花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
遊廓、花街の類形
京都の花街・遊廓
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 今紫 改 文車さん ..
by gionchoubu at 11:47
花街ぞめき様 お久し振..
by 今紫 改 文車 at 17:02
> narahimuro..
by gionchoubu at 11:05
花街ぞめき、いつも興味深..
by narahimuro at 21:28
> きようすけさん ..
by gionchoubu at 11:54
島原どう筋の大店K旅館は..
by きようすけ at 14:55
> きようすけさん ..
by gionchoubu at 11:31
記事の定義によるとかつて..
by きようすけ at 09:04
記事の定義によるとかつて..
by きようすけ at 09:04
> tourisugar..
by gionchoubu at 18:06

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

米子灘町遊郭 一
at 2018-10-16 11:09
とし夏菜、ふく美、とし桃、美..
at 2018-10-13 14:52
宮川町、とし純、とし夏菜、と..
at 2018-10-12 11:16
ふく恵、小凜、君友、富美珠、..
at 2018-10-11 15:59
とし輝、とし結、とし愛、とし..
at 2018-10-10 11:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

<   2016年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Three prominent figures

f0347663_11253470.jpg
Kayo Era in Gion Nerimono


Three prominent figures

As a performer in Gion Nerimono, It was a great honor to be selected as the performer. This time I introduce three legendary Geikos who appeared as performers.

They are Kayo Era, Kosan Suzuki and Sata Matsumoto.

Kayo Era is certainly one of the most beautiful Geiko in Gion history.

Her first patron was Kaoru Inoue who was a distinguished politician and was always accounted for in the Japanese high school history text books.

Kayo Era was a performer among 22 performers in 1877s Gion Nerimono. Usually Gion Nerimono was held twice, on the10th and on the 28th in July.

On July10th in 1877, the roads were muddy just after raining, so she elaborately dragged her long pants on the roads. However finally she wasnt able to move forword, because of the wet and muddy pants.

She called a dressmaker and made cut the lower parts of the pants with scissors. People, who saw this scene , were surprised as they knew her pants were very expensive.

On 28th People were astounded again and said How did she do it ! when she appeared with brand-new pants.

Well known great Kabuki actor Utaemon Nakamura once said, I saw Kayo when I was a child. Her face was glittering ! Ive never seen such a beautiful womzn in my life.

Kosan Suzuki was a perfect Geiko. She was a great dancer. She was very beautiful. Moreover she was popular with other Geikos. Latter she became a dancing teacher,changing her name to Gin Suzuki. She performed in 1893s Gion Nerimono.

Sata Matsumoto also was a great dancer and was supposed to hade succeeded genius Yachiyo Inoue the 3rd and to become a dancing mistress.

She declined to succeed as the head of the Inoue school and said I am just a Geiko and not a teacher.

She was very proud that she had performed in the procession several times, including1893s procession with Kosan Suzuki and others. When she talked about her participation in Gion Nerimono., she was just like a girl.

Written by Ryohei Masawaki

f0347663_11255862.jpg
Kosan Suzuki in gion Nerimono


f0347663_11262518.jpg
Sata Matsumoto in Gion Nerimono



by gionchoubu | 2016-03-30 11:32 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

What was Gion Nerimonoi like ?

f0347663_14185535.jpg
Title:A butterfly seller

A Gion Nerimono print owned by Waseda University Tsubouchi Memorial Theatre Museum


What was Gion Nerimono like ?

The costume Geiko wore was gorgeous and given by her patron. One of the distinctive things about Gion Nerimono was she dragged her costume on the street, when the costume had a train.

Another distinctive feature regarding Gion Nerimono was that she danced on the street, on the occasion she was asked for a dance by her patoron.

When she danced in the darkness, illuminated by the light of candles, all the procession stopped and waited till the dance was over.

In the middle of the night, how beautiful, how awesome and how mysterious the scene looked like !

As Gion Nerimono became popular, so many people came to see this spectacle and therefore wood-block prints were sold as programs.

