人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:カフェー ( 3 ) タグの人気記事

明石の花街

f0347663_15501141.jpg
明石小唄の実演で大阪のJOBKで明石小唄を実演した明石芸者

明治十三年(芸妓・舞妓)の許可地域制限撤廃直前には大蔵谷村(2)東本町(18)中町(2)大明石村(2)西本町(1)当津村(5)材木町(5)鍛冶屋町(1)の芸妓がいました。当津村には別に(1)舞妓がいました。

つまり現明石市の広い範囲に置屋が点在し、明石自体が花街の様でした。しかし、こう広域に渉っていれば、車も無い時代、どうやって花街が成り立っていたか分かりません。

そのころ、区域が限定される祗園などでは“おちょぼ”とよばれる小女が伝達係を努めていました。

また地方では慢性的に踊り、楽器を芸妓に芸を仕込む師匠が不足しており、こう散らばっていては稽古もままなりません。

ひょっとしたら冠婚葬祭などに重宝された町芸者のような妓がいたのかもしれません。

明治十三年十二月は芸妓・舞妓に対する許可地域の制限は撤廃されたとあり、これは兵庫県独特の制度だったと思います。

明治十四年、上記の大蔵谷に貸座敷十四、五軒があり娼妓二十三、四名、芸妓八、九名がいて娼妓も三味線を携えた二枚鑑札と『明石市史 下巻』にあり、明治十四年二月五日の朝野新聞で「みな大阪・西京風でいやみたっぷり。芸者の中に東京風の丸髷に結い、歯を染め、白粉をこてこて塗っている者があり、じつに見るのも厭らしい。」などと書かれていました。

その後明石の花街は大明石町の栄検、材木町の楽検の二検番制度になり、昭和九年、明石市の人口四万六千人、教師が二百四十四人、市職員が八十五人に対し二百人もの芸妓を抱えており“一大産業”でした。(『明石市民史』 神戸新聞明石総局発行)

ただし『明石市史 下巻』では昭和元年で置屋43軒で芸妓178人、昭和七年には芸妓101人と開きがあります。

客は錦明館や衝濤(しょうとう)館などの料理旅館で、新鮮な魚料理と芸者の舞いを堪能し、翌朝船を出してベラ釣りをするのが粋な明石の遊びの典型とされました。

ただ、一握りの旦那衆や企業の接待で利用する以外、大半は大阪や神戸の客で、明石の庶民には無縁の存在でした。

昭和七年五月に明石小唄を公募、「海にや島影アア明石潟」「恋の公園青葉のかげに、ふたつ櫓のアアあですがた」「いろも明石のの味」「味もいい蛸いたぼがき」海に城に蛸に、この恵まれた土地に小唄のネタはつきません。

昭和九年の『明石商工名鑑』をみると上記の錦明館は大蔵町八丁目、衝濤館は相生浜通にあった事が分かります。

又、カフェー(西洋料理、料理、貸席)として材木町にやよい,東仲ノ町二丁目にユニオン会館、桜町二丁目に美人座
と銀座会館、錦江町にキング食堂、鍛冶屋町に養老食堂、材木町に竹馬楼、東仲ノ町二丁目にオリエント食堂、細工町にロア酒場。

貸席・料理の欄には大明石町二丁目に春の家、桜町二丁目に王福、錦江町にはじめ、材木町に松本、追手町に千代の家、桜町一丁目に田村、細工町にかもの、桜町一丁目に壽と栄亭、鍛冶屋町に紀乃勢、大明石二丁目に常盤楼がありました。すべて女性名で登録されており、お茶屋さんだと思います。これらのお茶屋が栄検か楽検に所属したのではないかと思います。検番が二箇所あったのはお茶屋が広範囲に渡っていたという側面があったのでしょう。

いずれにせよ、明石市自体が大きな歓楽街の様相を帯びていた感があります。

参照:上記以外『兵庫県警察史 明治・大正編』

f0347663_15512325.jpg

衝濤(しょうとう)館


f0347663_15560406.jpg
                   材木町の岩屋神社の玉垣

明石公園に近い追手筋にあった料理屋、錦江楼は立派な庭があり、江戸時代に今枝氏という重臣が住んでいました。その後白菊グランドビルになりました


f0347663_15570557.jpg
材木町に面影ありません。
f0347663_15584228.jpg
                     桜町     


by gionchoubu | 2019-09-25 15:50 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)

奈良RRセンター その五

f0347663_14225561.jpg
裏口から逃げてはみたけれどここまで警戒済みではもう観念

大和タイムス、昭和28年1月22日『国際的歓楽地R・Rセンター前を急襲』『米貨百ドルなど押収 夢心地の女給ら取調べ』

奈良市西郊尼ヶ辻にR・Rセンターが設置されて以来その周辺部に駐留軍相手のキャバレー、カフェーなどが続々開店しているが、いまでは異国たっぷりの町が現出、ここを舞台にパンパン、女給、ダンサーあるいはカフェーのマダムなどによってさかんにドル、外国タバコなどの売買がおこなわれ、さらに多数の覚せい剤常用者などがあって悪の温床となりつつある確証をにぎった奈良市署では、これが摘発と、とかく非難の的となっているセンター街の粛清をめざして、二十一日午前十時、石川捜査、上野防犯両課長が指揮し、吉川刑事係長以下正、私服警察官約五十名が七班に分れて急襲した。

