人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> いたみんみんさん ..
by gionchoubu at 15:20
初めまして。伊丹の住人、..
by いたみんみん at 19:51
>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

永瀬楓と宝恵駕籠
at 2020-01-10 10:16
兵庫 佐比江遊郭
at 2020-01-08 11:33
兵庫の遊廓、女郎隣、真光寺前..
at 2020-01-04 12:01
南地大和屋へらへら踊り
at 2020-01-01 11:45
花隈の花街
at 2019-12-24 16:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

姫路 夢前新地とアルサロ

姫路 夢前新地とアルサロ_f0347663_12170045.jpg
             夢前新地と思われる所

『全産業住宅案内図帳』昭和33年を見ると、先日中門新地と教えて頂いた場所には食品店(現在も営業)、電気屋、菓子店、時計店などでスナック等は一切ありません。

ただし中門通りの一画に11軒のカタカナのお店?が固まっている筋がありました。ただ地図の手書きの字があまりに小さく一軒も正確に読めません。スナック群の様な感じは受けます。

中門新地の特定は今のところ出来なくなりました。

一方、六軒家と教えていただいたあたりはまさに歓楽街で、夢前新地はここでほぼ間違いないと思います。そこには安兵衛旅館、銀閣旅館、春日旅館、都旅館、玉ノ屋旅館、そして最後まで旅館が残っていたと教えていただいた場所に旅館和尚と夢前旅館が載っています。

さらに4軒のパーマ店、3軒のスタンド、1軒のバー、1軒のパチンコ屋、食堂、喫茶、お好み屋併せて12軒、広畑射的場、そして広畑花国?アルバイサロンがありました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

アルバイトサロン、略してアルサロが最初に現れたのが大阪の千日前で、時は昭和25年、その店の名は“ユメノクニ”といいました。

接待の女性は女子学生、OL、主婦などの素人女性を保証給を出して雇い、「素人の手作接待」を掲げました。

このユメノクニのホステスの動機で最も多かったのが「自分の生活費を稼ぐため」次いで「家族を助けるため」そして「結婚の準備金を稼ぐため」でした。

大阪で花開いたアルサロが東京に伝わってオープンしたのが昭和28年、銀座2丁目にあった「赤い靴」でその後「メリー」「君の名は」「白いばら」「シルバーゴールド」が銀座に出来ました。

当時の募集広告に「上品な純喫茶スタイル。お迷いにならずデパートにお勤めになる気持ちで安心しておいて下さい。」というのがあったそうです。

このユメノクニは昭和63年に閉店、まさに昭和時代の終わりでした。

ちょうどその頃、「アルサロ」と交替するかの如く昭和62年に池袋で現れたのがキャバレーとクラブを合併した「キャバクラ」でした。

参照:小泉信一著『裏昭和探検 風俗、未確認生物、UFO・・・』

それにしても、赤線、青線全盛時代、お金を出せば簡単に欲を満たせる時代・・・男性客はアルサロに何を求めたのでしょうか?

素人ぽい女性でしょうか?

擬似恋愛でしょうか? はたまた普通の恋愛でしょうか? 

男は面倒くさい生き物としか言いようがありません。



by gionchoubu | 2019-12-08 12:17 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)