First only names of the performers were on it, then all figures were engraved in a print. In the hey day of Gion Nerimono which was around between 1800 and 1840, especially famed single Geiko prints were circulated among people.

I hear the Museum of Fine Arts in Boston collects quite a few such wood-block prints, because of their value as an art.

It has been over 60 years when the last Gion Nerimono was held. And now almost all people including Gion residents have forgotten this gorgeous but ephemeral pageant.

How sad !

We miss a treasurelike cultural heritage.

I hope that Gion Nerimono will retern in the near future.

Writtenby Ryohei Masawaki


by gionchoubu | 2016-03-28 14:20 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

Gion Nerimono

f0347663_12044841.jpg

Gion Nerimono in 1936



What is Gion Nerimono ?

In short, Gion Nerimono is a costume parade performed by *Geiko in Gion in the past.

The word Neri means slow walking in Japanese, so Gion Nerimono means a slow walking parade in Gion.

Gion Nerimono started as a part of the Grand Gion Festival. The purpose of having the Gion Festival was to repel epidemics.

In the Middle age of Japan, neither good medicine, nor sufficient treatment countering epidemics was available, so the only way to prevent diseases from prevailing was to hold the Gion Festival.

People in Kyoto longed for this annual festival, then gradually some of the impatient folks began to meet the festival. This is called Omukae Chochin or welcoming lanterns.

Gion Nerimono is believed to separate from this Omukae Chochin and became to hold independently.

It is said this peculiar parade dates back to around the dawn of 18th century. At that time, performers were children, then a kind of concubines were replaced by children. Finally , around 1800 Geiko took over the task.

It was not carried out annually, It was observed irregularly, mostly in peaceful times.

Leaving out early days of Nerimono which were organized by children, accomplished gorgeous Gion Nerimono began around mid 18thcentury and the last one was held in 1960. So far over 45 times Gion Nerimono were confirmed by documents and wood prints.

The parade was made up of three parts, the opening musicians, Neriko or performers and the

closing musicians. The number of Geiko who took part in Neriko was about 20 to 30 people.

Each performer played a role of a *Kabuki actor,a historical figure or a trading person such as a goldfish seller.

The parade started after the sunset and finished around before the sunrise.


* Geiko is the same term as Geisha and has been used in Kansai area.

Geishya is a professional female entertainer.

* Women roles too have been played only by men..


Written by Ryohei Masawaki


by gionchoubu | 2016-03-25 12:06 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

京都私娼考 その十二 団栗橋

f0347663_11265277.jpg
の辻子

昭和三十年の『京都年鑑』をみると、京都には当時直接売春を禁止する条例がなく、勅令九号、性病防止法、職業安定法、風紀取締条例などの間接的法令で事にあたっていました。この年京都市にポン引き400、場所提供の旅館、飲食営業、素人屋420が売春婦900に寄生していると見られていました。

昭和二十九年の許可営業者はお茶屋貸席1,295、料理屋705、カフェー121、キャバレーダンスホール10に対し芸妓697、やとな288、酌婦1,726、仲居788、女給715、ダンサー314でした。

昭和三十三年の売防法完全施行以降の京都を見ると、松原署管内の旅館四百の内半分が、売春婦とポン引きとつながりをもっていたと言われていました。
ポン引き団の本拠地は団橋と七条内浜界隈の二箇所。毎夜通行人を脅かし、その数ザッと百人、女が二百人、午前二時ごろまでに全部売りつくした様です。

その他安井、南座前、木屋町六角、木屋町仏光寺、四条大宮、五番町まで手をのばしていました。

特に団橋付近は、一人歩きは危険で、府警察機動部隊が巡回しても一向にきき目なく、客を無理やり誘い込む手段は目に余ったそうです。
(『遊女と街娼』錦織剛男著)

この団橋の東、宮川筋一丁目と二丁目の間を東西に走る街路はかつて団の辻子と呼ばれ『月堂見聞集』には享保八年(1723)「祇園新地どんぐり図子、今度御穿議之由。白人三拾人、同かごまはしの者四人被召出、白人は面々の親元へ御預け、まわしの者は町々へお預け被成候」」という記述が有ります。

