人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2019年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

裏寺の盆屋

f0347663_11261328.jpg

昭和32年11月26日の京都新聞夕刊の『都大路 裏寺町通 お寺の軒先に酒場 ただよう庶民の哀愁』の欄があり、新京極の盆屋の情報が載ってました。

〜略〜

「このころ、“ぼんや”とよばれる出会い茶屋があった。いまの連れ込み宿、温泉マークの草分けである。

室町の呉服問屋付近のよろめき婦人と番頭らが、道ならぬ恋のために利用したそうだ。

当時新京極には明治座、中座、朝日座、京都座などの芝居小屋があった。芝居見物に来たよろめき婦人が、付添いの女中をまき、得意先まわりの番頭がデッチに小遣をやって遊ばせて二人だけの逢瀬を楽しむ、絶好の地理的条件をそなえていた。

“ぼんや”の構造は変っている。ノレンをくぐるとすぐ段バシゴがあって二階には寝具を用意した四畳半があった。

この家の主人も女中も決して顔を見せず、ゲタの音を聞きつけてあいさつ、お茶もフスマの外に女中が声をかけて置いて行く。

お客も用事がすめば茶ボンになにがしか金を置いて帰る。だれにも知られず、事がはこんだわけだ。後のこの“ぼんや”に女を置いて客の好みによってアルバイトの女店員らがお相手を努めた。

“よろめき夫人”も“お座敷喫茶”も戦後の産物のようにさわがれているが、明治のころの大人たちも結構楽しんでいたわけだ。

大正の終りごろ、このような商売は姿を消した。建物は今も残っており旅館“相生”が当時の面影を残している。」

(ただし昭和三十一年の住宅地図ではこの相生は確認できませんでした)

ちょうど新京極から盆屋がなくなる頃の記述がを『全国花街めぐり』で松川二郎が述べています。

「京極の裏町にはボン屋といふのがあって、まるで西鶴そのまゝであった。淡い蝋燭の光の中で、牛屋の女中や小料理屋の女中と出会うのである。

例のつかみ取りといふ奴で(六字伏字)である。

そこへは随分変った女が出入りしてゐた。善哉屋の小婢、芝居の中売り、洗濯女、煙草屋の娘、さういふ種類の女が五円くらいな金で。一番をかしかったのは鉦たたきの尼であった。

頭はぐりぐり坊主で、薄よごれのした布子を着て、白木綿の細ぐけをしめている。『町方はんどすか』なぞと云って汚れた歯を出して笑う女をみたら、大がいの人は深刻さに慄へあがるであろう。

家が一円、女は二円だった、無論泊りではない。」



by gionchoubu | 2019-08-29 11:29 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

宮川町の白人

f0347663_16430295.jpg
宝暦の大阪版『好色節用集』に載る泊人

以前も少し触れましたが、遊里における白人(伯人、珀人、泊人)について書いてみます。

宮本外骨の『猥褻風俗辞典』には

「今日の祗園、大阪の島ノ内、新地などに居りし私娼を言えり。元禄宝永(1688~1711)の頃より唱えしか。「白人、呂州」の名は『艶道通艦』および『俗枕草紙』などに出ず。公娼たる黒人に対して「しろうと」と言う字音に呼べるなり。

と有ります。『守貞謾稿』では「今は廓外上品妓の名となる。」

つまり、江戸期に於いて、京都の島原や大阪の新町の公許の遊郭以外の京、大阪の高級遊女ということになります。

さて、宮川町の白人について昭和32年10月26日の京都新聞夕刊の『都大路 宮川町通 町人のうさばらし しろうとの呼名・白人』の見出しで述べています。

是によると、元禄十六年、洛陽書林の岩田屋半七が書いた『傾城仕送大臣』に宮川町の名があり、白人と呼ばれる種類の遊女が居たことを物語っています。

元禄頃に

「問ひつ問はれつ隔てぬ中に、つらや聞んせ身のうさを、姉は白人、わしゃ茶屋つとめ、つぎの弟に陰間をさせて、父さま駕かき、かヽ臼ひきで、一の妹に立君させて、五條あたりの月見せて、よいのさんさ、はなればなれの憂きつとめ」

