七年、八年ぐらいに青柳踊があり、片山春子が振り付けをしましたので当時の島原は井上流ということになります。ちなみにこちらも島原踊ではありませんでした。


by gionchoubu | 2016-04-03 12:08 | 京都の花街・遊廓 | Comments(2)