人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 狂すけさん そうで..
by gionchoubu at 16:08
例の角田美代子は初島新地..
by 狂すけ at 22:13
> 狂すけさん ご..
by gionchoubu at 20:58
あの大事件の主犯が働いて..
by 狂すけ at 15:10
> BIG-BIRDさん..
by gionchoubu at 16:38
中西君尾さんを調べていて..
by BIG-BIRD at 08:32
> いたみんみんさん ..
by gionchoubu at 15:20
初めまして。伊丹の住人、..
by いたみんみん at 19:51
>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

尼崎の特飲街 前半
at 2020-03-24 11:00
新福原遊廓誕生
at 2020-03-18 19:09
声色遣い
at 2020-03-13 10:16
法界屋
at 2020-03-09 17:01
西新開地 二葉新地
at 2020-03-07 10:31

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

カテゴリ:遊郭・花街あれこれ( 60 )

声色遣い


声色遣い_f0347663_10153628.jpg
       祇園 白川

博望子の『洛陽勝覧』(1737)に役者物真似の部に大津屋平五郎や、大津屋平助などの名が見えますので、座敷の座興に物真似の芸で客を沸かせていたのだと思います。

祗園には大津屋とか鳥羽屋と言う幇間の見世があり、馬琴によれば、幇間は無芸大食、無用の長物と手厳しく扱っていました。

大正三年刊『東京の表裏八百八卦』杉韻居士によると、何時から声色遣いがいたか分からないとしながらも、風来山人(平賀源内、1728~1780)が「我が飯を食って人の声色を遣り」という詞を残しているので、その時代には流行していたのではないか、と推察しています。

昔劇場には木戸芸人と言うのがおり、大名題、小名題の役割で役者の声色をやり、客を呼んだのが声色使いの濫觴としています。

明治十七、八年頃には東京だけで声色遣いが七、八十人おりましたが、大正になると不景気もあり下火になり、東京と横浜併せても僅か二十四、五人になったと書かれています。

声色使いは専業とするのでは無く、昼は別の職業についていました。実際の稽古は先輩に便宜を図ってもらい、裏木戸から入れてもらい、適当な場所で見物し俳優の癖をとりました。

平素は矢場、銘酒屋、待合、料理屋、株式、米商、魚市場などで、正月や残暑の頃が収入の多い時でした。

声色するのにも縄張りがあり、他の縄張りでの仕事はご法度でした。

彼らは、自分の縄張りの得意を『穴』料理屋を『ヤチャ』祭礼を『ツリメ』銭遣い良きを『ハクイ』銭遣いの悪いのを『スッパイ』先方から断わられるのを『電話』などの通り言葉を遣いました。

『電話』は話中で駄目という意味でした。

声色を落語でやる事も昔からあり、或る説では江戸中期の立川焉馬が創意とし、三代目のしん生も声色で真打になったと云われており、昔は軒先に立って声色を遣っていたので『ボラ岩と』というあだ名が有りました。



by gionchoubu | 2020-03-13 10:16 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

祇園節分おばけ、ひょっとこ踊り


2020年の祇園ひょっとこ踊りです。
途中で芸妓さんとすれ違います。
明るいバージョンもありますが、
どうしても見物の人が映りこんでしまいます。



https://www.youtube.com/watch?v=ggVL8blNKVY&t=51s
by gionchoubu | 2020-02-09 14:36 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

結婚するなら芸妓?女給?それとも娼妓?

結婚するなら芸妓?女給?それとも娼妓?_f0347663_11104531.jpg
    福原遊郭隣の新開地、グランドカフェー マルタマ、昭和10年4月開業

戦前の福原遊廓の思い出を書いた本に、当時福原周辺にいた女の中で、女房にするならどの職業が一番よいか?という話が若い衆の間で出たそうです。

私は現代の感覚からいって、美しくて芸、行儀、接客にも長けた芸妓が一番、つづいて気はしが利く仲居が二番、擬似芸妓である雇仲居(やとな)が三番、続いて自由気ままなカフェーの女給、女郎さんである娼妓が一番人気が無いと何となく思いましたが、当時の見解では「女郎が一番よくて、一番カスは女給だな」という事になりました。