白人とは当時の私娼のこと、現団橋の東側は筋金入りの私娼地だったのです。

昭和三十六年の『京都年鑑』で「保安課では売防法施行以来旧赤線地域における売春事犯に重点を置き取り締まってきたが、本年にはいってからも郡部の橋本新地などの集団売春事犯のほか、四月には旧五番町のお茶屋、旅館など二十六件を検挙し、これら地域の環境浄化につとめているが、売春旅館などを舞台とする売春事件はいぜんとして跡をたたないのが現状で、厳重に監視している。一方団橋、西木屋町筋を中心にはびこっている暴力を背景としたポン引きは、しだいに悪質化の傾向をみせており、これに対処するため、署、本部ならびに機動隊をふくめた総合的な取締り体勢で、協力な取締りを実施中」と当時の様子を教えてくれます。

昭和五十年の『京都年鑑』に「売春事犯は、減少傾向にあるが、以前として五条楽園、団を中心に街頭売春が跡をたたず、また、管理売春も巧妙に行われている現状にある。」この頃になると大分沈静化したようです。





by gionchoubu | 2016-03-23 11:32 | 私娼 | Comments(0)

京都私娼考 その十一 大久保

f0347663_12223685.jpg
大久保、右が自衛隊

京都のパンパンが急激に増えたのは昭和二十年の暮からで、パンパン狩りも二十一年三月から連日、南座前、四条大橋一帯で行なわれ、MPも出動して取り締まりに当り、タマリ場を包囲、取締り隊が「客待ち女」と認定したらいやおうなしにトラックに載せ平安病院(後、洛東病院)で検査させ、病気がないものは帰しました。

「手入れや」「キャー」濃いルージュ、派手な衣装の女性達が逃げ回りました。

今のような人権の意識が薄い時代、中には通りかかっただけの女性も送り込まれる事があり、

「なんでうちの家内を連れて行った。夕涼みに行ってただけやないか」の抗議がたびたび警察部に舞い込みました。

三月七日〜十七日網にかかったパンパンは十八歳から三十二歳まで五十人、元ダンサーが一番多くて十八人、現役ダンサー十五人、無職九人、会社事務員三人、女給、ホテルの雇い人二人、女工一人で、検査の結果十四人から性病が見つかりました。

警察によるダンス規制がつい最近まで、どうしてここまでダンスホールやダンサーにきつく課せられたという印象を持たした背景いは、ダンスに対する警察の強いアレルギーが残っていたのが大きな要因とみて間違いないと思います。

そして、サンフランシスコ講和会議で締結された日米行政協定によって、大久保の占領軍キャンプは「独立」後も在日アメリカ軍の使用に供されることになりました。

この大久保基地をめぐる風紀の乱れは、当時の新聞で大々的にとりあげられ、たとえば、城南高等女学校に隣接する民家の離れは、多くが娼婦に「占領」されたとさえ報道されていました。

街娼六十五人は「京都方面から毎日通勤しているものとみられている」という報道さえありました。

さらに、占領軍向けのホテルもできそうになり、大久保の婦人会はその対策に全力をあげ、宇治市長、警察署長も、占領軍の夜の外出を午後十時までに規制して欲しいと繰り返し大久保キャンプに申し入れましたが、容易にその効果は上がりませんでした。

大久保の新しい発展は、アメリカ軍の撤退により始めて可能となり、アメリカ軍基地の跡は、自衛隊の基地として生まれ変わりました。

当時の大久保での街娼狩りの写真を『宇治市史4』で見る事ができます。

参照:宇治市史4、戦後京の二十年、夕刊京都新聞社


by gionchoubu | 2016-03-21 12:35 | 私娼 | Comments(0)

京都私娼考 その十 パンパンガール

f0347663_11420726.jpg
   

山本俊一著『日本公娼史』に「内務省調査によると、明治四十年頃までは下京区山和大路通上(ママ)条上る付近は貧家の婦女が生活費を得るために街娼となり、一時は密売淫婦の巣窟の感があったが、大正十年現在ではそれが整理されて市内には集団的な売淫場所はなくなっていた。私娼数は二十五人と報告された。」