という余りに悲惨なものがあり有り、白人、茶屋娘、陰間も立君(路傍で客を引く最下層の遊女)と変らぬ貧家の娘であった事を歌っています。

古歌に「宵の間はえりあまさるる立君の、五条わたりの月ひとり見る」があり、五条の月が立君の枕詞のような関係にあったことを窺わせています。

高級遊女白人も、もと貧しい家の娘で十歳前後で売り飛ばされ、一人前になると同時に客をとらされました。

江戸中期までに、京都はすでに近代ブルジョアジー発展の中心地の一つで、巨額の富を得た商人は、何かと堅苦しい、大名などが客になる島原には行かず、宮川町、七条新地などで金に糸目をつけず、白人と遊んだのでしょう。



by gionchoubu | 2019-08-25 16:46 | 宮川町 | Comments(0)

宮川町 陰間茶屋

f0347663_13545774.jpg


コバルト文庫『少年舞妓・千代菊がゆく!』は主人公の美男子の中学生がひょんな事から舞妓として店出しをして座敷を務める、というBL(ボーイズラブ)タッチの人気ライトノベルで、作者の奈波はるか先生がその後、集英社オレンジ文庫で『幕末舞妓、なみ香の秘密』を執筆される時、幕末の祇園の時代考証でちょっぴり私がお手伝いしたことがあります。

このシリーズは何と54冊で完結しました。コアな読者なければ考えられない数字です。

BLは若い女子に人気のあるジャンルで、男性の立場からすると「どうして?どこに興味あるの?何故?何故?」と本当に理解できない分野だと思います。

さて、京都でBLの歴史は祇園というより、すぐ近くの宮川町にあり。昭和32年10月25日の京都新聞の『都大路』の「宮川町通」「草分けは芝居茶屋 ひっそりとした郭の中」を読むと

〜略〜

この道は徳川時代初期の寛文六年、一丁目が開通して以来、天保十二年に六丁目、寛延三年に二―五丁目と三段階にわかれて開通した。

それまでは鴨川原で、寛文八年この付近に護岸工事が行われ、石垣が築かれたことから東石垣(とうせき)町ともいわれた。

当時、この付近は鴨川原にあった芝居の掛小屋が常設のものと変り、四条通をはさんで南側に三座、北側に二座、縄手に一座が設けられ、京洛の人気をかっさらっていた。

徳川治政の基礎も固まり、太平の世を楽しむころだっただけにこの芝居小屋付近に芝居茶屋が出来た。

これが現在の宮川町の草分けである。しかしそのほとんどが陰間茶屋だった。出雲の阿国に始まった女歌舞伎が風紀を害すると幕府の命で禁止された後に起った若衆衆歌舞伎の若衆―十四、五歳の美少年が春を売ったものである。

女犯僧に対する幕府の厳罰主義から、僧侶でこれを楽しむ者が多かったが、一般にも寛政出版の「虚実柳巷方言」にもあるように

「小鳥飼いの粋人になりたるはいつでもウズラを飼い、傾城買いのさびつきたるは舞台子(大阪では若衆のことをこう呼んだ)を愛するものとお定りなり」と人気を集めていたようだ。

茶屋にはこれらの若衆たちの名を書き並べら行灯がつるされていた。そして、彼らは時には島田で大振袖、とき色のケ出し、黒塗りのゲタの女装で茶屋にあがり、また、時には黒紋付振袖か詰袖にハカマを着け大小を差した小姓にふんすることもあった。

若衆がどんなものであったかは西鶴の「置土産」に仮の名で作られた差紙を見ればあきらかになる。

一、 花山廉之助 年十四 色白にして目付よく嘉太夫節語り申し候。

一、 浅草勘九郎 年十七 物いい比の以前鈴木平八生写しに候。

一、 雪山松之助 年十九 野良也、座に付きたる所、本子に取り違える程に候。

しかし、彼らも風紀を乱すとの理由で天保の改革で禁止された。これらにともない宮川町からも若衆の姿は消えた。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

此の歴史を見ると、舞妓に扮した美少年は別に有り得ぬ話・・・でなないようです。


f0347663_16382019.jpg



by gionchoubu | 2019-08-22 13:55 | 宮川町 | Comments(0)

