花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
遊廓、花街の類形
京都の花街・遊廓
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

花街ぞめき様へ 元..
by narahimuro at 18:15
> narahimuro..
by gionchoubu at 14:16
> あきさん コメ..
by gionchoubu at 14:51
本当に詳しく、有難うござ..
by あき at 21:27
花街ぞめき様へ 元林院..
by narahimuro at 22:47
> やまねさん し..
by gionchoubu at 12:40
河原町四条の蝶類図鑑は常..
by やまね at 11:23
> やまねさん そうで..
by gionchoubu at 12:36
ちなみに プログレががん..
by やまね at 22:56
> kwc_photoさ..
by gionchoubu at 10:35

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

花街 元林院ぞめき 三
at 2018-12-09 12:56
花街、元林院ぞめき 二
at 2018-12-06 12:58
上七軒 大文字 勝奈さん その四
at 2018-12-05 12:24
花街 元林院ぞめき 一
at 2018-12-02 17:25
大和郡山 洞泉寺遊廓ぞめき 三
at 2018-11-28 12:34

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五条楽園ぞめき その二十一

f0347663_12402624.jpg
もう一度灯りをともして見たい・・・

つい先日(平成28年10月19日)の京都新聞の朝刊の地域プラスに『旧花街(京都市下京区・菊浜学区)“お茶屋情緒で活気再び”の記事が載りました。

菊浜学区はおよそ「北は五条通り、南は旧柳原村の各町、東は鴨川、西は北方が河原町通、南方が土手町通にわたる旧学区」『京都市の地名』とあり、ほぼかつての五条新地・六条新地・七条新地を併せた領域になります。

記事によれば、10月1日の推計人口は1278世帯1883人、大正から昭和初期に建てられた、お茶屋の意匠を凝らした木造の建物が今も多数残るとあります。
2011年にお茶屋組合が解散して、街の明かりが一度は消えかけたが、景観に引かれて観光客が訪れるようになりました、ともあります。

私の印象では、解散以前は、昼でも地元の方以外、そうそう気軽に立ち寄れる感じでは無く、徐にカメラを構える雰囲気も有りませんでした。

現在は、景観に引かれて人が集まるというより、新しい若い方が住みはじめたり、通勤路として使ったり、特にこの一年は民泊の外国人が大変増えたと思います。

記事には1958年に戦前から続いた遊廓が廃止された、と書かれていますが、実際には1946年に日本国内の総ての遊廓は廃止されました。ただし旧遊廓地帯での売春に罰則は無いという、所謂赤線地帯の通称で、旧七条新地地域として1958年まで営業を続けたのです。

売防法が実施された後、七条新地は新たに五条楽園の名で2011年まで営業を続けました。

この売防法直前の七条新地の様子を、錦織綱男著『遊女と街娼』で

“居かせぎ制の七条新地は時間で四百円、泊りは千円平均。組合費、衛生保険費などで三万円程度の収入となるわけである。「転業しろといったって、これぐらいのサラリーを出す会社ある?」と彼女達は業者の意を含んで白い歯を見せる。その上、府警本部の調査だと、前借金は彼女達の八割が持っており、最高十一年万円から最低二万円、平均して五万二千円といったところ。前借金を持っていない女も四00名ほどいるが、足を洗うところまで決心つかないのは、この収入が魅力なのである。”

「なーに、売春防止法で売春がなくなりますかいな。いままでの廓とは形の変ったモグリの赤線地帯が出来まっせ。」

と、七条新地の業者はにやりと笑ったといいます。

f0347663_12404966.jpg
                 残って頂きたい風景、ウサギは左の建物です。

by gionchoubu | 2016-10-27 12:42 | 五条楽園 | Comments(10)

五条楽園ぞめき その二十

f0347663_15155537.jpg
                    花道があります。(五条会館)

京都府警察部遊廓統計(日本花街史集録)による七条新地の芸妓数と娼妓数は

明治44年 芸妓30  娼妓915
大正元年  芸妓26  娼妓906
2年 芸妓24  娼妓945
3年 芸妓16  娼妓906
4年 芸妓13  娼妓874
5年 芸妓14  娼妓814
6年 芸妓19  娼妓792
10年芸妓27  娼妓1083

芸妓の花舞台、歌舞練場は花街の象徴であります。現在の五条会館(五条楽園歌舞練場)は大正四年に誕生しました。ところがこの年、芸妓は僅か13人、この状況で、どうして娼妓中心の七条新地で歌舞練場を建てようと思ったのでしょうか?