肝心の何条かがミスプリントで残念です。昭和四年まで、祇園も下京区でしたので、四条か五条でしょうか・・・

一方内務省の『公娼と私娼』の昭和五年六月末現在「私娼窟所在地別調」に京都府の私娼窟は登録されていません。一方公娼制を廃止した群馬県は日本最大で五十二箇所の私娼窟が登録されています。これは県単位で廃娼制をとっても
取り締まりの形態が変わるだけで、あまり意味のない事を物語っています。

終戦後は街頭に現れた私娼、いわゆるパンパンの全盛期に入ります。パンパンの語源の由来は、見る本により違うほど沢山あります。真実はどれか一つ、いや、ひょっとしたら私の読んだ総てが造り事かもしれません。

終戦後すぐ公娼制度は連合軍の圧力で廃止されます。しかし便宜上、従来の廓制度は、公娼が従業婦や酌婦、妓楼が特殊飲食店などの名目が変わったものの存続を許されました。これがいわゆる赤線です。由来は東京で従来の遊廓地を指定地として警察か地図上赤線で示したから生じたとされます。一方、事実上は飲料店の名目だけで娼家経営を行っていた地域が、青色で囲まれた故青線と呼ばれました。

そして売春自体は禁止されず、しかも性病の蔓延を懸念した米軍は進駐軍兵士の遊廓立ち入り禁止(off limits)。遊廓に属さない米軍相手のパンパンガールはこういった経緯を経て現れた、言わば必然の存在だったのです。

実は米軍としては一気に売春自体も禁止したかったようですが、国会が、売春婦の厚生施設が伴わない、の理由で成立させませんでした。

連合軍の進駐と京都が戦災を免れていたという条件が重なり、全国からパンパン候補生が京都に集まりました。その多くは生活の困窮者、両親を失った為やむなくこの世界に入った婦女子も多かったと言う事です。

ただし、これを取り締まる明確な法律はなく、しかも米軍からは強いパンパン取り締まり要請がだされ、連日連夜の「パンパン狩」と称される取締検挙は、軽犯罪法を駆使してこれに当るしか当局のすべはなく、検挙されてもすぐ復帰という、米軍に対するパフォーマンス的な側面が強かったようです。

昭和二十二年、米軍の進駐と共に街にあらわれた京都のパンパンは、推定1500人とされ、四条大橋、団橋付近から大和大路あたりが本場で、伏見深草の米軍駐屯地にも現れました。

参照:日本売春史・考、吉田秀弘著、京都府警察史、第四巻、京都府警察本部発行【非売品】



by gionchoubu | 2016-03-19 11:43 | 私娼 | Comments(0)

京都郡部の花街 後編

f0347663_19132910.jpg
                    戦前の島原の大夫さんも娼妓でした。

娼妓は公娼といわれる様に、国に認可を得た公許の娼婦のことで、綾部に娼妓さんが居たという情報を得たとき、俄かに信じられませんでした。

京都府で京都市より北の遊廓許可地は宮津新浜、舞鶴の朝代、加津良、竜宮そして福知山の猪崎のみで、網野、峰山、綾部、亀岡、園部に芸妓は置けても娼妓は置くことは許されなかったのです。

明治三十三年十月二日内務省令第四十四号の『娼妓取締規則・貸座敷営業取締規則』を見ると

第二条 娼妓名簿に登録せられざるものは娼妓稼を為すことを得ず
    娼妓名簿は娼妓所在所轄警察署に備ふるものとす
    娼妓名簿に登録せられたるものは取締上警察官署の監督を受くるものとす

