花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
遊廓、花街の類形
京都の花街・遊廓
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 今紫 改 文車さん ..
by gionchoubu at 11:47
花街ぞめき様 お久し振..
by 今紫 改 文車 at 17:02
> narahimuro..
by gionchoubu at 11:05
花街ぞめき、いつも興味深..
by narahimuro at 21:28
> きようすけさん ..
by gionchoubu at 11:54
島原どう筋の大店K旅館は..
by きようすけ at 14:55
> きようすけさん ..
by gionchoubu at 11:31
記事の定義によるとかつて..
by きようすけ at 09:04
記事の定義によるとかつて..
by きようすけ at 09:04
> tourisugar..
by gionchoubu at 18:06

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

米子灘町遊郭 一
at 2018-10-16 11:09
とし夏菜、ふく美、とし桃、美..
at 2018-10-13 14:52
宮川町、とし純、とし夏菜、と..
at 2018-10-12 11:16
ふく恵、小凜、君友、富美珠、..
at 2018-10-11 15:59
とし輝、とし結、とし愛、とし..
at 2018-10-10 11:23

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

カテゴリ:ねりもの Gion Nerimono( 50 )

祇園ねりものと無言参り

f0347663_11182564.jpg
                       お旅所、無言参りでしょうか?

今週の京都新聞の一面に、ねりものの話題が載り、私も紙上コメントさせて頂きました。

http://eonet.jp/news/kansai/kyoto/233041.html

このブログを始めたのは祗園ねりものについて知って頂きたいとう理由が一番で、なんとか今一度ねりものを復興したいという思いに駆られたからで、たいして上手くもない英語でも苦労して何度か発信させていただきました。

昨年、私の提案が届いたかどうかは分りませんが、祗園東の“祗園をどり”のテーマはねりもので、以前にくらべて、少しずつではありますが、祗園ねり物の関心が高まってきたと思います。

そして本年四月に刊行されたばかりの『モダン京都<遊楽>の空間文化誌』で祗園ねりものにも詳しい加藤政洋先生が祗園祭のねりものの章を設け、「祗園花街の芸妓衆による街頭スペクタクルの再現は、おもいのほか近い将来に実現するのかもしれない。」と書いていただき、実際はなにも進展していないのですが、私自身の気持だけは高ぶっています。

さて、同じく京都新聞の昭和二十四年の七月十七日、三度も祗園ねりものに出た、伝説の井上流の名手、松本佐多が無言参りの事など書いていますので、紹介させて頂きます。

懐し無言参り

“梅雨もからりと上ってエリ元が汗ばんでくるころ四条通りにホコが立ち初め「もう祗園さんどすな」とあいさつが交されだんだんお祭りらしい気分になってきます。

十日からは祗園の舞コ、芸コはんは祗園さんの紋をそめたカタビラのそろいの着物に、白地にすみ紋を書き、裏はきまってヒの紋ちりめんをつけた帯ををしめ、頭のかざりものも花グシとかんざしをさしたそろいの祭衣しようをきかざったもんどす。

十日の晩にはねり物が出てクルワ中を夜通し練り歩くのが古いしきたりどしたが明治二十六年きりで止めになりました。

夕涼みの床がかかるのも丁度この頃からで、木屋町、先斗町等鴨川に、こっちは疎水に床がかかったこともあり、向いのお茶屋さんから涼しい浴衣姿の仲居さんが赤まえだれでビールやかちわりを運ぶ忙しそうな格好もみられました。

四条の大橋の下にもしょうぎが出て、日中などはよく足をつけにいってヒル
がすいついて、きゃっきゃっ言ったようなこともおぼえています。

夕方になると涼風にのって祗園ばやしが流れ、めいめいの床にはお客さんが一ぱいで、そこで三味線をひいたり、舞を舞ったりもしたものです。河原には吹矢、氷屋、魚つり、ほおずき売りのよしず張りの店が軒を並べてそらにぎやかなものどした。

よい山の情緒も忘れられません。中京の古い商家が奥深いゆかしい感じのする構えを開けっ放して、それぞれ立派なびょう風をならべ、打水した店先にはしょうぎを出して、みんなが将棋や碁をして楽しんでおり、五ツカスリの浴衣を涼しそうにきた娘さんや子供達が集って地面にかがみながら花火線香に興じているのも祭の夜らしい趣でした。