これは大正元年、五条橋下が京都府令第六号で七条新地と合併しており、新体制のもとで新基軸を打ち出したものと思われます。

遊廓の中で娼妓は稼ぎ頭である一方、芸妓は行儀作法、お茶、芸事など育てるのに大変お金がかかり、着物から髪結、小物まで揃えるのにも資本が要ります。

当時の七条新地で花街熱のような物が広がり、芸妓を育てようという機運が広がったなら、遊廓で財を成した業者の中から、道楽とまでは云わないものの、遊女渡世以外の、いわば違う次元の道を目指したいという気持が芽生えたのかもしれません。

もともと、祗園でも、上七軒でも、芸妓が生まれたのは十八世紀も終わりに近づいた明和〜天明の頃だと私は思っているのですが、案外、遊廓から花街への道のりはこんな経緯を辿ったという考え方は有ってもいいと思います。

ただし、明治・大正以降、遊廓が花街に育つには、やはり娼妓に対しての芸妓のそこそこの分母が必要なのも確かで、大正五年、歌舞練場を竣工した宮川町が現在五花街の一画を担うのに対し、芸妓町としての七条新地は消滅しました。

七条新地はあまりにも芸妓の分母が小さすぎたのです。
f0347663_15170428.jpg
              畳はざっと60畳、頑張れば180人程の席はとれます。
              現在は耐振の関係もあり、定員100にされているとの事
              貸出歓迎なので、イベント等で是非ご利用下さい。
              (ただし冷房等ありません)

by gionchoubu | 2016-10-25 15:22 | 五条楽園 | Comments(6)

五条楽園ぞめき その十九

f0347663_10595296.jpg

五条会館、すなわち旧五条楽園歌舞練場の屋根の一番上の瓦に巽の文字が浮かびます。この巽の由来は多分これまで誰も触れておらず、実際五条楽園の元御茶屋のご主人もその由来をご存知ありません。

明治二十四年の七条新地組合規約謄本を見ると、明治十九年の七条新地五業組合規約が載り、第一章、第二条に「組合事務所は七条新地区域巽女紅場構内ニ設置ス」と書かれており、私が調べた限りこれが五条楽園の前身、七条新地で最初に巽の文字が使われた記録になります。

しかし、何ゆえ巽なのか?

祗園の例でみますと、巽橋や辰巳神社は御所から見て巽の方向にあるので、巽(辰巳)が充てられました。同じく明治初めに無くなった辰巳新地も御所からみて辰巳にあるのが由来と考えられます。

宝暦八年、今の北野上七軒の真盛町から南京極町、文化十年に平居町に茶屋株借受の形で後年五条楽園(七条新地)に遊所が誕生しました。

つまり、五条楽園(七条新地)は、その母体にあたる上七軒の巽方面に当たるので、巽をシンボルにしたのであると私は考えます。

京を語る会発行の『京都遊廓見聞録』に、昭和二十二年一月、会員の自治経済、衛生、教養、互助親睦を目的として七条新地巽会が結成され、さらに『都の華』なる月刊新聞も発行され、会員も三千人を数えたそうです。

巽は戦後もこの地で行き続けていたのです。

f0347663_11005388.jpg
もう一つのシンボルといえる五条楽園の紋章は七条新地時代にはなかったものです。五条楽園歌舞練場が建てられた大正四年から昭和三十三年までもなく、売春防止法の後、五条楽園が歩みを始めて作られた紋章です。

この紋章は五を意匠としたものと五条楽園では伝えられています。ただしどうしてこのデザインが五と読めるのか、わたしが尋ねた関係者も首を傾げるばかりです。

どなたかご存知ありませんか?

五条楽園贔屓様より以下の御教示頂きました。有難うございます。

五の字の3画目の始点を垂直に上に1画目に接するまで延ばし、全てをまあるく収めると、写真の座布団を90ど回転させた紋章に出会えます。



by gionchoubu | 2016-10-23 11:01 | 五条楽園 | Comments(2)

もう一つの新京極・矢場女から女給まで

f0347663_10254884.jpg
新京極誓願寺前、祇園の舞妓を助け切り込む新撰組・・・の意図で描かれたものと思います。ところが祗園は勤皇で新撰組とは対立関係・・・私には嫌がる舞妓を拉致する新撰組に見えてしまいます。


明治の初期、新京極の出来た頃、大人気を博したのが揚弓場で、東京、大阪京都で大繁盛、新京極だけで、一不二、二鷹、三茄子、都山、玉山、益山、有山、林山、梅山、船山等がありました。