第三条  娼妓名簿の登録は娼妓たらんとするもの自ら警察官署に出頭し左の           
    事項を具したる書面にて具申すべし

第七条 娼妓は丁府県令を以て指定したる地域外に居住することを得ず―略―

第八条 娼妓稼は官庁の許可したる貸座敷内に非ざれば之を為すことを得ず

第九条 娼妓は丁府県令の規定に従ひ健康診断を受くべし

そして、第十三条に、官庁の許可したる貸座敷以外にて稼業をなさしめたるものには拘留又は科料に処すと規定されています。

さらに五十三条からなる大正五年五月・警視庁令『貸座敷引手茶屋営業取締規則』の第一条にも、貸座敷引手茶屋ノ営業者ハ警視庁二於テ指定シタル貸座敷営業指定地ニ限るモノトス 但貸座敷営業指定地外ニシテ現在営業ノ許可ヲ得タル者並相続人ニアリテハ此限リニアラス

綾部は上記のどれにもあたりません。

この娼妓取締規則は、昭和二十一年の一月二十一年、日本占領連合軍最高司令官が日本政府に対し「公娼廃止に関する覚書」を発行したのを受け、政府は、途中改正があったものの、明治三十三年に交付され四十六年効力をもった「娼妓取締規則」を同年二月二日に、内務省令第三号の発令で廃止したのです。

つまり日本から公娼制度がなくなり、即ち娼妓は存在し得なくなったのです。

ただしこの後のブログで近々詳しくかきますか、昭和三十三年に売防法が完全施行されるまでの十二年間、官許による公娼制度は廃止だが、売春制度は禁じられないという不思議な時代があったわけで、これは取り締まる警察も、取り締まられる側も随分戸惑ったのではないかと思います。

さて、私の考えですが、娼妓取締規則が効力をもっていた期間に綾部に娼妓は存在することは有り得ないと思います。そして綾部に娼妓(実際は酌婦などの名目ですが、周りの人は慣例上娼妓と呼んだのだと考えます)らしき女の人が存在したのは昭和二十一年から昭和三十三年の間だと思います。

*『遊女と街娼』錦織剛男著に昭和三十一年ごろの綾部新地に特飲店四、従業婦十一の記述を得ましたので、上記を裏付けるものとなりました。




by gionchoubu | 2016-03-15 19:16 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

京都郡部の花街 中編

f0347663_17401557.jpg
                  田辺の花街跡・・・と思えないのですが・・・

1962(昭和三十七)年の『京都名鑑』の郡部花街を見ると、常設芸妓よりも季節芸妓を置くところが増え、売春などの手入れにより芸妓、置き屋とも減少していく傾向にある、という説明があります。

宇治芸妓組合=平岡千代、芸妓7
田辺トンボくらぶ=山形松子、芸妓6
田辺共栄クラブ=渕上澄子、芸妓8
鱗革会=奥田民夫、置屋5、芸妓8
綾部お茶屋組合=竹内つや、芸妓17
福知山お茶屋組合=福谷きみ、お茶屋26、芸妓26
朝代お茶屋組合=日置昌子、お茶屋8、芸妓11
舞鶴若葉会=毛受雄、芸妓9
龍宮お茶屋組合=依藤均、芸妓15
宮津お茶屋組合=岸本千津子、茶屋15、芸妓40
中郡芸妓組合=藤沢光、お茶屋8、芸妓16

鱗革会とは、あまり花街には似つかわしくないと思われるネーミングですが、亀岡芸妓組合の別名です。(翌年の名鑑で組合長が同じ奥田民夫)、また中郡芸妓組合も組合長の名から峰山お茶屋組合と分かります。

さて、問題の田辺の花街の場所ですが、或ルート(ご迷惑がかかったらいけませんので調べた経緯は伏せておきます。)から調べてもらうと、多分田辺本町の交差点からJRの線路まで延びる通りの両側ではないか、という情報を得ました。いつも様に京都府立総合史料館で昭和三十五年の住宅地図をみてみましたところ、全くそういう雰囲気は見いだせません。

実際その場所を訪れ、その道すがらにある名の通った老舗のお茶屋さん(お茶を販売するほうのお茶屋さん)に入りお聞きしました。若女将さんはご存知ありませんので、奥の(たぶん)親御さんにも聞き頂いたものの、全くそんな話は聞いたこともないとの事でした。