「娼妓というのは、一人の主人に仕えるということだけが最大の希望である上に、狭いながらも自分の部屋をあてがわれているので、その部屋の掃除から活花まで自分でやっている。その上、自由を束縛され、粗食に耐えてきているから、少々の貧乏暮らしは何とも思っていないから・・・」

「次は芸者だろうが、これは永持ちさせようと思えば相当金を持っとらんと、向こうから逃げ出すやろう。仲居や雇仲居の方が一寸ましかいな」

「女給というのは、昼間はのらりくらりしていて、夜はあっちのテーブル、こっちのテーブルを蝶のように飛び回って、ビールや酒を飲んでいるだけで、三味線一つ弾けるではなし、唄一つ歌えるでなし、だらしのないことおびただしい」

との事、嫁にするなら、娼妓、仲居と雇仲居、芸妓、ぶっちぎりで女給が最下位ということになりました。

とにかく女給さんの評判の悪い事、『神戸又新日報』昭和四年三月十四日に「赤裸々裏面 女給おとりの日記」が載りました。

「兎に角もこの近代文化の生んだグロテスクな生物・・・女給は、職業夫人として、社会の第一線へ進出して来たことは事実だ。女給だと一概に軽蔑出来なくなった女給・・・果してこのグロテスクな生物は何を考え、そしてどんな生活をしてゐるだろうか?」

えらい見出しで紹介されたのが、紙面によると男から男へ、刺激から刺激へ、自己の肉体をたよりに生きていく女給の見本のような女、神戸花隈玉川楼のお酉の日記でありました。

女給の日記

二月二十七日水曜日

十一時半・・・・早出だ。もう起きなくちゃならない時刻、でも寒い。

寝床の中で煙草を吹かしながら、ぼんやりと、色んな事を考えてゐると、どうも床がはなれにくい。

昨夜の鬼瓦みたいなおやじさん。馬鹿に面食ひだ。顔でゆけばナンバーワンたる若いKちゃんに大分思召しがあるらしい。

「おとり、たのむよ、うまくゆけば、コンミッションは出すからね」

「えヽ、コンミッション次第では一肌脱がないこともないわ・・・」と云ってやったら、好い気になって

「うまくゆけば二十円だすよ」って云ふから「ぢゃ前金でどう」って云ってやったら

「出来てからだ間違ひはないよ」と云いやがった。馬鹿々々しくてものも云へない。(つヾく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お酉さんの日記がどういう経路で新聞紙上に連載でのり得たかは置いておいて、女給の需要を生んだ男共の方にも大きな問題があります。

客も女給もどっちもどっち、という感じです。女給を責める前に足元を見ろ、と思います。

花街周辺の女性は、群がる男の鏡だと私には思えるのです。


結婚するなら芸妓?女給?それとも娼妓?_f0347663_11145675.jpg
   新開地



by gionchoubu | 2020-02-08 11:13 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

名妓

名妓_f0347663_11030005.jpg
大正五年ごろ大和屋芸妓学校生徒たちの写真。後列中央が大和屋女将阪口ゆき前列左端が上方舞の名手、竹原はん


花街史における昭和の巨人、大阪南地大和屋の主人、阪口祐三郎は自伝で芸妓の心得を書いております。その一部を紹介させていただくと

『お花に行く心得』

「往来にはドンな人が歩いていられるか判りません、将来大切なお客さんになられる方もまじっていられます、また一人を全体の芸妓さんの見本のように見られる時もありますから、往来を歩くときは廓の全権のつもりでいて下さい。さればとて、威張れというのではありません、“ツンとするな、シャンとせよ“です、あれでも芸妓かと後指をさゝれないようにして下さい」

『お座敷のつとめ方』

「ご挨拶が済んだら、まづ主客の別を見定め、客人を待遇することを忘れてはなりません。また同じお客さんの側でも上座のお客さんと、下座のお客さんがあります。この場合上座のお客さんを大切にすることは勿論ですが、同時に下座のお客さんをテラさぬように特に心懸けねばなりません。」

「お座敷の性質が判らねば充分なお取持は出来ません、自分で判らぬときはお茶屋さんでお聞きなさい、大体見知らぬお客から話かけ、見知りのお客を後廻しにするのが要領です。下座のお客さんを大切におもてなしすることは特に肝要です、これは将来大切なお客さんになられる方でもあり、また人気も下座のお方から出る場合も沢山あります。」

