花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
遊廓、花街の類形
京都の花街・遊廓
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

花街ぞめき様へ 元..
by narahimuro at 18:15
> narahimuro..
by gionchoubu at 14:16
> あきさん コメ..
by gionchoubu at 14:51
本当に詳しく、有難うござ..
by あき at 21:27
花街ぞめき様へ 元林院..
by narahimuro at 22:47
> やまねさん し..
by gionchoubu at 12:40
河原町四条の蝶類図鑑は常..
by やまね at 11:23
> やまねさん そうで..
by gionchoubu at 12:36
ちなみに プログレががん..
by やまね at 22:56
> kwc_photoさ..
by gionchoubu at 10:35

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

花街 元林院ぞめき 三
at 2018-12-09 12:56
花街、元林院ぞめき 二
at 2018-12-06 12:58
上七軒 大文字 勝奈さん その四
at 2018-12-05 12:24
花街 元林院ぞめき 一
at 2018-12-02 17:25
大和郡山 洞泉寺遊廓ぞめき 三
at 2018-11-28 12:34

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

まいまい京都 輪違屋コース その二

f0347663_14334992.jpg
                     如月太夫、太夫道中

昭和28年4月19日の京都新聞夕刊に『艶麗、島原太夫道中』という記事がのり、冒頭のみを紹介させて頂くと、

「京名物の一つ島原太夫の道中が今年も、四月二十一日同郭で行われ一般の鑑賞に供することとなったが、この行列は島原がこの地に移されてからおよそ三百年、その間の歌奴たちの風俗の移り変わりを示すもので結髪、服具の着装などを各時代の風俗画家の著作等により新しく考証、江戸時代初めのものを除いては衣服その他ほとんど全部その時代の実物遺品を使用したところにこの時代風俗絵巻の特徴がある」

そして4月22日の京都新聞に『艶麗絵巻 島原の太夫道中』の記事が載りました。

「京の春の年中行事の一ツ島原の太夫道中は二十一日午後三時から花曇りの空のもと可愛い、子供の如く花車を先頭に行列は組合事務所を出発寛永、正保時代から年代順に文化文政、明治、現代と移り玉袖、九重、美吉野、光扇、春日、君太夫と禿、引舟を従えて八文字を踏みながら曲輪の中を練り歩き約一時間に渡り古典艶麗な風俗絵巻をくり展げて同四時過ぎ道中を終わった。

昔にかえって無料公開というのが効いたのか数万の人が押しかけ道中開始二時間前に大門を閉じるという盛況であった=写真・八文字で練る美吉野太夫」

さて、二月二十五日(日)第四回目まいまい京都『輪違屋コース』で20人の参加者の方をお連れしました。まいまい京都のスタッフは第一回からお世話おかけしている門川さんと、先斗町コースで一緒が多い阿比留(あびる)さんなので、最後まで順調そのもの、参加者の方々もご満足いただけたと確信しています。

いつもの様に、邸内で如月太夫に太夫道中の内八文字を踏んでいただいたのですが、高橋利樹、十代目輪違屋御当主から、ほぼ全てを島原を参考に遊郭を立ち上げた吉原に対し、島原の大門(オオモン)を吉原ではオオモンの言葉を控えさせダイモンと呼ばせた事、さらに島原では内八文字の歩き方を吉原では踏むのを許可しなかったので花魁は外八文字になったと教えていただきました。

前回では、島原太夫は内八文字で歩くとき決して横を見ず、真っ直ぐ前を向き
進むのに対し吉原の花魁はお馴染みさんなどに横を向いて挨拶しても良かったと、お話されていました。

まいまい京都の輪違屋コースは私にとっても勉強になるコースなのです。

f0347663_14340845.jpg
f0347663_14345267.jpg
f0347663_14351889.jpg
f0347663_14355075.jpg
f0347663_14360716.jpg


by gionchoubu | 2018-02-27 14:41 | 島原、輪違屋太夫 賛姿語録 | Comments(0)

京都パンパン赤線時代 六十三

f0347663_14334079.jpg
                        白浜

昭和27年 12月23日 夕刊

『温泉へ連れ出し裸ショー』
『貧困家庭の娘使いシルを吸う一味』

堀川署では西ノ京付近に住む貧困家庭の子女を和歌山県白浜の温泉町に連れ出して、白昼、海岸あるいは旅館の密室でストリップを演じさせるやら、ヌード写真を撮影するなどして遊覧客の興を?いているもののある事を聞込み、捜査の結果和歌山県白浜町三幸通写真業OH(55)中京区西ノ京伯楽町十四無職NR(37)同区同笠殿町無職IS(60)同区同町ダ菓子商FT(58)同区同町無職SY(65)らを公然ワイセツ並びに職安法各容疑で身柄不拘束のまま取調べている。