島原遊廓ぞめき 二人司町


f0347663_12081716.jpg



市バス島原口で下車、花屋町を東に行くと、島原大門の手前南側に二人司(ににんつかさ)町があります。

昭和32年7月16日の京都新聞夕刊、『都大路 花屋町通 島原にも時代の波 古さ伝える七不思議』に由来が載っていましたので紹介させて頂きます。

〜略〜

“島原の凧みて立つや畑の人” 太祇

“島原や畑の月に猫の恋” 虚子

“島原や二階明くれば鳴く雲雀” 薫風郎

こんな句があるように、郭が栄えて後も長く周囲は一面の田んぼで、春は菜種の花ざかりに蝶が舞う、夏は早苗の緑に蛙の声と、野趣すて難いものがあった。

角屋の青の間に、当時にしては珍しいバルコニーがあるのも西山へかけてのこの見晴しを賞でるためだったろうという。

「遠い昔のことやおへん。あてらの子供の時分もまだ、ぐるりは田んぼで、暗うてよう足をつっこんだもんどす。

明治も末から開けて来たんやと覚えてます。

ぐるり一帯が元うちの地所どしたが、二人司町という処がおっしゃろう。あの辺はもと遊女の死体を埋めたというとこやそうで、大正年間に家を建てるので掘り返したら、がい骨がごろごろ出て来たもんどっせ。

そやから人魂が出たなんのというて物騒なもんどしたんや、この一帯はなあ」

郭に程近い櫛笥通花屋町上ルに先祖代々住む南谷万之助(七八)氏は、以前の島原界隈をこう語っている。

二人司町というのは、大門を出て東南にあたる処の町名だが、元は非人塚とも二人塚ともいったもので、いずれにしても、うんと下級の遊女が、人間扱いされず、身元もわからぬまま葬られたことからこの名が起ったという。

郭が開けたころは、外回りには土塀を築き、堀がめぐらしてあった。これも遊女が郭ぬけするのを防ぐためのものだった。

今は片りんさえもなく、周囲はぎっしりと町家が接し、非人塚の跡もさっぱりとしたものだが、所せんは苦界。こんな残酷さに似たことが皆無だとはいいきれないのではなかろうか。

古き良きを伝える角屋や太夫は保存したいと思うが、新しい時代の風は、もはや、過去の島原の存在を許さない。

二つの矛盾した思いが、心に重く沈んだ、今日の島原であった。(和田さく記載)

題字は角屋十三世当主中川徳右衛門氏


f0347663_12091347.jpg
『色道大鏡』藤本箕三の抻郭野佳之図にも二人塚として地図に載っています。

f0347663_12084073.jpg
この題字は角屋十三世当主中川徳右衛門氏


by gionchoubu | 2019-08-17 12:09 | 島原遊郭 | Comments(0)

伊丹新地 

f0347663_11423662.jpg
                       旧伊丹新地

神戸新聞阪神版 昭和33年3月23日より

『いさぎよく解散 伊丹新地』『一斉に消えた赤い灯 11軒がお座敷サロンに』

伊丹市北村竹ノ鼻、伊丹新地特飲街の新地組合(KT組合長、業者十七軒)は二十二日午前十一時から同組合事務所で保健所、警察、自衛隊幹部、市福祉事務所長ら関係者を招いて新地解散式を行った。

K組合長から「解散には多少の不満もあるがやむを得ない。この営業で生活してきた業者は土地的に悪条件で、生活権の確保については現在の設備をしばらくこのまま利用して転業したい。

一日も早く完全な転業できるよう資金融資などのあっせんに協力してほしい」

との解散声明発表、つづいて従業婦ばかりの組合生援会(会長OKさん)からもあいさつがあって、ここに伊丹新地は赤いネオンも消え、全店が営業を停止、組合も解散した。

同新地は二十五年伊丹市に自衛隊(当時は警察予備隊)が設置され、隊員の慰安所がぜひ必要だという要望から市内に散在していた四業者を二十七年四月に現在の新地(元工場跡)に統合、神戸福原、大阪飛田の業者らも誘致して十三軒で発足、現在は十七軒、八十人の従業婦を抱えているが、営業的にも最高の景気だった二十九年から三十年には従業婦も百二十人にふえ不夜城を築いていた。