「勝手にお客さんを他所へお連れ出してはいけません、また芝居行、活動写真、買物などを、おねだりするのもいけません、殊に食べ物をおねだりするのは芸妓さんの一番の恥になります。」

「お客さんにお茶屋さんの道具を毀されるのは芸妓さんの落度です。酔うたお客さんのお世話をすることも勤めのうちです。朋輩の方がもて余すようなお客さんを上手に扱うことが出来れば一人前です。」

「正直ゆえに流行らぬお茶屋さんもなく、実意ある故に売れぬ芸妓さんもありません。小刀細工は長続きのしないものです。」

そして最後に

「名妓とは顔がよいだけでもなし、芸が出来るだけでもなし、お花を沢山売るだけでもなし、引いてからお客さんに惜しまれ、扱店(置屋)に惜しまれ、お茶屋さんに惜しまれ、朋輩衆に惜しまれるような人であります。」

蓋し、名言です。


by gionchoubu | 2019-02-21 11:04 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

関根虎洸氏著『遊廓に泊まる』

関根虎洸氏著『遊廓に泊まる』_f0347663_12242391.jpg

2018年7月30日、新潮社より関根虎洸氏著『遊廓に泊まる』が発売され、遊廓跡を訪ねるのを趣味にされている方の心はザワザワした事と思います。

人間には、一つのテーマにそって色んな物を集めたり、色んな所を訪れたりする本能があるようで、切手を集めたり、マッチ箱をあつめたり、さらには缶コーを集めたり、ほぼ全ての物で収集化が存在します。

旅館のお客で困るのは、最近は少なくなったものの、和紙のノートを持ち込み、自分が泊った記念に何か書いてくれと頼む人です。書いたり描いたりするのが好きな人のいる旅館はいいでしょうが、そうでない場合迷惑だと思います。

何故遊廓跡を巡るのか、色んな答えが返ってきそうです。私の場合、失われた郷愁を求めて・・・と言いたい所ですが、好奇心、興味本位、なんとなく面白そうだ・・・と言う事につきます。

さて、昭和三十三年四月に買春防止法が完全施行された時、廃業以外で赤線の妓楼が選んだのは料理屋、下宿、アパート、お茶屋、トルコ風呂・・・色々な想いが交錯したなか、多くの妓楼が旅館に転業しました。

転業した旅館の経営者の多くは、言葉には出さずとも、日本で何百年も続いた遊女渡世が無くなってしまうとは信じず、いずれ何らかの形をとって再開、とりあえずすぐ復活できそうな旅館を選んだのでしょう。

しかし観光地、温泉でもない土地、さして商工業が盛んな都市でも無ければあらたな宿泊者の需要はみこめませんし、そもそも観光地や温泉地や商業地では既存の旅館が凌ぎを削っており、素人同然の貸座敷経営者に参入の余地はあまりなかったでしょう。

五、六部屋以下の小規模旅館なら、なんとか家族で切り盛りし、小さな客室を利用して、商人宿の形で経営できたでしょうが、十部屋以上になると大浴場を男女で設置は不可欠、ボイラー以外にお湯の濾過、そのうえ循環設備の投資が必要となります。

ファミリー、小団体でも取るなら客室は広縁なくとも最低六畳と広間が必要となり改装というより改築が必要です。夕食を出すなら板場最低二人は置かねばならず、洗い場も必要、中番、仲居も揃えねばならず、ニッパチ(二月、八月)の閑散期にも給料を払わねばいけません。

ですから、今でも当時の建物で営業されている所は経営能力が高かったという事になると言えます。

同書で、筆者は紹介した旅館に宿泊し、できれば周辺で食事をして欲しいと書かれていますが、これは私も100%同じ意見です。

私自身、今丁度奈良の花街跡を追い求めているところですので、近々木辻の静観荘に宿泊しようと思いました。

同書をリュックに忍ばせ、そして心より感謝をしながら泊らせてもらおうと思います。





by gionchoubu | 2018-12-24 12:28 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

花魁道中


花魁道中_f0347663_15244478.jpg
2018年1月2日、太秦映画村の花魁道中(オイランドウチュウ)で数々の映画・テレビにご出演されている周防ゆう(スオウユウ)さんが中村座から吉原三浦屋まで、禿二人を先導に、背後から長柄の傘が差しかけられ、見事な外八文字の足さばきで道中されました。張りが有る見事な花魁道中でした。