十七日のお祭の日のにぎやかさも今日のものとは比べものになりません。あるだけのホコと山がみんな巡行したのどすさかいどんなに派手だったか判ると思います。

ちまきもこう高くてはまく事もできまへんが、昔は顔見知りのお客さんがひいきの舞コの顔を見つけてはどっさりまいてくれはったもんどす。

この晩から無言参りが始ります。近ごろはこんなもんに夢中になるコもいなくなりましたが、若い時分はにぎあいました。お花がひけてからそのままの姿や、また浴衣にきがえたりして行くのが一つのたのしみどして、途中でうっかり「おかあはん、こんばんわ」と意ってまた家にもどって出直すコや、ほんまに願いごとがあるコがまじめに通っているのを物をいわしたてやろうと、お客さんがたがふざけはる姿もみうけられました。

ふるくさいかもしれませんが昔の祭情緒だけは残したいものどす。(談)”




by gionchoubu | 2017-07-15 11:21 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

祇園ねりもの

f0347663_15424741.jpg
                 京・まつり展―祇園祭などの祭礼文化の魅力

最近の“祗園ねりもの”の話題三つ、

まずは、NHKワールドの世界発信で2016年5月5日に日本以外の150国以上でTV放送されたCore KyotoのWoodblock Prints: Beauty in the Hands of a Trinity of Artists( 京の木版画~三位一体の美の伝承)30分番組の終盤の5分で私(番組ではRyohei Masawaki、正脇良平)の、ねりもの版画再生の取り組みが先日再放送されました。現在、といっても今から一週間ぐらいなら下記のオフィシャルサイトでインターネット放送されていますので、是非ご覧下さい。


http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/corekyoto/


次に、平成28年5月28日~7月30日、京都市歴史史料館スポット展示で、

1、 祗園神輿洗ねりもの絵容 天保6年(1835)

2、八阪新地ねり物番附   明治10年(1877)

八坂神社神輿洗邌物『園の栄』 昭和10年(1935)

が披露されました。3は、祗園甲部がねりものを催す予定でしたものの、直前の大雨で鴨川が氾濫した為実際は行われなかったと言う、いわく付の番付です。

この3点とも、古地図の収集と研究で知られる大塚隆氏より京都市歴史博物館に寄贈されたもので、大塚コレクションに加われました。

三つ目が、これは京都文化博物館・別館ホールで平成28年7月20日~24日、「京・まつり展―祇園祭などの祭礼文化の魅力」で主宰、京のまつり研究会(代表 島田崇志氏)です。

こちらは、ねりもの図絵・写真として、

1、 ねりもの絵番付、天保10年、明治26年、昭和11年、29年、35年

2、 ねりもの行列風景の写真 昭和28~35年

パネルの説明は、パネルには記されておりませんでしたが、ねり物研究の第一人者『祗園祭・花街ねりものの歴史』の著者の一人、八反裕太郎先生です。

昭和二十九年のねりもの行列絵番附は、この年のねりものを実際行った祗園東お茶屋組合も所蔵していないもので、私も始めて拝見しました。

この時販売された「明治時代の図絵で楽しむ祗園祭」の8枚絵葉書セット(600円)の内一枚が明治26年の絵番附、「祇園祭ねりもの」4枚セット(300円)に昭和11年のねりもの行列絵番附、昭和11年行列の折の衣装姿、昭和35年のねりもの行列絵番附、昭和35年のねりもの行列(高尾太夫)そして祗園「ねりもの」の説明文に白黒で印刷された上記昭和29年のねりもの行列絵番附です。
f0347663_15450833.jpg
昭和二十九年のねりもの行列絵番附


by gionchoubu | 2016-08-03 15:46 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

祇園ねりもの 世界配信

f0347663_12261759.jpg

世界150ヵ国で放送される海外専用配信局NHKWORLDの京都にフォーカスした番組「CORE KYOTO」で、この版画に関する私の取り組みが英語で紹介されました。(2018年、5月5日)

私が出るのは終盤で、竹笹堂さんの竹中氏の古木版画や古版木の調査・復刻・修復再生事業の一環としての出演です。

祇園東の芸妓、つね桃さんと舞妓、富久春ちゃんも登場します。ぜひご覧ください。

...