去る九月上旬、NRがIS、FT、SYらの口利きでOHに中京区西ノ京某町A子(17)をストリッパーとして紹介、白浜温泉を訪れる遊覧客に一回二十分位二百―三百円の料金をとり、ストリップを演じさせ好評を博したのに味をしめ、同区同町B子(15)C子(17)などを同温泉に送り、前後三十回四百余人に上る遊覧客に裸ショー、ヌード写真などをとらしていたもので、これらの女の子達は一日五百円位もらっただけで、ボロいもうけはブローカ達が摂取していた疑い。

昭和28年1月8日 京都新聞 夕刊

『どん底の少女しぼる 花街に世話、周旋料かせぎ』

六日堀川署では中京区西ノ京平町測量士NI(24)を職安法違反容疑で身柄不拘束のまま取調べている。同人は去る十二月上旬同区西ノ京笠殿町無職前田よし子(18)石川とし子(16)―いずれも仮名―が和歌山県白浜温泉にストリッパーとして売りこまれたことが堀川署の知るところとなって親もとへ連れもどされ、近ごろではその日の暮らしにも困っているのをききこみ、金になる途を探してやろうと去る二十四日両人を上京区仁和寺街道六軒町下ル五番町松竹楼へ一人五千円の前借で接客婦に売りこみ周旋料として四千円を受取っていた疑い。

昭和28年1月14日 京都新聞夕刊

『紅燈へ売込む 職求む娘さんに魔手 寸前失敗』

十三日九条署では下京区鴨川筋六軒下ル貸席業MJ(38)中京区壬生下溝町五条クツ商TK(55)下京区西九条針小路町六仲居MT(49)らを職安法違反容疑で身柄不拘束のまま調べている。

去る十二月五日ごろ下京区八条某町下松トン子さん(17)−仮名―はが顔見知りの下京区東九条岩本町西町無職吉田某(43)逃走中―を訪れ、働き口を頼んだところかねてTKから頼まれていた吉田は“舞妓”に世話しようと言葉巧みに同女をいいくるめ、翌六日夜MTとの間に一万円で売込む話を結び、七条新町へトン子さんを連れ込み客をとらせようとしたが、話の違うのに気付いた同女は機をみて裏口から飛出し自宅に逃げ帰ったため危ういところで難を免れたもので付近住民の投書から九条署が探知したもの。
f0347663_14343183.jpg
白浜、当時を彷彿させる一帯


by gionchoubu | 2018-02-26 14:34 | パンパン、赤線 | Comments(0)

京都パンパン赤線時代 六十二

f0347663_14372385.jpg
                     かつての中書島花街の風景

昭和28年12月22日 京都新聞

『V・Dパトロール同行記』

師走の街に『夜の女』を追って

ホテルで

車がカードを持たぬ女達で一ぱいになると病院に送った上でまた街へ引返す。
女は京都ばかりでない。大津や大阪、宝塚からも流れてきている。

ミヤコとステーションの二つのホテルはGIが泊るので女の出入りが多い。ホテルのデスクでパンパンを連れ込んだGIの部屋番号を調べるのだ。その間にも女を連れて帰ってくるGIは多い。

その度に検診カードを調べるが、ホテルに入ったとたんにカードなしと判ってジープへ乗せられる女を離そうとせぬGIには一同大弱りだ。

課長とC軍曹が交互になだめても一にきき入れず、遂に電話までするさわぎ、“カードをもって女の人は出てきてください”と英語で呼びかける。

カギのかかった部屋はなかなかあける気配もない。やっと開いて半裸のGIがビックリ顔をだすのもあれば、またかといった風にカードをさし出す練乱れ姿の女もある。

午前零時をすぎると声をかけたぐらいでは起きないからドアをたたくのにもつい力が入る。“今夜はじめてなのでカードなんてもってません”という女もあり結局両方のホテルでキャッチされた女は九人。

時間はもう一時半すぎ。ホテルを出ると京の底冷えが身にしみる。

平安病院

キャッチは週に一度の割りであるが、午後七時から翌日の二時、三時ごろまでかかるという重労働だ。

享楽の最中をたたき起こし、ドアをあけるまで外で待っているなんて、考えてみればダテや酔興でできるものじゃなかろう。集った女性の検査を終えるころに疲れがドッと出てきた。

