人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

タグ:くらわんか船 ( 1 ) タグの人気記事

枚方の遊郭 鍵屋

f0347663_11445086.jpg
                      河内名所図会 枚方駅

淀宿と守口宿の中間にあった枚方宿は岡新町から、泥町村の南端まで十三町十七軒、京阪枚方駅から枚方公園駅までおよそ1、5キロと非常に長い宿場町でした。

宿場の経営は、今で言う補助金が出る場合もありましたが、基本宿場維持は宿場側の持ち出しであり、公用の貨客輸送の任を帯びた枚方宿の財政維持は困難を極めました。さらに、枚方宿は京街道を通る紀州、泉州の大名行列や長崎奉行の往来もあり、財政を圧迫しました。

幕府は宿場運営にお金は出さない代わりに、飯盛女の名で遊女を黙認しました。

宿場維持の為飯盛女が消耗品として酷使されるという図式は容易に想像されます。

枚方宿の四村の一つである三矢村では文政十三年から元冶元年の三十三年間で三十四件の飯盛女死亡の記録があります。これは史料に恵まれた事例とされ、枚方宿の飯盛女全体ではいったい何人亡くなっていたのか分かりません。

さらに遊廓につきものの心中事件も以上に多いのが枚方宿の特徴と。宝暦五年より文政十年まで六件の心中事件の記録があります。

享保七年大賀越前守は幕府の方針として心中御法度のお触れだし、心中という言葉すら相対死という言葉を充て重犯罪としました。

明和二年四月十八日、伊八女郎・中振村新七の心中があり、男は死そんじ、女は埋められました。その後八月六日、新七は打ち首、女郎は掘り起こされ、二人とも晒されたほど厳しいものでした。

諸国遊所競には、最下段であるものの、かはち、ひら方で顔を出しています。

もう一つ、枚方は水路交通の要所として、三十石船が昼夜別なく行きかったことで、枚方付近にくると、くらわんか船という小船がこぎ寄せて、河内弁で「餅くらわんか、酒くらわんか」と物を売りつけにきました。

客が拒絶反応をしめすと、汚い言葉でののしり、三十石船の苫を手荒く引き上げ、寝てい客を驚かせしましたが、天下の特権としてお咎めは無かったそうです。

現在も残る鍵屋のある三矢村堤町一帯は弦歌さざめく歓楽の地で「淀川三十石船唄」に

√ここはどこじゃと 船頭衆に問えば

ここは枚方鍵屋浦

鍵屋浦には 碇はいらぬ

三味や太鼓で 船止める


『宿場町』芳賀登著:『枚方市史』:『新版 郷土枚方の歴史』

f0347663_11462324.jpg
                         鍵屋
f0347663_11472830.jpg
f0347663_11475408.jpg
中は博物館になっており、くらわんか船の再現など見所満載でした。


by gionchoubu | 2019-08-01 11:48 | 亡くなった大阪の游所 | Comments(0)