なお転業については十七業者のうち四軒が旅館、十一軒がお座敷サロン、一軒が下宿、一軒が廃業を希望している。

K組合長の話

「従業婦八十人のうち五十人が郷里へ、二十人が結婚するが、残る十人は帰るところもないので、二、三人は面倒をみてやらねばならぬ。

その収入の道も考えてやらねばいけない。家に仕送りしていないものなら平均五、六万円は預金しているが、嫁入り資金にするほどでもない。

また業者も新地創設当時に銀行融資を受けているので各戸がまだ二、三十万の負債を持っている。

せめても従業婦が再び身を持ち崩さないよう政府でも十分な保障をしてほしいものだ。

二十二日以後のモグリ業者については組合同士が互いにケン制、自主的に取締って行きたい。

私は転業についてタクシー会社の創設を希望していたが却下されたので、お座敷サロンをするつもりだ。」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

すこし前このブログで伊丹新地は青線と書きましたが、この記事をみて伊丹新地は特飲街と新聞で銘記されていますので、赤線であったことが分かりました。

また現在の公設市場が北本町3丁目50番は町名変更以前は竹ノ鼻68の1であった事をことば館の方に調べていただき、工場跡→伊丹新地→公設市場の歴史をもったことも確定することができました。



by gionchoubu | 2019-08-12 11:45 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)

枚方の遊廓 TSUTAYA

f0347663_11263406.jpg

      貸座敷数    娼妓
明治12年  39軒    87人
  17年  31     37
  22年  23     28
  27年  34     56
  32年  33     44
  37年  31     32
  42年  20     33
大正 3年  33     32
   8年  35     49
昭和 4年  35    108
   9年  35    123  
  14年  35    165

貸座敷の数は時代をまたいで似たような数字が並びますが、娼妓数は昭和に入って激増しています。

大正三年三月には廓の芸妓によって第一回の万年踊りが始まりました。又、京阪電鉄の経営に係る枚方菊人形開館中、同廓芸妓中による枚方菊踊りを催しました。
  
昭和五年発行『全国遊廓案内』によると貸座敷は三十五軒、娼妓は百十人、店は陰店、娼妓は送り込みですが居稼ぎもいました。廻しは取りません。

妓楼として挙げられたのが、鶴の家、茂壽屋、大芳、東河内屋、玉芳、華屋、奥野楼、丸伊、花月、竹の家、馬野、上田屋、津の国屋、西松月、松屋でした。

昭和30年刊行、渡辺寛著『全国女性街ガイド』によると、

「昔の宿場で三十六軒に百八名、どっしりとした家並の、黴くさいのれんの間から客を呼んでいる。

十時から八百円なんて安い里だが、橋本に次いで、遊び慣れた四十男が好んで行くところ。

その逆手をとり、若いものが行くとモテる。枚方新地という。」

枚方桜新地で特筆すべきは、多くの人が毎日お世話になっている物が、桜新地由来となっている事です。

ティーポイントカードの発行元TSUTAYAのつたやは桜新地の貸座敷蔦谷のご主人がルーツとなっています。

f0347663_11265720.jpg



by gionchoubu | 2019-08-09 11:30 | 亡くなった大阪の游所 | Comments(0)

祇園会 ねりもの


f0347663_14455367.jpg

8月6日の朝日新聞デジタルのカルチャー、ひと・歴史

『一夜限りぜいたく仮装もうひとつの祇園祭(ねりもの)とは』

で私の取り組みを載せて頂いたのでご照覧くださいませ。(途中から有料です。)


https://digital.asahi.com/articles/ASM7Y049QM7XPLZB026.html
by gionchoubu | 2019-08-07 14:47 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

枚方の遊廓 桜新地

f0347663_16485018.jpg
                   以前に撮らせていただいたもの。現在はありません。

明治五年政府により遊女解放令が出されると、堺県では遊女の自由営業を認めると共に、お茶屋や席貸業の許可地は堺の新地と乳守と枚方の三箇所に限られました。

枚方宿の遊所は明治六年泊茶屋の名称を廃され、以来席貸遊妓の免許地となって継続しました。

泊茶屋は大阪独自の制度で天保の改革の際、公許地の旅籠屋に泊茶屋の名称を与えた事に由来しています。

明治九年、枚方遊廓の貸席業者は五十三軒でそのうち三矢(34軒)泥町(15)で売妓もこの二箇所で95%をしめ、女の年令は十五〜十九歳が最も多く56,7%でした。

明治十年、これまでの純粋芸妓と売妓を売妓と総括改称しました。

構成する四村全体が免許区域であった枚方宿は風紀上の問題や町民の要請もあり、明治の中ごろ泥町は貸座敷者多数を占め殆ど遊女町と変らぬ様相になり、掛行燈の灯の入る頃より次第に誘客の往来繁く、正に不夜城の観を呈していました。