ストーヴにあたりながら彼女達と語り合う。写真を撮られて平気なのはもう世をすねた?感じ。サッとオーヴァーで顔を隠すのは近所の人に内緒か家を飛び出し親に内緒の娘さん達だろう。

早く帰りたいと泣くのは家に家族が帰りを待ちわびている境遇だろうか、“あなたの健康のためにもなるのだから・・・”と説いてきかせるのに泣きじゃくりながらうなずいていた。

“少なくとも月に五万円ぐらいの実収入になるのでしょうね。女ひとりで食ってゆけぬ世の中が続く限りあの人達はなくなりませんよ”と矢野課長のシンミリ語る口はいかにも重かった。




by gionchoubu | 2018-02-17 14:43 | パンパン、赤線 | Comments(0)

京都パンパン赤線時代 六十一

f0347663_14074985.jpg
                       中書島 新地湯

昭和12年12月22日 京都新聞

『V・Dパトロール同行記』

『秘路も調査ずみ』『寝乱れ姿で“はいカード”』

旧式の中型ジープが破けたホロをバタバタいわせながら夜の街を行く。古びた緑の車体にドロがこびりついた代物だが、これを見たらポン引やパンパン嬢が一せいに姿を消してしまう。

彼女らの仲間ではだれ知らぬ者のないV・D・パトロール・カーだ。府衛生部の矢野予防課長以下職員が四、五人オーバーにくるまっている。

夜の女達の間から性病患者を一掃するのが仕事だ。記者は一夜そのV・D・パトロールに同行してその活動をながめた。

出発まで 府の予防課員には性病予防吏員の資格が与えられる。街の流しパンパンは市警でも取締れるが家屋内に立入権があるのはこの予防吏員だけだ。

相手は駐留軍が多いので、衛生担当のC軍曹が同行してGIの方のカタをつけてくれる。行動は絶対に秘密だ。業者の間にはチャンと情報網ができているからだ。

伏見へ!

伏見には駐留軍相手が多い。赤いカーテンを張り、部屋いっぱいのダブル・ベッドには派手な毛布がかかっている等おきまりの装飾だがやはりなまめかしいものだ。

このあたりはオンリーが多い“今晩はこちらは女の人三人でしたね”と声をかけると、トントンと階段を降りてくるのはシュミーズ一枚の女。上からはジャズが聞えGIらしい男の声もする。

“予防課ですがカードをみせて下さい”もうなれたもので係員とは顔なじみだ。写真をはった小さなカードには平安病院でペニシリンをうってもらった日付が記入されている。

一週間以内ならOKだが、それ以上だと病院に入らねばならぬ。ペニシリンの効果は一週間だからだ。

松原付近

日本人相手のパンパン宿には逃げ道がある。玄関から入ったらもう秘密の通路も調べがついている。二手に分かれて戸をあけるのだ。

カードを持たぬ女に説明して同行を求めるのに一苦労する時もある。事をあらたてぬのが矢野課長の方針で半時間でも一時間でも説得を続ける。病院ではパンパンを常習していると判ればカードを渡す。

週に一度検査を受けていればキャッチにあっても平気で商売できる。最近では彼女達の七割までがカードを持っているそうだ。

平安病院には毎日約八十人が注射を受けにくるから既に五百人ぐらいが登録ずみという事になる。


by gionchoubu | 2018-02-13 14:09 | パンパン、赤線 | Comments(0)

亀岡の花街 芸者スト 余波再燃

f0347663_11282418.jpg
          当時の検番理事長は楽々荘のご主人

昭和三十年九月十二日京都新聞夕刊

『亀岡芸者ストの余波再燃 雇仲居をボイコット 人権擁護委も乗り出す』

全国でも珍しい争議として注目された亀岡芸者二十数人の一斉ストは去る七月円満解決をみたが、その後スト当時のリーダー格五人が就業をボイコットされ、このため「何とか自活の道を」と考えた当の芸者が雇仲居を始めたところ、再び料理業者から“就業締出し”をくらい“ダブル・ボイコット事件”として注目を集め、遂に人権擁護に乗り出した。

この芸者争議は去る七月一日から花代の分率引上げ、待遇改善などを要求して一斉ストに突入、九日目に木村亀岡市会議会議長のあっせんで解決したが、同月中旬に開かれた置屋六軒、料理屋十二軒による新検番発足の経営者会の席上、同月十五日から平常通り就業させるが、スト当時のリーダー格の山本たに、白石はな、森田ちよ、山本福子、松本久子の五人はカ業させない旨の申し合わせを行った。