花街の情報は得ませんでしたが、大変美味しい抹茶ロールは大収穫でした。

京都府田辺町史は勿論、他の刊行物にも全く田辺の花街、芸妓、新研、やとなの存在は確認できなかったのです。

最後に最後の頼みの綱、田辺の教育委員会から地元の郷土史家の方4,5人にも当って頂いてみたのですが、皆さん首を傾げるばかりです。

私としては、調べたけれど、ご存じないというのもこれ又貴重な情報で、ご協力頂いた皆様には大変感謝しております。

それにしても京田辺の花街、邪馬台国の在り処より気になる場所となっております。




by gionchoubu | 2016-03-12 17:45 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

京都郡部の花街 前編

f0347663_11334869.jpg
                        峰山の花街跡より

京都府の花街・遊廓に知識のある方なら、それも知識がある方ほど京田辺市の芸妓と綾部の娼妓の存在は即座に否定されると思います。ところが両方とも、其れに近い事実が有ったようなのです。

まずは1960(昭和三十五年)の『京都名鑑』の郡部花街の項に、各地の祭礼、観光シーズン以外は動きも少ない。と当時の状況を述べた後、

宇治芸妓組合 芸妓10
亀岡芸妓組合 芸妓18、置屋11
綾部お茶屋組合 芸妓22、お茶屋10、置屋8
福知山お茶屋組合 芸妓24、新研15、お茶屋19、置屋13
田辺お茶屋組合 芸妓37、お茶屋28
峰山お茶屋組合 芸妓22、お茶屋8、置屋10
宮津お茶屋組合 芸妓40、お茶屋16
朝代(舞鶴)お茶屋組合 芸妓20、お茶屋9、置屋11
龍宮(舞鶴)お茶屋組合 芸妓22、お茶屋10、置屋9 

前年の1959年版に田辺の記載は有りません。忽然と姿を現した田辺の花街、しかもお茶屋28軒とは芸所で知られた宮津新浜をも凌ぎ、京都市を除けば京都府一番、芸妓数も宮津とほぼ同じです。

翌年の1961(昭和三十六年)版
郡部花街の項にはまず「例年減少していく傾向にあり。」と書かれ続いて

宇治芸子組合=平岡千代、芸子10
宇治クラブ=お茶屋2、新研芸子10
田辺トンボくらぶ=山形松子、お茶屋7、新芸子6、新研芸子九
田辺共栄クラブ=渕上澄子、お茶屋11、新芸子10、新研芸子9
亀岡芸子組合=中田正平、置屋5、芸子8
綾部お茶屋組合=高沢日吉郎、芸子21
福知山お茶屋組合=福谷きみ、お茶屋20、芸子26、新芸子3
朝代お茶屋組合=高井清隆、お茶屋8、芸子13
舞鶴若葉会=圧田重孝、芸子7
竜宮お茶屋組合=佐藤均、芸子13
宮津お茶屋組合=吉田信太郎、お茶屋15、芸子45
峰山お茶屋組合=藤沢光、お茶屋8、芸子18

まず、宇治に新研芸子(擬似芸妓)を要する宇治クラブができています。多分旅館に入ったものと思われお茶屋は置屋の事だと思います。田辺の実態がわかってきました。こちらも新研芸妓のいわばヤトナの花街だったのでしょう。新芸子は初耳です。芸妓と新研の間の存在でしょうか?

舞鶴にも前年記されていない舞鶴若葉会なるものが顔をだします。西舞鶴の朝代も、東舞鶴の竜宮も記載にあり、中舞鶴の加津良は昭和十八年の消滅したはずですので、前年の状況から朝代が二つに分かれたものと思われます。

もうひとつ、1960年版は芸妓という言葉を用い、1961年では芸子で統一している所から考えると、この欄の担当筆者が変わったのかもしれません。ちなみに京都年間に花街の欄があるのは1959〜1963の短い期間で、夕刊京都新聞社の発行になります。田辺の花街と峰山の娼妓については次回になります。



by gionchoubu | 2016-03-10 11:34 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)