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/corekyoto/201604270600/

来週ぐらいまでならこのページのネットの動画で配信されています。
Watchでスタートです。


by gionchoubu | 2016-05-08 12:27 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

Gion Nerimono,Discovered Photografs


f0347663_12164746.jpg
This distinctive figure is a Geiko.


Discovered photographs.

As a Geishya district, Gion was one body for a long time. However Gion was separated into two bodies between 1881 and 1886.

Main body was named Gion Kobu and separated part , Gion Otsbu (now Gion Higashi ).

Now,there are five Geishya districts in Kyoto and they are called Kyoto Go Kagai or Kyoto five flower districts. Both Gion Kobu and Gion Higashi constitute Kyoto Gokagai together with Kamishichiken, Pontocho and Miyagawacho.

Gion Nerimono had been held by Gion Kobu till 1892. After a long interval of 42 years, Gion Higashi (Gion Otsubu at that time)resumed this splendid parade in1946.

Gion Higashi had Gion Nerimono five times so far and the last one was held in 1960 .Gion Nerimon was originally started after dark. On the other hand Gion Nerimonos procession by Gion Higashi started in the late afternoon.

A couple of years ago, in a storeroom of the Gion Higashi office, over 150 photos which had been taken in the1950s Gion Nerimono were found. And this discovery was reported in the local paper.

Take a look at some of these discovered photographs.


Written by Ryohei Masawaki

f0347663_12181941.jpg



f0347663_12175878.jpg
f0347663_12170851.jpg
f0347663_12230557.jpg
f0347663_12232183.jpg
f0347663_12245161.jpg
f0347663_12250968.jpg
f0347663_12253366.jpg
f0347663_12255015.jpg
f0347663_12260281.jpg
f0347663_12261422.jpg
f0347663_12263427.jpg
f0347663_12265543.jpg
f0347663_12271532.jpg
f0347663_12280936.jpg
f0347663_12282751.jpg








by gionchoubu | 2016-04-01 12:22 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

Three prominent figures

f0347663_11253470.jpg
Kayo Era in Gion Nerimono


Three prominent figures

As a performer in Gion Nerimono, It was a great honor to be selected as the performer. This time I introduce three legendary Geikos who appeared as performers.

They are Kayo Era, Kosan Suzuki and Sata Matsumoto.

Kayo Era is certainly one of the most beautiful Geiko in Gion history.

Her first patron was Kaoru Inoue who was a distinguished politician and was always accounted for in the Japanese high school history text books.

Kayo Era was a performer among 22 performers in 1877s Gion Nerimono. Usually Gion Nerimono was held twice, on the10th and on the 28th in July.

On July10th in 1877, the roads were muddy just after raining, so she elaborately dragged her long pants on the roads. However finally she wasnt able to move forword, because of the wet and muddy pants.

She called a dressmaker and made cut the lower parts of the pants with scissors. People, who saw this scene , were surprised as they knew her pants were very expensive.

On 28th People were astounded again and said How did she do it ! when she appeared with brand-new pants.

Well known great Kabuki actor Utaemon Nakamura once said, I saw Kayo when I was a child. Her face was glittering ! Ive never seen such a beautiful womzn in my life.

Kosan Suzuki was a perfect Geiko. She was a great dancer. She was very beautiful. Moreover she was popular with other Geikos. Latter she became a dancing teacher,changing her name to Gin Suzuki. She performed in 1893s Gion Nerimono.

Sata Matsumoto also was a great dancer and was supposed to hade succeeded genius Yachiyo Inoue the 3rd and to become a dancing mistress.

She declined to succeed as the head of the Inoue school and said I am just a Geiko and not a teacher.

She was very proud that she had performed in the procession several times, including1893s procession with Kosan Suzuki and others. When she talked about her participation in Gion Nerimono., she was just like a girl.