現場についた各捜査官はカフェーモロチャことN・Tさん、同ラッキーことO・Mさん、同ボレロことS・O氏、同日米ことM・Hなどキャバレー、カフェーをいっせいに家宅捜査し、米貨約百ドル、外国タバコ約百個、ヒロポンアンプル約六百本を押収、同十一時すぎ捜査を打切り専売法違反、外国為替外国貿易管理法違反、覚せい剤取締法違反などの容疑で、カフェーボレロ経営者S・O氏(46)ら女給、ダンサー、マダムなど女を主とした二十名を連行取調べ中である。

この朝奈良市署では午前八時ごろから準備態勢に入り、午前十時を期して一挙に出勤したが、夜遅くまで営業をおこなうこれらの業者では、午前十時といってもなかば夢心地で、突然の取締りに着替えもできず、すそをはだけた寝乱れ姿のままで『どうぞお調べ下さい』と観念するマダム、便所に行くとみせかけ便所の中へタバコを捨て、見つかって拾い上げようというダンサー、下着にオーバーだけを着て裏口からこっそり抜け出してはみたが待ち受けた警官につかまってベソをかく女給などもあって朝のカフェー街は一時大騒ぎを演じた。

この記事の後、同年5月18日の大和タイムスに載る『すでに20名逮捕 大規模なポン引団 G組』を見ると、奈良R・Rセンターに送り込まれたアメリカ兵を網の目のように捉え、パンパンの巣に投げ込む組織が機能していたことが分かります。

百数十名に及ぶポン引きを抱え、西成、ミナミ、梅田付近のスラム街を拠点としたG組は、まず帰休兵が朝鮮からR・Rセンターにつく日を極めて正確にキャッチしました。

警察は、おそらくセンター内の駐在軍要員に一味が潜り込んで情報をつかみ的確に伝達するのだろうと考えていました。

組織は本隊、出勤、会計係、護衛隊に分かれており、本隊は護衛隊に守られR・Rセンターの前で客を獲得すると自家用車で大阪に急送する。護衛隊は他の客引きを脅しつつ本拠地に連絡する。連絡を受けた出勤係と会計係は配下の女を集めて備えました。

さらに本隊は兵と女がはいったバー、旅館からマージンをとり、護衛隊も他の客引きに「客をゆずるか、そうでなければ金を出せ」と脅し、暴行、傷害を働きました。




by gionchoubu | 2019-05-14 14:24 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)

京都パンパン赤線時代 十三

f0347663_14431854.jpg
昭和23年9月1日の京都新聞に『接客婦を芸者に』の見出しが載ります。これは、風俗営業取締で打撃を受ける京都の遊廓業者のなかで、その対策として接客婦(旧娼妓)を芸者にしようという動きが有る、ということです。

花街連合会は、接客婦に三味線、踊り、歌などの試験をしてパスした人には芸妓にするという目論みがありました。

これは、以前でも出来た事でした。ただ収入が半減するのと、今回は祗園甲部、先斗町のねえさん達が反対している、という問題も抱えていました。

続いて9月5日、『賛否両論サンマタイム』と有ります。食料事情が悪い中、大量に獲れた秋刀魚で栄養補給を推進、と一瞬思いましたが、これはサマータイムのことでした。この後もサンマタイムと書かれ続けます。

さて、このサンマタイムに対する影響は、夜の帳が下りなければピンともツンとも音がしない花街では不評判、時間だけトットと進み客は少なく、来たかと思うと終電を気にして神輿を上げて帰られるので商売にならない、とは宮川町組合の弁。

「大打撃ですよ、なんせダンスは気分もんで、タンゴ、ジルバもあったもんじゃない、昨年と比較して収入三割減、絶対反対」と京極Mダンスホール。

京極Mダンスホール・・・美松ダンスホール以外に考えられません。

9月21日、『返り咲きカフェー』お酒はやっぱりご法度、この記事を要約すると、風俗営業取締法の施行にともなってカフェーが復活することになった。

その昔、青い灯赤い灯と紫煙の立ち込めた中で、夜を徹して奏でられるジャズを聞きながら美女に戯れ、美酒に酔いしれたカフェーも戦時中に水泡のように消えました。

終戦後は特殊社交喫茶の名で帰り咲き、華やかな昔に戻ると思われたが、昨年の七・五政令に吹きまくられてしまった。ところが、またまた今の風俗営業取締法の施行で元のカフェーの名称で公然お目見えすることになりました。

以前のカフェーは概ね洋風の設備を設けた客席で、女給が飲酒物を提供して客の接待をし、遊興または飲食させるもので、売春の温床となっていました。営業は夜通し、飲食物も女給さんの腕ひとつで客に無理強いも出来ました。

ただ復活を遂げたものの、今回のカフェーは肝腎のお酒はご法度、酒類や主食を客に提供するのも駄目、営業時間も十一時まで。当然場内でいかがわしい行為や風俗を乱すことも出来ない。

場内の装飾は営業主の勝手で許されるものの、あまり神経を刺激するものは勿論不可、明色とりどりの照明は構わないが、電力会社から超過料金を取られないように、そして客席の明かりは一坪につき概ね十ショク以上の事でした。

客は明るい店内で、サンドイッチを抓みながら、コーヒーを啜る・・・何とも味気ない風景が浮かびます。


by gionchoubu | 2017-08-07 14:46 | パンパン、赤線 | Comments(0)