京の花街 昭和三十五年

f0347663_13481554.jpg
                  宮川町のニューフェイス千賀明(さや)ちゃん

1961年の『京都年鑑』から昭和三十五年の京都の花街の様子を見てみましょう。

【祇園甲部】取締中島勝蔵、中島取締を団長に子花、孝江、栄蝶の芸子、小富美、利美、時子の舞子が日米修交100年記念として35年6月20~7月5日までシカゴ国際貿易博に参加、伝統芸能“京舞”を通じて、日米親善の実をあげた。都おどり動員19万人、芸子259、舞子58、義太夫連11、お茶屋161

【先斗町】お茶屋組合長、谷口定、秋の鴨川おどり、では、林悌三の長い努力が実ってか演技の成長が一段と目だった。秋の第84回公園はグリムから材をとった舞台劇「ちえ娘」と久しぶりに「日本民謡地図第四集」の二本立てで六万人を動員。春の85回公演七万人動員。芸子124、舞子15、お茶屋74

【上七軒】お茶屋組合長、金尾小太郎、第九回北野おどり、は舞金剛の孫次郎面に材をとった「慕情の面」と宝鏡寺の人形展を背景にしたモダンな「人形寺春の夜話」で二本とも石田民三作、一万五千人。小菊、菊寿ら若手が石田民三監督「奈良」に出演。芸子33、お茶屋32

【宮川町】お茶屋組合長、駒井富太郎、芸者一本の新しい町づくりも姿が整い35年5月に吉好という新舞子が誕生した。第二回京おどりは楳茂都流の古典「茶筅売」と京都女性のシンを舞踊で描く「京おんな」の二本で動員二万人。芸子115、舞子6、お茶屋106

【祇園東】お茶屋組合長、富森菊一、34年10月に初めて舞子が誕生、新しい花街づくりは成功といった所。第五回祇園おどりは推理舞踊劇「私だけが知っている」とスライドを使っての舞踊劇「霧の草紙」の二本立てで二万人を動員。35年には3年ぶりに“ねりもの”を行った。芸子67、舞子4、お茶屋95

【島原】お茶屋組合長、中川得右衛門、太夫は小車、松扇、九重、京楽に加え、7月から玉琴太夫が披露したが、芸子は三人減った。養柳会の温習会は秋に予定されており、六月の花街合同舞踊では「色模様五ツ傘」「巽八景」で日頃の精進をみせた。芸子17

【中書島】お茶屋組合長、藤原旦次郎、置屋が伏見会、ニコニコ会、板橋会に分かれ、弁天際に奉納舞を行った。お茶屋26、芸子15、新芸子19

【新橋観光芸子】(東山区新橋大和大路東、取締、北川喜代一)観光茶屋を設け、新しいシステムによる茶屋をめざしている。舞子3、新芸子7.お茶屋1

【京都祇園観光芸子】(東山区新橋大和大路、社長中山三男之助)株式会社システムで7業者が出資、新芸子8

【新研芸子】(東山下河原南町、組合長釣熊冶)東山、二条、下河原の三支部に別れ、35年も先斗町歌舞練場で合同舞踊を行った。置屋17、芸子123

新橋観光芸子も京都祇園観光芸子も祇園甲部のエリアになります。私は初耳、名前からして京都観光の方に敷居を低くして、踊りなどを楽しんでもらったのでしょう。新研芸子もかなりの規模です。花街の様にお茶屋がないのは旅館や料理屋に入ったのでしょう。

ちなみに1960年版には【西陣新地】も載り、組合長辻本良蔵と有り、34年初め再編成され、お茶屋27軒、芸妓40人が活躍中、34年6月27日おさらえ会を行った、とあります。

売防法が33年に完全施行され、娼妓中心だった遊廓が懸命に花街として生き残りに賭ける姿や、観光客を取り込もうとする新勢力の様子が浮き彫りになりました。



by gionchoubu | 2016-03-09 13:53 | 京都の花街・遊廓 | Comments(0)