客の目当ては矢場女で、店は美しい女を置いて男客を引きました。明治三十年頃、この益山にお栄という娘がおり、祗園にもいないと云われる程の美人で、千客万来だったといいます。

宮武外骨は『猥褻風俗辞典』で矢場女を私娼の一つに揚げ、自分の思い出話として「明治十四、五年より同二十年頃までの間、東京の芝明神前、両国郡代、浅草公園などには、軒を列ねて数十の楊弓店あり。いずれも妙齢脂粉の妖婦二、三を置き“アラお寄ンなさいよ”の艶声にて客を呼び入るるを見たり。」と書いています。

もう一つ、海女の見世物です、緑江さんによると「新京極では場内に布製で三坪(6畳)程の水槽をこしらえこれに水を張り、これへ二人の裸女が手拭で頭をくくり、片手に花傘を広げたものを持ち赤い腰巻一枚で、この水槽へ入り片手でくるくる唄をうたいながら数回まわり、傘を舞台に置き、水の中の鯉を潜水して捕らえて来ました。」一昔前まで、海女をテーマにしたピンク雑誌、映画のようなものが有り不思議に思いましたが、これは本当の海女さんというより、こういった見世物が引き継がれていった余韻では無いのでしょうか?

蛸薬師堂の南三軒目に富貴という寄席があり、ここでも海女の素もぐりをやっていました。戦後この富貴が京極ミュージックというストリップ劇場になりました。その後大宮頭の大宮劇場や八条大宮の東寺劇場と三箇所、時々問題を起したとの事です。

大阪南地の大茶屋大和家で芸妓による“へらへら踊り”が大変有名です。新京極でもこのへらへらが流行りました。若い娘が五、六人モスリン友仙の浴衣に赤い帯をたらし、腰巻、赤足袋、赤手拭で頬被り、赤の扇子で「赤い手拭、赤地の扇、是を開いてお目出度アー、ヘラヘラヘッタラヘラヘラヘ、ハラハラハッタラハラハラハ」と歌いながら腰を振りながら踊る様子に男共は悦びました。

最後に新京極六角辺りに、今でいう風俗店の前身であるカフェーもありました。京極館という洋画専門の映画館のあと、ダンスホールに変わり、そのあとにローヤル・カフェーが出来て、女給は一番から三十番までナンバーをつけ客の相手をしました。昭和初めと思います。ただし長続きしなかったようです。

いずれにせよ今は昔、話題にも上らぬ新京極史でした。

参照:新京極今昔物語一、二、三、緑江叢書



by gionchoubu | 2016-10-20 10:26 | 私娼 | Comments(0)

盆屋からラブホテルまで 後編

f0347663_12154988.jpg
                        裏寺町

松川二郎著『全国花街めぐり』によれば、京都の盆屋街は新京極の北の裏、即ち惨状よりの裏寺町にありました。相手の女は、善哉屋の小碑、芝居の中売り、洗濯女、煙草屋の娘、鉦叩きの尼などで、文面によると彼女達は売女で、屋に一円、女は二〜五円をとったようです。

時代は昭和初期、京都・奈良間が六十銭という事なので、今の料金で盆屋代が二千円、女の代金が四千円〜一万円といった所でしょうか。

出会茶屋が盆屋、連れ込み宿、ラブホテル、ファッションホテルと名を変え、現在では宿不足からインバウンドの宿として注目されているのは新聞等で見掛る通りです。

さて、所謂ラブホテルは車で乗り付けるタイプと街中で歩いて入るタイプに大別できます。前者はモーテルが原型にあり、現在京都市中心地にあるファションホテルは盆屋、席貸が源流にあると思います。

現在の京都市で複数以上この種類のホテルがあるのは、団橋附近、安井金比羅周辺、岡崎近辺などです。新京極は一軒だと思います。

橋周辺は江戸時代から戦後まで街娼がいた場所で何度かこのブログでもとり上げました。

安井金比羅周辺も明治から準花街化された所で、神社の周辺には多くの貸席があり、この辺りでは対面の下河原とあわせヤトナなどが出入りしました。

よく分からないのが岡崎周辺で過去一度も遊里化もせず、ヤトナも入らず、私が調べた限り過去盆屋街の形跡もありません。
(*終戦後にパンパンの取り締まりが岡崎であったと京都新聞にありましたので、ここで繋がりができました。2017、11日10日追記)