花魁道中(おいらんどうちゅう)について、小菅宏著『図解 吉原遊郭 花魁の秘密』が分かりやすく説明してくれています。

“吉原の行事のなかで格別に華やかなのは、花魁が妓楼から指名した客が待つ揚屋(飲食する貸座敷)へ迎えに行く「花魁道中」である。

男衆(おとこし)の捧げ持つ箱提灯が先導し、花魁付きの禿(かむろ、将来の花魁を期待される幼い女子)や振袖新造(花魁の妹女郎)らを引き連れ、しんがりに遊女を監視取り締まる遣り手(老練な遊女上がりの大年増)が従う行為だ。

妓楼から揚屋まではわずかな距離なのだが、指名してくれた大事な客を必死の思いで迎えるとの花魁の心境を、旅に出るほどの覚悟(江戸時代の旅はいろいろな手続きがあり、特に女性の出国は厳しかった。「入り鉄砲に出女」の言葉は、江戸に入る鉄砲と出る女の二つを特に警戒したことに由来する)で向かうといった意味合いから「道中」と名付けられた。

補足させていただくと嶋原や太夫道中、大津馬場町の天神道中、吉原の花魁道中とも、高級遊女は背後から長柄の傘が差しかけられるのが常でした。

次に小野武雄著『吉原と島原』の説明を見ると、

“遊女の衣装のみごとさはいうまでもないが、異色なのは髪飾りと下駄と歩き方であった。髪には十二本の簪がさされ、足には大きな駒下駄がはかれ、不思議な歩き方をする。その歩き方を八文字の踏み方といい〜略〜道中の行列が賑々しくなりはじめた元禄の頃には、新造、禿、遣手、夜具入りの籠(つづら)・三味線・太鼓を運ぶ男たち、晴天でも長柄の傘をさしかける男、幇間などが加わった。そして遊女の格式に従って禿の数も二人とか三人とかにきめられてあり、はこばれる夜具・枕箱・小箪笥にも、それぞれ規定があった。

さらに完成期の文化、文政の頃の行列には、金棒引き、箱提灯持ち、番頭新造、振袖新造、禿、遣手などが加わった。

遊女の衣装も華麗を極め、紗綾・縮緬・羽二重・羅紗・ビロード・金襴緞子・綸子など贅を尽した。

この八文字の歩きかたについて、島原の太夫はまっすぐ前を見据え内八文字を踏み、脇見をすることはありません。

一方、外八文字の花魁さんは、道中お馴染みさんを見ると、挨拶なども交わした様です。

花魁道中_f0347663_15251014.jpg
花魁道中_f0347663_15320904.jpg
花魁道中_f0347663_15330057.jpg
                     目が合いました・・・
花魁道中_f0347663_15340920.jpg
花魁道中_f0347663_15343172.jpg
花魁道中_f0347663_15344917.jpg

by gionchoubu | 2018-01-03 15:35 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

大阪四花街展

大阪四花街展_f0347663_11453104.jpg
                    南地五花街跡はカオスの様相


平成二十九年四月三日(月)〜二十八(金)
大阪府立中之島図書館本館三階展示場にて『大阪四花街展』上方文化としての大阪花街〜北新地・南地五花街・新町・堀江〜が催されています。

https://www.nakanoshima-library.jp/wp/wp-content/uploads/32a47402e1184c05e566d934d905103d.jpg

私も以前、「舞妓さんMY COM」というブログの「亡くなった大阪の遊所」という題で一年程、古今大阪の遊郭・花街を追い続けました。

突然原因不明のままブログ全体が消えてしまいましたものの、大阪の花街は繁く通った中之島図書館とともに格別の想い入れを持ち続けています。

会場に入ると、北陽(北新地)演舞場の見事な姿が写真で蘇っています。大林工務店が手がけたものです。京都では先斗町の歌舞練場が大林組の手によるものです。ちなみに祇園東による“祇園ねりもの”の二台の屋台は竹中組が制作しました。これはある所に保管されております。(場所は公表できかねる事情があります)

さて、今回の展示は、テーマにより、大阪天満宮、今宮戎神社、芸術名品コレクション、住吉大社、四花街連合大阪おどり、大阪の花街について、現在の大阪花街などで、週替り展示として、天神祭り、上方文化がありました。

