人気ブログランキング | 話題のタグを見る


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった山陰の游所
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
亡くなった東海の花街
亡くなったその他の遊所
亡くなった日本の遊郭
亡くなった四国の游所
未分類

以前の記事

2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 01月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> 花月さん 私も気を..
by gionchoubu at 15:53
ぞめき様 お返事ありが..
by 花月 at 13:14
> 花月さん コメント..
by gionchoubu at 23:52
初めまして、角屋の建築に..
by 花月 at 02:02
お返事ありがとうございま..
by kinsan at 18:15
> kinsanさん ..
by gionchoubu at 21:56
上京の雇中居倶楽部はどこ..
by kinsan at 17:51
> ケルシーさん コメ..
by gionchoubu at 07:51
すみません、最近にぞめき..
by ケルシー at 00:47
気になって町名を調べまし..
by 箕山 at 19:33

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

昭和33年12月の京都府の旧赤線
at 2022-05-27 22:57
西木屋町 乙女倶楽部 その三
at 2022-05-23 09:43
西木屋町 乙女倶楽部 その二
at 2022-05-20 10:24
西木屋町 乙女倶楽部 その一
at 2022-05-06 12:45
甲府若松町の花街
at 2022-04-12 21:04

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

姫路の白線と花街

姫路の白線と花街_f0347663_16400913.jpg
神戸新聞、昭和33年3月10日の記事「赤線は消えるが・・・」に、姫路署の調べによると市内の白線(ぱいせん)業者は東新地三十軒(従業婦六十人)山陽新地十二軒(従業婦三十人)白国、伊伝居周辺に八軒(同約四十人)が散在、別に街娼婦約三十人、ポン引約五十人がいる。

これらの業者は殆どが飲食店経営営業もしくは無許可で商売を続け従業員に客を取らせている。

とあります。伊伝居(いでい)は赤線梅ヶ枝の直ぐ南で歩いて五分ほどの住宅地です。さて、東新地と山陽新地はどこでしょう?

答えは一年後の神戸新聞昭和34年3月28日の記事「あれから一年 赤線の灯は消えたが・・・」にありました。

記事には「姫路の売春は生きている。“ただ北から南へところを変えただけだ”と姫路署の一署員はずばりいいきっている。

姫路市内で売春地帯として公然と活動しているのは山陽姫路駅の南、通称“南地”の一部と光源寺前町の通称東新地。南地は二十五軒、売春婦六十人、ポン引二十人、東新地は十八人、売春婦三十人―四十人、ポン引約十人と警察は推定しているが、いずれもスタンド、バー、飲食店にカモフラージュしている。

それに最近目立ってきた傾向は非常に組織化してきたこと。道路で客を引く女たちの周辺には必ず見張りがつく。

金払いの悪い客がわめけばどこかららか若い遊人風の男たちがドッと出て来てたちまち袋だたきにする。

女が警察につかまると至れりつくせりの差入サービスするなど暴力団のバックが白線をガッチリ支えていると姫路署はいっている。~略~」

山陽新地は南地の事だと思います。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

姫路の花街に関して情報は極端に少なく実態像は殆ど掴めていません。

明治十年、姫路は芸妓、舞妓の許可地域に定めらており、

兵庫県統計概表によると明治十三年に西魚町に芸妓56人、舞妓6人とありました。

姫路の歓楽街魚町通りの碑の文面です。

“江戸時代初めの西魚町は、魚屋が立ち並ぶ町でしたが、江戸時代中期以降、料亭や芸妓屋などが立ち並ぶ花街へと姿を変えました。

明治7年、姫路城内に日本陸軍が駐屯すると、この界隈はますます賑やかになり、大正時代には芸妓137名・舞妓19名が在籍しました。

今日では芸妓の姿をみることはできませんが、今でも多くの居酒屋などが立ち並び、朝まで賑わいが続きます。”

姫路市が出した『姫路百年』の盛り場慕情に

「ますます活気を見せる姫路の商工業に呼応するかのように、花柳界もにぎわった。福島楼や井上楼などの料亭や小料理屋が軒を連ね、検番も置かれた魚町は、姫路一番の盛り場としてにぎわった」とし、芸妓衆による姫路踊りや、昭和天皇のご成婚を祝い練り歩く芸妓の写真が載ります。

昭和30年代には魚町通りには柳の木や粋な板塀など花街の雰囲気が残っていたという事は戦前で花街は無くなったと推測されます。

姫路の白線と花街_f0347663_16405147.jpg
東新地
姫路の白線と花街_f0347663_16421501.jpg
                南地(山陽新地のはず)
姫路の白線と花街_f0347663_16432490.jpg
 同じ場所を反対から
                
姫路の白線と花街_f0347663_16441660.jpg
姫路の白線と花街_f0347663_16444459.jpg
姫路の白線と花街_f0347663_16540990.jpg
姫路の白線と花街_f0347663_16544258.jpg
江戸期から続く森重さん


by gionchoubu | 2019-12-16 16:27 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)