Written by Ryohei Masawaki

f0347663_11255862.jpg
Kosan Suzuki in gion Nerimono


f0347663_11262518.jpg
Sata Matsumoto in Gion Nerimono



by gionchoubu | 2016-03-30 11:32 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

What was Gion Nerimonoi like ?

f0347663_14185535.jpg
Title:A butterfly seller

A Gion Nerimono print owned by Waseda University Tsubouchi Memorial Theatre Museum


What was Gion Nerimono like ?

The costume Geiko wore was gorgeous and given by her patron. One of the distinctive things about Gion Nerimono was she dragged her costume on the street, when the costume had a train.

Another distinctive feature regarding Gion Nerimono was that she danced on the street, on the occasion she was asked for a dance by her patoron.

When she danced in the darkness, illuminated by the light of candles, all the procession stopped and waited till the dance was over.

In the middle of the night, how beautiful, how awesome and how mysterious the scene looked like !

As Gion Nerimono became popular, so many people came to see this spectacle and therefore wood-block prints were sold as programs.

First only names of the performers were on it, then all figures were engraved in a print. In the hey day of Gion Nerimono which was around between 1800 and 1840, especially famed single Geiko prints were circulated among people.

I hear the Museum of Fine Arts in Boston collects quite a few such wood-block prints, because of their value as an art.

It has been over 60 years when the last Gion Nerimono was held. And now almost all people including Gion residents have forgotten this gorgeous but ephemeral pageant.

How sad !

We miss a treasurelike cultural heritage.

I hope that Gion Nerimono will retern in the near future.

Writtenby Ryohei Masawaki


by gionchoubu | 2016-03-28 14:20 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

Gion Nerimono

f0347663_12044841.jpg

Gion Nerimono in 1936



What is Gion Nerimono ?

In short, Gion Nerimono is a costume parade performed by *Geiko in Gion in the past.

The word Neri means slow walking in Japanese, so Gion Nerimono means a slow walking parade in Gion.

Gion Nerimono started as a part of the Grand Gion Festival. The purpose of having the Gion Festival was to repel epidemics.

In the Middle age of Japan, neither good medicine, nor sufficient treatment countering epidemics was available, so the only way to prevent diseases from prevailing was to hold the Gion Festival.

People in Kyoto longed for this annual festival, then gradually some of the impatient folks began to meet the festival. This is called Omukae Chochin or welcoming lanterns.

Gion Nerimono is believed to separate from this Omukae Chochin and became to hold independently.

It is said this peculiar parade dates back to around the dawn of 18th century. At that time, performers were children, then a kind of concubines were replaced by children. Finally , around 1800 Geiko took over the task.

It was not carried out annually, It was observed irregularly, mostly in peaceful times.

Leaving out early days of Nerimono which were organized by children, accomplished gorgeous Gion Nerimono began around mid 18thcentury and the last one was held in 1960. So far over 45 times Gion Nerimono were confirmed by documents and wood prints.

The parade was made up of three parts, the opening musicians, Neriko or performers and the

closing musicians. The number of Geiko who took part in Neriko was about 20 to 30 people.

Each performer played a role of a *Kabuki actor,a historical figure or a trading person such as a goldfish seller.

The parade started after the sunset and finished around before the sunrise.


* Geiko is the same term as Geisha and has been used in Kansai area.

Geishya is a professional female entertainer.

* Women roles too have been played only by men..


Written by Ryohei Masawaki


by gionchoubu | 2016-03-25 12:06 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

祇園ねりもの 四十三

f0347663_12013326.jpg
                  昭和三十五年のねりもの番付(東お茶屋組合所蔵)
f0347663_12033351.jpg
                           弁慶


昭和十一年七月十日の番付は『祇園会ねり物復興記念帖』として当日非売品として発行されたもので、本誌の中の白、黒にもう一色だけの縮小版と、袋とじに入った、版木と原寸と同じに印刷された物の二枚があります。

過去のねりものでは、絵番付に作者の名が確認できるのが基本なのですが、この昭和十一年の番付には、この度、私が祇園東御茶屋組合に保管されていた六枚の版木から、竹笹堂さんに依頼して二枚刷り直してもらったものにも、復興記念帖にも作者の名が有りません。

版木自体も、立命館アートリサーチセンターの金子准教授(六枚の版木をデータ化していただき、研究材料として保管されています)や竹笹堂さんに調べてもらったのですがヒントとなるような痕跡はありませんでした。