このため五人は事実上芸者廃業で自活の道をふさがれたため、八月二十五日五人が中心となって花代もチップ制に切りかえて芸者の半額程度とし、雇仲居を開業した。しかしこれに対しても料理業者の態度は相変らず冷淡でとくに市内五料理業者は絶対カ業を許さぬという強硬態度でたとえ客と同伴で来た場合でも客と同じ料理を出して仲居として認めないなどのいやがらせをするなど、完全なダブル・ボイコットを行っており、雇仲居に同情してカ業させた某料理屋業主は「規則を破った。それでも男か」とツルシ上げられた例もある。

このため五人の仲居さんは「このままでは干上がってしまう」とふんがい、一方事態を重視した京都地方法務局支部の人権擁護調査員も“労働権に対する侵害”“差別待遇”の両面から本格的な調査に乗り出し、すでに二、三の料理業種、三人の仲居さんから事情を聴取しており、近日中に結論を出すもようである。

しかし業者、仲居双方が感情的に対立を続けているので、このままでは早期解決は望み薄とみられている。

検番理事長中田正平氏(楽々荘経営者)の話

われわれ業者の考えは間違っていない。こちらが人権擁護をしてもらいたい位だ。スト当時の責任上、非は雇仲居の方にある。人権擁護調査員の方でもわれわれ全業種の意見を聴いてほしい。

雇仲居奥田ちよさんの話

私たちの最後の生計の道まで封じてしまうのはひどすぎます。業主や芸者さんに道であっても口一つ聞いてもらえず、まるで罪人扱いです。

京都法務局村田園部支局長の話

今の段階は調査半ばで何ともいえない。早急に各方面の調査をして結論を出したいが、何とか円満解決に持って行きたい。場合によっては行政勧告もありうる。






by gionchoubu | 2018-02-07 11:37 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

亀岡の花街 芸者スト 後半

f0347663_12361360.jpg
                  昭和三十年七月六日の京都新聞の夕刊

前回の新聞の見出しで“さりとは辛い”とあったのは、以前遊郭で起きた事件(諸説あり)で流行った歌の文句から来ています。これを東雲節といい

自由廃業で廓は出たが
 ソレカラ、ナントショ
行き場がないので屑拾い
 ウカレメのストライキ
サリトハ、ツライネ
テナコトオッシャイマシタカネ

が由来となっています。

昭和三十年七月六日の京都新聞の夕刊に『悩ましきスト』の記事が載ります。

「“お座敷スト”といってもなやましいアレではない。(注・お座敷ストリップの事)“待遇改善”“花代据置反対”の赤い気えんをあげている亀岡芸者組合のスト。“東雲のストライキ”を地で行く素顔のストだ。昨年綾部の芸者ストで取引停止となり“労働者”側が惨敗した実例もあるので彼女達は真剣。商売道具のお座敷着を売るぐらいは初めから覚悟の上とか、悲壮なものだ。」

そして前回載せた新聞記事となります。その後のなりゆきは

七月八日の夕刊で

『転籍認めよ 亀岡芸者ストさらに複雑化』

「花代引上げなどを要求して一斉休業を続けている亀岡芸者組合問題は木村同市会議長が調停あっせんを行っているが、六日行われた置屋組合側の
*芸者組合長を各種会議に出席させ発言を認める。ただ新組織の検番への加入などは認めない
*花代手取り二十二円は二十三円に引上げるが、現在行っている温習会天引き積立(一本につき一円)は中止するなどの回答に対し、芸者組合側は誠意が認められぬとして、

さらに七日

* 花代手取り二十三円は認めるが温習会積立は続けて欲しい
* 新組合の置屋組合の店借料月五百円は承服できぬ
* 置屋間の転籍を認めて欲しい

と要求、事態はますます複雑悪化してきた。なお組合では一斉休業に行動をともにしなかった四人の芸者を同日除名処分に付した。」

そしてとうとう七月十日の新聞で

『芸者スト解決 認められた花代値上げ』

「さる一日以来人権擁護、花代分率の引上げなどを置屋組合に要求して一斉休業を続けていた亀岡芸者組合全員二十三人(うち四人不参加)は亀岡市会議長に調停方を依頼、五日以来同氏は両者の間に立って調停をすすめていたが、九日午後一時から検番で木村氏、置屋、芸者に大槻市長も顔を出して