大阪南地で大阪芸妓の代表の一人、富田屋八千代の直筆よる日本画に掛け軸も展示されています。明治36年刊『夜の大阪』もショーケースに有り、往年の八千代の姿を偲べます。

堀江、新町両花街のジオラマの展示も見ものです。新町のジオラマは以前、中央図書館の新町展でも見た事があります。

ビデオで、南地大和屋から東京の新橋に移った、日本舞踊の代表者の一人“武原はん”の踊りも見る事ができました。

今回の『大阪四花街展』の協力・資料提供を見ると、

阪口純久(南地大和家)
上方唄、長尾多栄(大和屋芸妓部福笑)
谷川恵(お茶屋、たに川の若旦那)
西川流、西川梅十三(北新地芸妓組合)
鶴太良(西天満のお茶屋)
四代目、旭堂南陵
長山公一(大阪春秋編集長)
野杁育郎(なにわ名物研究会会長)
水知悠之介(NPOなにわ堀江1500代表)
古川武志(大阪市史編集所大阪市史料調査会)

錚々たるメンバーです。


by gionchoubu | 2017-04-15 11:47 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

花名刺と千社札(宮川町編)

花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11232458.jpg
花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11235857.jpg
花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11242894.jpg
花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11245814.jpg
花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11254031.jpg
花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11261130.jpg
花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11264038.jpg
花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11271917.jpg
花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11280040.jpg

花名刺と千社札(宮川町編)_f0347663_11285434.jpg
 私が座敷で司会させて頂いた宮川町の舞妓、芸妓、地方さんの花名刺、現役の人、廃業された人、色々です。

“芸妓さん、舞妓さんがお客さんに渡す、小さな和紙の名刺。「花名刺」は幾岡屋さんのオリジナル製品の名称です。現在は、シール・タイプもあります。大正から昭和にかけて活躍した染織図案化・松村翠鳳がお茶屋遊びの折に考案したものです。もとは家紋と名前を和紙に捺したシンプルなものでしたが、次々と季節にちなんだお花や風物などの多様な図案が生み出されていきました。その後、娘の松村幸子さんが花名刺づくりを受けつぎ、現在は幸子さんの姪にあたる林久子さんがお一人で作成されています。

花名刺は木版で、デザインは二百種類ほど、色ごとにわけられた版木は千個はあるそうです。複数の版をくみあわせて絵柄をつくっていきます。ぼかしは、ひわ色、水色、桃色、橙、紫の五色あり、濃淡も使い分けて表現しています。文字入れは文字専門の職人さんが版木を作成しています。名刺の上部に赤い線をいれたり、周囲をすべて赤い枠でかこったりと、注文主の好みでアレンジをくわえていきます。

本来のお客さんである芸舞妓さん以外にも、女優さんや踊りのお師匠さん、男性のお客さんでも作られることがあるそうです”

以上は『舞妓の美―花街を彩る匠の技―』で、山本真紗さんが執筆されたものです。

ちなみに、一般的に、この花名刺は千社札と呼ばれることの方が多いようです。


by gionchoubu | 2016-11-06 11:29 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(2)

都をどりと伊勢音頭

都をどりと伊勢音頭_f0347663_12352937.jpg
   亀の子踊り

古市の伊勢音頭が亀の子踊りの別名を持つのは、踊りといっても両の手先を胸先三寸のところで、上下に振り動かすことからです。これなら踊りの素養がない娼妓でも簡単に振りを覚えられるということになります。

代表的な備前屋の地方は芸妓六人で左右に胡弓一人づつ、三味線二人、歌二人で、備前屋音頭歌は出だしが、√さくら花、たかゑかくにもさかりとは、いいあわせねど人こころ、うつりやすさよ世の中の、恋のつぼみのひらくまで〜、というもので、妓楼によって演奏法も娼妓の出方、引き方も夫々の工夫がありました。

この備前屋は「桜襖」油屋が「重ね扇」杉本屋「菊の寿」で何れも七五調で、歌詞は永く、優雅にできていました。

この亀の子踊りが祇園甲部の都をどりのベースにあるというのは知られた話です。もともと関西の座敷舞は(畳)半畳舞とか一帖舞といわれるように限られたスペースで限られた御客を楽しませる様発達したもので、多くの客に舞台で見せるという発想は必要有りません。