名を記さなかった理由は分からないのですが、先ず状況から考えて、作者は二人に絞られます。それは衣装の考案から注文まで、総てをこなし、日本画家で、版画家であり、風俗研究家であった吉川観方か、彼の弟子であり、矢張り日本画家で、風俗研究を引き継いだ河村長観です。

河村長観は京都美容文化倶楽部が発行している『日本の髪型』のまえがきに「頭上に結い上げる美しい髪型、古墳時代より現代に至る種々の結髪様式は、江戸時代においては百五十種にものぼったと言われています。その土台を成すところは前髪、鬢、髱、髷など四つです。髪をどの様に束ね、どのようにして、あんな美しい髪型になるのか分からなかったのですが、幸いに私は昭和四年から吉川観方先生について絵を習っておりましたので、先生が主宰されていた故実研究会で写生が必ず毎月ありました。」と書いております。

祇園東御茶屋組合に保管されている昭和三十五年の番付は、緑江叢書の「祇園祭りねりもの下」の表紙の写真とほぼ同じで、違う所は画の下方の余白に賛助として、

アケゴコロ 有井酒造株式会社   
都鶴 都鶴酒造株式会社
タカラビール 宝酒造株式会社
英勳 齊藤貞一郎酒造
招徳 共栄酒造株式会社
旭鷹 大和酒造株式会社
神聖 株式会社山本本家
冨久宝 津村酒造株式会社
月桂冠 大倉酒造株式会社
仙界 北川仙治郎商店
名誉冠 株式会社山本辰右衛門商店
富翁 株式会社北川本家と酒造元が並び、最後に井筒八ツ橋、京都高島屋の名が入る事です。

長観画と記されているので、昭和三十五年の番付が河村長観の作であるのは明白です。

そして問題の昭和十一年の番付ですが、『昭和十一年子のとし祇園神輿洗い祢り物絵容』版木を起こす前に描かれたと思える画が京都府立史料館に保管されています。

版元は京縄手新門前故実研究会で観方、長観画とあり、素人目に見ても十二組の練り子の内、吉原の花魁、弁慶、暫の三組のタッチが明らかに違い、しかもその中で弁慶の表情、ポーズ、体型、表情が昭和三十五年のものとよく似ております。

言葉で表現すると、長観の画風は輪郭が太く、角が際立ち、荒々しい男性的なタッチで、残り九組が繊細で表情も丸みを帯びた女性的なそれで、引き算でこれが観方の画ということになります。

ですから、花魁、弁慶、暫も他の九組と同じタッチで描かれた昭和十一年の番付は吉川観方さんの作であると私が考えている理由です。

尚、観方、長観共作の絵容には練物の予定日を七月十日夜、雨天ならば二十八日で本編には無い予備日を設けていた事、静御前が下段でなく上段であること、先囃子、後囃子が屋台とも描かれていない事など興味は尽きません。
f0347663_12070705.jpg
                    祇園会ねり物復興記念帖

f0347663_12082406.jpg
                      そして蘇った刷り

by gionchoubu | 2015-07-03 12:10 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

祇園ねりもの 四十二

f0347663_13013868.jpg
月刊京都の七月号に“芸妓たちの祇園まつり”として祇園ねりものを紹介して頂きました『帰ってきた祇園祭り、再び』がテーマなのに、ちっとも帰ってくる気配がない祇園ねりものを取り上げて頂いたのは、多少面映い気持もするのですが、世界に類を見ない、優美で壮麗な行事を皆さんに知っていただく機会を得たのは、大変ありがたく感じます。http://k9ph2.biz/detail/1281681162.html

文中でも触れられていますが、私は昭和十一年の祇園乙部の練物の番付を描いたのは吉川観方だと考えています。その根拠を今回と次回で示して見たいと思います。

昭和十一年の練物は、明冶二十六年に祇園甲部で催された練物から四十年以上経っており、さらに乙部としては初めての練物、本来、この年も甲部が催す事になっていたのが、諸事情で辞退、甲部から依頼され、「では私の方でやりましょ」と引き受けた村上取締でありましたが、乙部の役員一同を含め、練物のことは芸妓連の仮装行列ぐらいの知識しかなかったそうです。