金益見(きむいっきょん)著『ラブホテル進化論』に関西のラブホテルの経営者は石川県出身の人が多いとあります。

よく京都、大阪で銭湯と豆腐屋が石川県の出身者が多かったと聞きます。これは利益の割に長時間の重労働が必須で、人のやりたがらない仕事だからこそ、他県人が入り込む余地があったのです。

豆腐屋さんで資本貯めて、お風呂屋さん。さらに貯まればホテルという図式がなりたつそうです。

ホテル・旅館は年中無休、24時間営業、料理、風呂屋、勿論宿泊を伴う経営は消防法を含め規制で雁字搦め、利益がでれば施設の補修に回さなければならず、他業種に移った人が「よくこんな儲からん仕事をするわ」と話すのを仄聞ですが私も聞いた事があります。

彗星のように現れ、全国を席巻しつつあるアパホテルが石川県、小松から現れたのも、偶然とは思えません。


by gionchoubu | 2016-10-18 12:23 | 私娼 | Comments(0)

盆屋からラブホテルまで 中編


f0347663_10543493.jpg
               好色訓蒙図彙(こうしょくくんもうずい)出会(茶屋)


花田一彦著『ラブホテルの文化誌』に江戸時代中期以前の京都の男女密会所である出会茶屋の様子が紹介されています。これは貞享二(1685)年刊『好色訓蒙図彙』から引用したものです。さっそく京都右京中央図書館で同書をひらいたものの、草書でとても私の手に負えるものでは有りませんので、そのまま『ラブホテルの文化誌』から引用させて頂きます。

「例えば、お互いに手紙で連絡して、横町の下駄屋の二階で密会する時、その時には店先の桶に生花を置いて合図する(なんとも粋じゃありませんか)。茶屋で逢う場合、あちらには裏に別の出口があるから都合がよろしいとか、こちらの茶屋は二階から二階から見渡す景色がようとか、男ほしそうに歩く女に狙いをつけて、誘いの言葉をかける男たちのハントテクニックも点描されている。」

こういうナンパ師は釣者と呼ばれ、ほぼ同時期、延宝九(1681)年に刊行された藤本箕山の『色道大鏡』の雑女篇第二十五、釣者篇、付被釣者に一項が設けられています。

こういう男は物見物参の道で、声を掛ける訳であります。口がうまく、厚顔で、血気盛んな男が向いていたようです。上等な女、下女を連れた女、三連れ人以上は無理で、一人か、二人の女がターゲットになります。

五つのテクニックがあり、すりあひ・見返り・扉とがめ、むかふがヽり・小手まねき、の五つで、道徳心のある女には釣の糸の引塩(ひきしお)有り、との事です。

一方被釣者(つられもの)はナンパされる側の女で、二種類ありました。

まずは、釣られるのを目的として出かける者で、一人で出掛けるる場合と、同じナンパされるのを目的とした女同士で行く事もありました。二重帯、ねり笠・菅笠などを着用、美人は顔をだして歩きました。

こうなると、釣られた女が実は釣者で、釣ったはずの男が被釣者になります
。芝居では立見、茶店では床几に居掛かる、との事、基本的にこういったナンパ待ちの女は素人でした。

もう一つの被釣者はプロの女性が多く、以前遊廓務めをしていた女、男に捨てられた女、妾、風呂屋女などで、装束は煌びやか、風流を尽くし、奇特頭巾につゞら笠、はきものは金剛なるべし、との事。

彼女達の目的はお金持ちに釣られ、あわよくば玉の輿に乗る、といった所でしょう。

三百年前の京都の話ですが、随分今と通じる所があるような気がしてなりません。

ただただ残念な事に、そのナンパする為の五つのテクニックの説明はありませんでした。



by gionchoubu | 2016-10-15 10:50 | 私娼 | Comments(0)

盆屋からラブホテルまで 前編

f0347663_14240099.jpg
『洛中洛外図、町田本』で客を引く女、一種の立君、四条西洞院下がる辺り?