芸者側要求の花代普通一本六十円の手取り二十二円を二十四円に引上げてほしいに対し二十三円とするほか、転籍は自由に認めて欲しい、十六ヶ月以上、他に移っていたものは認めるなどの最後的回答を、近く発行する新検番設立準備委員長中田正平氏が行った。

これに対し芸者組合側では要求の大半が通ったのでこれを了承し円満解決した。」

今回の一連の事件経過報道でで、図らずも亀岡花街における検番の確認、芸者はお茶屋でなく主に料亭に入っていた事、さらに芸者組合の存在確認、温習会まで催していたことが分かりました。



by gionchoubu | 2018-02-04 12:40 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

亀岡の花街 芸者スト 前半

f0347663_11344078.jpg
                 写真はロウ城をつづける芸者たち

昭和三十年七月七日の京都新聞

『紅いスト・亀岡版』『晴着売っても』『さりとは辛いロウ城戦』

「みなさん。さきほど料理組合の方から“余り我をはらずこの辺で・・・”と言ってきましたが、私達はあくまで初志貫徹のため闘うべきだと思いますが」

「異議なし」「当り前ですワ」盛んな拍手と黄色い声援が飛ぶ。去る一日から三味を捨て、お座敷着を脱いで無期限ストに突入した亀岡芸者組合(山本たに組合長、組合員二十三人)の組合大会風景だ。

スト大流行の世の中だが、芸者ストは福岡、金沢、綾部について全国四番目という。

これは「待遇改善、花代据置反対」などの要求項目のかげにひそんでいる“人権無視への闘い”と置屋女主人との“感情的対立”をはらんだ「東雲(しののめ)のストライキ亀岡版」―。

ことの起こりは亀岡市置屋組合(加盟店六軒、内田庄太郎組合長)が一日から検番を料理業組合(加盟十二軒、中田正平組合長)との共同経営とし、花代を一時間三本(百八十円)から四本(二百四十円)にしたが、芸者の手取りは手数料等差引かれて一時間十七円十銭と据置かれた事から日頃の不満が爆発した。

ネエさん達は一日朝置屋組合に

1、芸者の手取りを花代の値上げと同率の約二割五分引上げよ
2、組合員を検番に参加させよ
3、検番行事はあらかじめ組合員と話合え
4、組合員の慰安行事をせよ、

等の要求書をつきつけ山本組合長宅にロウ城

1、 料理業者と置屋業者が共同経営する検番に業者でない芸者は加わることは考えられぬが協議してみる
2、 検番会議に芸者の列席と発言権は認めるが議決権はない
3、 花代は有利になるよう考慮する
4、 慰安会は用意しているとの回答を受けた。

しかし置屋を飛び出しわずかな見回り品と毛布などを持ち込んでロウ城までした強硬態度のうちにはもっと深刻な生活がひそみ、女の感情問題も顔をのぞかせているようだ。

置屋では六畳一間で月千五百円の間代それに食費三千円、雑費などを含めて月五千円を支払っている。しかも大ていお座敷で食事をするので食費の負担は痛い。

一方手取り平均一万円前後という。いくら田舎芸者でも衣装は商売柄だけにチャチなものは着られず、パーマ代、履物、化粧品と数えれば月五千円では切り回せるハズがない。

しかも組合員の大半が子供や老いた両親をかかえた一家の大黒柱。「お座敷着を売ってでも要求が通るまでがん張らなくては」という悲壮な決意もうなずける。

更に内田置屋組合長を除いて五軒の置屋は女主人、ちょっと不平をいおうものなら「文句があるなら出てお行きっ」といったあんばいでこんどのストもこの大家と店子的な潜在感情が無意識のうちにつもった結果の現れだと見る向きもある。

交渉は二日正午物別れとなったまま具体的な話合いは行われておらず五日夜木村亀岡市会議長があっ旋に入ったが芸者側は初志貫徹まではと依然強腰だ。

置屋組合側の回答書で「これに不満なら亀岡芸者を入れ替えることも考えている」とのクギが一本さされているのに対し「イザとなれば引き払って京都市内にでもいきますわ」の覚悟の程を示してはいるが、ひいき客や料亭に迷惑をかけているのが気がかりだとさすが人気商売だけに悩みもちょっぴり。

このストが果して置屋側に猛省をうながす機縁になるかわどうかは別にして、ハデで陽気な芸者家業もストをやらねば食えぬ時世―“さりとは辛いネ”の名文句がしみじみ胸をつく。



by gionchoubu | 2018-02-01 11:35 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)