『京の舞踊』で田中緑江さんは「槙村(後の京都府知事)は祇園新地の取締役をしていました杉浦次郎右衛門と相談し、その頃この花街の踊は篠塚流の舞でしたのを三代目井上流の片山春子にここの踊を担当する話になりました。引き受けたものの何をしたらよいのか師匠たちが集り相談の末、下河原のまくづ踊が華でよいが、あれは伊勢音頭を真似たものやから、皆よって伊勢音頭を見に行こうやないかということになり役員から師匠達共々伊勢宇治山田の古市へこれを見学にいきました」と都をどりと亀の子踊りの間に前回述べた東山名所踊り(まくず踊り)が介在していたことを紹介しています。

そして「一行はこの踊子の出るのは華やかでよいのですが、囃方が前に列んでは多くの客がはいれませんので、地方を正面の後列に囃方をその前に並べました。」と都をどりと伊勢音頭の配列の違いを、理由とともに説明してくれました。

明治五年、第一回のみやこ踊りが新橋西入南側の路地(現在旅館ギオン福住辺りか祇園東の置屋岡とめ辺りの内どちらか)の松之家という寄席で催されたのですが、その出演者であった名妓、三宅美代鶴は「アノ時は新橋の松の家という小さな寄席で、踊子は矢張り左右の花道から出ましたけれど、お囃子と地方は正面の雛段に並んでいやはんたんどす。」と回顧しております。

ちなみに松乃家で開催されたのは第一回のみで、二回目からは花見小路西側に新しい会場を求めました。現在は花見小路東側の祇園甲部歌舞練場です。

昨年(2015)年発行『ステージショウの時代』中野正昭編の著者の一人、濱口久仁子氏が第三章「宝塚歌劇の日本舞踊とその周辺」で都をどりと宝塚歌劇の共通項を解き明かす過程で、この亀の子踊りにも触れられています。


by gionchoubu | 2016-04-15 12:42 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)

古市伊勢音頭

古市伊勢音頭_f0347663_13130551.jpg
                                 備前屋の伊勢音頭

三重県にあった古市遊廓は非公許ながら公許であった江戸の吉原、京の島原、そして大阪の新町の三大遊廓とあわせて四大遊廓の一つに数えられ、寛政六年(1749)古市の大火で焼けた後、これが新築のきっかけを生み、三都の遊廓をしのぐ大廈高楼が軒を並べ、古市は全盛期をむかえます。

「伊勢参り 大神宮にも ちょっと寄り」という川柳がその気分をよく伝えています。

江戸時代、伊勢参りする人は順序としてまず外宮へ参り、古市を通って内宮を参ったもので、実は古市が本来の目的の伊勢参り客も多かったのです。

伊勢音頭は古市の遊廓が名古屋の西小路、富士見ケ原、原の三箇所に支店をだし、郷土色をだそうと地元の河崎音頭で遊客をもてなして評判を出しました。これが伊勢の音頭ということで伊勢音頭という名で呼ばれました。

元分三年(1737)に名古屋遊廓が廃止になったとき、古市が出した支店も戻って来る事になり、そのとき持ち帰ったのが伊勢音頭だったのです。

この古市伊勢音頭の発生は野村可通「伊勢古市考」によるものです。

古市では遊女の顔見世としての要素が多分で、たとえば代表的な備前屋ですと、舞台は正面と左右におおきくせり出したもので、踊り手は左右より十名ずつ「よいよいようやな」と掛け声をかけて踊りながら、中央で行き違いになり、反対側の通路に消えていくものです。

遊客はたとえば右から出た前から三番目の妓というような選び方をしたのでしょう。

「京の舞踊」で田中緑江さんは寛延(1748~1750)の頃、備前屋の思いつきで、沢山のお茶屋のうち、大楼の広間に三方に舞台を作り、これに遊女に揃えの衣装を着せ。左右の花道から十人づつ踊りながら出てきて正面で入れ替わって左右に別れは入る、と書いています。

明治時代になると三方がせり上がりの板廊下、拍子木の音と共に朱塗りの欄干が下からせり上がり、上から提灯や造花などが下がってきました。


古市伊勢音頭_f0347663_13144720.jpg
古市伊勢音頭_f0347663_13151599.jpg
古市伊勢音頭_f0347663_13155829.jpg


by gionchoubu | 2016-04-11 13:16 | 遊郭・花街あれこれ | Comments(0)