人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> いたみんみんさん ..
by gionchoubu at 15:20
初めまして。伊丹の住人、..
by いたみんみん at 19:51
>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

永瀬楓と宝恵駕籠
at 2020-01-10 10:16
兵庫 佐比江遊郭
at 2020-01-08 11:33
兵庫の遊廓、女郎隣、真光寺前..
at 2020-01-04 12:01
南地大和屋へらへら踊り
at 2020-01-01 11:45
花隈の花街
at 2019-12-24 16:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

姫路 梅ヶ枝遊廓

姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14120921.jpg
        梅ヶ枝で2009年撮影、現在この建物はありません。昭和20年以降の建築です。

姫路の古二階町の東にあった茶町はさらに前は高尾と呼ばれており、天正四年(1576)『播磨府中めぐり』に「宿の本村より東南一丁半高尾の宿所、四十斗の農家、国府氏が智(知)所、(中略)高尾に夜ほつ多し」とあります。(平凡社『兵庫県の地名2』)

夜発(やほち、やほつ)とは立君、辻君、夜鷹、総嫁などと同じく路傍にたって客をひく下等私娼の名称になります。

しかしこれは私娼の集まりで遊廓とは言えないでしょう。

姫路の野里の梅ヶ枝にいつ遊廓ができたか答えてくれる資料は、姫路市史等さがしたものの今の所分かりません。

1959年の新聞を見ても百年前とか百数十年前とか、ざっくりした数字で出典とかも示されていません。

幸いなことに『諸国遊所競』に播州姫路が、それもかなり上位、上から二段目に出ていたので天保時代(1831~1845)以前には存在したことになります。

『兵庫県警察史 明治・大正編』に明治十年、播磨国、姫路に芸舞妓の許可地域が定められ、明治十三年に野里村に芸妓9名、舞妓2名が記されています。

さらに『兵庫県統計書』に明治十二年、梅ヶ坪(町名は後日梅ヶ坪から梅ヶ枝に変りました)に貸座敷17軒娼妓105人がおりこれが明治21年には貸座敷11軒、娼妓66人になっています。

昭和5年『全国遊廓案内』によると姫路市梅ヶ枝遊廓には貸座敷11軒、娼妓96人、店は写真店で娼妓は居稼ぎ制、廻しはとらず、芸妓ももう居ませんでした。

昭和20年6月に戦災で消失したものの、戦後米軍の進駐とともに復活し、業者は自衛隊の駐屯や競馬場の開設を見越して再建に力を入れたので、一時は戦前を遙に凌ぐ盛況になりました。

公娼制度廃止時(昭和21.1現在)姫路には貸座敷10軒に娼妓数73人がおりました。

昭和32年12月31日現在、兵庫県警調べによると16軒の業者に110人の従業婦がいました。

そして昭和33年4月に売防法完全施行で廃業、15軒の業者の内2軒がお座敷サロンとスタンドになったほか13軒はそっくり団体旅館に様変わり、入り口には観光旅館街と書かれたゲートが建てられました。

残りの一軒は・・・資金ぐりの苦労で各業者とも苦心さんたん、経営者が高利の借金に苦しめられ食物も喉を通らない奇病でお亡くなりになった様です。

そして貸席事務所を中心に三百坪の土地を買い五百人収容、鉄筋三階建ての「野里梅ヶ枝温泉」を建て、一大娯楽センターにする計画が持ちあがり、接客婦三十人を従業員にあて、残りを転業した旅館の仲居や女中にするというものでした。

昭和34年3月23日の神戸新聞をみると開業して一年弱で団体客を中心に延4,849人の客を獲得しました。

北山梅ヶ枝観光旅館組合長は「いまから思えばよくまあここまで来たと思います。発足当時はつらいことばかりで二、三ヶ月の間は客が“女を出せ”」と言ってゴネ、敷布団に茶をかけたり怒鳴り散らしたり、また夜中に酔って表戸を叩き“酒を飲ませろ、女を世話しろ”という客もありました。〜略」

多分当時、日本全国の転業旅館で見られた光景でしょう。

そして今、営業されている旅館は見当たりません。旅館は立地が命、梅ヶ枝は白鷺城からも、姫路駅からも、繁華街からも随分離れた場所にあります。

多分計画として、団体受け入れとして大浴場と宴会場、調理部門をを一大娯楽センターに担わす予定であったと想像されるものの実施された様子はうかがえません。

その他バスの駐車場も必要なので、当初物珍しさで需要があったとしてもなかなか続ける事は難しかったでしょう。

姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14160174.jpg
姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_16543414.jpg

玄関
姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14174654.jpg
側面
姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14181599.jpg
庭側、以上現在残る二軒の内の一軒
姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14204509.jpg
姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14214615.jpg
招き猫
姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14221494.jpg
                 以上もう一軒
姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14280772.jpg
              茶町の名残がありました。
姫路 梅ヶ枝遊廓_f0347663_14301146.jpg
                 古二階町


by gionchoubu | 2019-12-12 14:14 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)