明治四十一年三月十四日大阪府告示第六十六号を以って枚方大字三矢の堤防を開拓して邸地となして桜新地と名づけ、大字三矢、同泥町、同岡、同新岡に散在していた貸座敷免許地を、同四十一年九月三十日限り廃止すべき旨を告示しました。

結局、貸座敷の建設は此の期間中に出来ず、同四十二年四月三十日まで延期されました。

移転当時貸座敷二十軒、娼妓三十三人、芸妓二十と規模が縮小した事が分かります。

大正八年ころには、煙草屋、人力車帳場、料理仕出屋、寿司屋、うどん屋と遊廓事務所(検番)はある歓楽街でした。

参照:『枚方市史』:(旧)『枚方市史』:『日本遊里史』上村行彰著:『新版 郷土枚方の歴史』枚方市編修委員会


f0347663_16491493.jpg
                       この風景も今はみれません。


by gionchoubu | 2019-08-06 16:54 | 亡くなった大阪の游所 | Comments(2)

枚方の遊郭 鍵屋

f0347663_11445086.jpg
                      河内名所図会 枚方駅

淀宿と守口宿の中間にあった枚方宿は岡新町から、泥町村の南端まで十三町十七軒、京阪枚方駅から枚方公園駅までおよそ1、5キロと非常に長い宿場町でした。

宿場の経営は、今で言う補助金が出る場合もありましたが、基本宿場維持は宿場側の持ち出しであり、公用の貨客輸送の任を帯びた枚方宿の財政維持は困難を極めました。さらに、枚方宿は京街道を通る紀州、泉州の大名行列や長崎奉行の往来もあり、財政を圧迫しました。

幕府は宿場運営にお金は出さない代わりに、飯盛女の名で遊女を黙認しました。

宿場維持の為飯盛女が消耗品として酷使されるという図式は容易に想像されます。

枚方宿の四村の一つである三矢村では文政十三年から元冶元年の三十三年間で三十四件の飯盛女死亡の記録があります。これは史料に恵まれた事例とされ、枚方宿の飯盛女全体ではいったい何人亡くなっていたのか分かりません。

さらに遊廓につきものの心中事件も以上に多いのが枚方宿の特徴と。宝暦五年より文政十年まで六件の心中事件の記録があります。

享保七年大賀越前守は幕府の方針として心中御法度のお触れだし、心中という言葉すら相対死という言葉を充て重犯罪としました。

明和二年四月十八日、伊八女郎・中振村新七の心中があり、男は死そんじ、女は埋められました。その後八月六日、新七は打ち首、女郎は掘り起こされ、二人とも晒されたほど厳しいものでした。

諸国遊所競には、最下段であるものの、かはち、ひら方で顔を出しています。

もう一つ、枚方は水路交通の要所として、三十石船が昼夜別なく行きかったことで、枚方付近にくると、くらわんか船という小船がこぎ寄せて、河内弁で「餅くらわんか、酒くらわんか」と物を売りつけにきました。

客が拒絶反応をしめすと、汚い言葉でののしり、三十石船の苫を手荒く引き上げ、寝てい客を驚かせしましたが、天下の特権としてお咎めは無かったそうです。

現在も残る鍵屋のある三矢村堤町一帯は弦歌さざめく歓楽の地で「淀川三十石船唄」に

√ここはどこじゃと 船頭衆に問えば

ここは枚方鍵屋浦

鍵屋浦には 碇はいらぬ

三味や太鼓で 船止める


『宿場町』芳賀登著:『枚方市史』:『新版 郷土枚方の歴史』

f0347663_11462324.jpg
                         鍵屋
f0347663_11472830.jpg
f0347663_11475408.jpg
中は博物館になっており、くらわんか船の再現など見所満載でした。


by gionchoubu | 2019-08-01 11:48 | 亡くなった大阪の游所 | Comments(0)