享和二年(1802)、滝沢馬琴の『羇旅漫録』の総嫁の項に「総嫁は二条より七条までのかはらへいづる。河原にむしろかこひしてこゝのて夜合す。」とあります。

総嫁は路傍に立って客を引く女で、室町時代では立君と呼ばれ、古歌に「宵の間はえりあまさるる立君の、五条わたりの月ひとり見る」があります。

又、『見た京物語』に「京の立君、声をたてて呼ぶなし。皆鼠啼なり」、つまり女が客をひくとき「もしもし」と声をかける代わりに、鼠の啼く声を真似て客の注意をひいたものです。

この総嫁は主に京都、大阪で使われ、江戸では一般に夜鷹と呼ばれました。その他これらの女は、辻君、夜発(やほち)と、時代により名を替えたものの、下等私娼に変り有りません。

さて、江戸、大阪では夜鷹、京都、大阪では総嫁と呼ばれたように、男女密会の場所も江戸では出会茶屋、京都、大阪では盆屋といいました。この盆屋の発祥は壬生の盆茶屋にあるという説もあるものの、

この盆屋は、一般の男女の密会の場所以外、プロの女性が、それを買う男と入る場所としての利用がありました。

この盆屋にかんする記述は滅多に見られないものの、昭和二十六年発行『大阪弁』みなみ特集で宇野浩二氏が「暗い町(芝居裏とぼんや町のこと)」に記述があります。これは大正九年発行の『夜の京阪』から抜粋された氏の思い出話なので、明治の後半の話と思われます

大阪には、いわゆる盆屋街というものがあり、どこも同じ格子造りの家が並び、家毎に四角な行燈が入口の脇に掛かり、金釘流の女文字で屋号が記されていました。

さらに入口には浅黄色の暖簾が掛かり、その奥のたたきから階段で、店の人と顔を合わせることなく二階の部屋に上がれるので、人を憚る男女の密会には最適、というより明らかにその目的で造られたものでしょう。

盆屋の由来は、二階の部屋毎に小さな盆が置いてあり、人々は銭をその盆に居れ、全く家人と顔を合わすことなく、利用が出来たのが由来と云われています。

場所は書かれていません。「私の町の方から千日前に行く前の辺を横町におれて、成るべく電燈や瓦斯の灯の少ない所」ということです。

南地五花街のすぐ東、日本橋の向こう側に、ラブホ街があります。繁華街から遠からず、近からず、私はそこが嘗てのその盆屋街に思えて仕方ないのです。


by gionchoubu | 2016-10-12 14:24 | 私娼 | Comments(0)

洛中、洛外半ば皆妓院なり その七

f0347663_13262515.jpg
        上木屋町の席貸には祇園のお茶屋と同等以上の格式を持ったものも有りました。

鴨川沿いの西側は三条より、先斗町、西石垣、五条橋下、七条新地と遊廓、花街のラインが出来たのですが、東三本木、上木屋町、中木屋町、下木屋町と遊廓でも花街でもない、酌人(町芸者から雇仲居まで)のもう一つのラインがありました。

* 東三本木 丸太町大橋西入上ル、江戸期に栄えた酌人の町。幾松はここの酌人(以前説明しましたが幾松は芸妓ではありません。)

以下の貸席群は京都明細図から浮かび上がったものです。上木屋町と八坂通りは芸妓が、その他は雇仲居(やとな)が入ったと思います。

* 上木屋町 上阪町に貸席の並ぶ一画あり。

* 中木屋町 先斗町公園の西の交番、パーキングの辺りは多くの貸席あり。

* 下木屋町 天王町に貸席あり。

* 八坂通り

* 安井金比羅周辺

以上が貸席群です、実際は貸席でなく席貸のはずですが、この説明は、貸座敷も含めて別の機会にもう一度考察します。

享和二年(1802)、京都滞在中の滝沢馬琴は七月三日から二十四日まで京都に滞在し、『羇旅漫録』に、当時の京都市内の遊女町45箇所を挙げています。短い滞在中に良く調べたものです。ただしこれには、二条新地を構成した7町を7遊女町と数えたり、七条新地も5遊女町としたり、遊女町の数え方に一貫性がありません。

私も、過去から現在に渡り、遊所、花街を*印で百近くあげました。一応、通称を中心に挙げましたので、町単位にすると、その数は数百町に膨れ上がるはずです。

ただし、私の調べも、遊女屋や遊女屋の集合体でなく、桂女のいた桂や、勧進、熊野比丘尼の巣、薬師辻子のように、集娼地でなく、遊女置屋の集合地も*をつけて挙げたりしており、随分不備があると思います。

たとえば、熊野比丘尼は、薬師辻子に客を引き入れたのでなく。江戸で言う中宿のような、宿屋で商売したものと思われますが、よく分かりません。

最後に『羇旅漫録』にて、「京にて見世付ある妓楼は、縄手、二条新地、北野、内野、御所うら等なり」と、別の項で書いています。見世付とは遊女を外から品定めできる張見世の事ですが、*御所うら、がどこか分かりません。



by gionchoubu | 2016-10-07 13:33 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)