乙部が幸運だったのは、目と鼻の先に吉川観方が住んでいて、やり方、ねり子の衣装の考案、構成、衣装の注文まで、すべてを観方が引き受けた事にあります。

ここで吉川観方の略歴を書きますと、

明冶二十七年誕生  明治三十四年、8歳、四条派の西掘刀水に日本画を習う
明治四十二年、16歳、浮世絵を始める
大正  五年、23歳、京都ではじめて木版役者絵を刊行
    七年、25歳、松竹合名社に入社、舞台衣装顧問になる
   十二年、30歳、故実研究会を創立『観方創作版画集』を刊行
   十四年、32歳、故実研究会の活動を中心に風俗研究にいそしむ
   十五年、33歳、衣笠貞之助監督『大阪夏の陣』で衣装担当

昭和十一年、ねりもの直前に配られた『祇園会ねり物復興記念帳』の中で「祇園会ねり物に就いて」は観方自身が書いており、その言葉を借りると、「さて今度のねり子の扮装種目、及び服具についてゞあるが、その服装は公、武、町家、演劇、遊里等にその材を借り、我国歴代の或は優美、或は壮麗なる風俗を、有識故実の上よりの考証を基として、それぞれ新に意匠を加へたものであって、前述の諸古記録に見えたる祇園会ねりものゝ精神に力めて倣はんとし、全般としては、必しも最後のねりものとも見るべき明冶復興の際のそれに依ってはいないことをお断りしておく」と、風俗研究家として第一人者としての、漲る自身と自負を感じさせる文を書いております。

確かに、この吉川観方が指揮を執らなかったら、昭和十一年はなんとか催す事は出来たでしょうが、昭和三十五年まで、その後四回はとても無理だったと私は考えています。

 
by gionchoubu | 2015-06-30 13:04 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)

祇園ねりもの 四十一

f0347663_18371819.jpg
五月六日(水)まいまい京都さんのガイドとして、祇園ねりもののコースを歩きました。大変マイナーな題材ですので、募集人数が集まるかどうか心配だったのですが、幸い定員でスタートすることが出来ました。

今回歩いたのは道順が記された明冶四年のものですが、江戸時代もほぼ同じコースだと思います。

前日の京都新聞の朝刊で、私が取り組んだ昭和十一年のねりものの版画の記事が偶然記載されましたのはグッドタイミングでした。http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20150505000011

先ず、京阪祇園の南改札口で自己紹介と、祇園ねりものとは何か、簡単な歴史を紹介しました。

祇園京阪9番出口を出ると、四条大橋に関する碑がありますので、四条大橋と花街祇園の関係、昭和十一年の祇園東のねりものに出演した“おもちゃ”という芸妓さんに纏わる話をしました。

ねりもののスタート地点であった元吉町から富永町に入り、祇園ねりもの行列の事、練り子の事、お茶屋のしつらえなどを説明させて頂きました。

末吉町では、明冶の練り子のうち、江良佳代、松本佐多の二人の話や大阪のねりもの、風呂屋と湯屋の違いなどなどをお話させて頂きました。本来ここから新橋、縄手、四条を歩き、八坂神社南門に向かうはずでしたが、祇園東お茶屋組合に立ち寄る時間が来てしまったので、そのまま祇園東お茶屋組合に行きました。

本来お茶屋組合はお休みでしたが、取締である中勇の中西さんのご好意で、実際のねりものの歌舞伎の暫の衣装と、昭和十一年のねりもののミニチュア人形、稽古場を見せていただきました。

神幸道から下河原に入り、途中東景寺、菊渓川に拠った後、二軒茶屋、月下氷人石のお話をして、八坂神社に入り、井上流みやび会の事、美(うつくし)神社から円山公園しだれ桜、祇園小唄碑を経て、八坂神社の絵馬館が最後の立ち寄り、新橋まで来て無事終了しました。

ゆっくり練り歩くつもりが、時間が押し気味で、だんだん早歩きになってしま
いました。あっという間の二時間三十分でした。


by gionchoubu | 2015-05-08 10:50 | ねりもの Gion Nerimono | Comments(0)