人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

> いたみんみんさん ..
by gionchoubu at 15:20
初めまして。伊丹の住人、..
by いたみんみん at 19:51
>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

永瀬楓と宝恵駕籠
at 2020-01-10 10:16
兵庫 佐比江遊郭
at 2020-01-08 11:33
兵庫の遊廓、女郎隣、真光寺前..
at 2020-01-04 12:01
南地大和屋へらへら踊り
at 2020-01-01 11:45
花隈の花街
at 2019-12-24 16:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

姫路夢前新地、中門新地

姫路夢前新地、中門新地_f0347663_12082848.jpg
                        中門新地跡

昭和33年3月16日の朝日新聞の兵庫版によると売春防止法施行前の姫路夢前(ゆめさき)新地は青線に分類され、14軒の業者に94人の従業婦がおりました。(32.12.31現在 兵庫県警調べ)

姫路市は赤線として古くから梅ヶ枝新地と湛保があったためか、どうしてもこの時期の記事で売春防止法関連の姫路の項はこの二つの旧遊廓になってしまったようで夢前新地の詳しい情報を見つけることは出来ませんでした。

神戸新聞の兵庫版、昭和33年3月10日では戦後に誕生した姫路広畑区、夢前、中門新地に業者十一軒と記されています。ただし赤線に分類されているので、当時でも赤線と青線の分類は曖昧な所があったのでしょう。

ただしこれは青線を赤線とする事があるのみで赤線を青線とした例は無いようです。

ちなみに読売新聞の播磨版、昭和33年3月6日では飾磨所管轄の青線として夢前新地、中門新地の二箇所を上げおり、この二箇所は別の青線と捉えています。

はたして夢前新地と中門新地とは別に存在したのでしょうか?

幸い地元の当時を知る人にお会いすることはできお聞きすると、中門新地はご存知なものの逆に夢前新地はご存知ありませんでした。

中門新地は予め予想したとおり広畑の中門通りに面していました。当時その方によると、たぶん解散後の様子と思われますが、飲み屋街だったとの事、ただしその中で何が行なわれていたは知る由がない、ともおっしゃていました。

そして解散した後、五、六年で面影も消えたようです。

そしてその方から中門新地から少し離れたところに六軒家(屋?)と呼ばれていた場所に二階に小部屋が幾つもある旅館があり、この二階で事が行なわれていたとの貴重な証言を得ることができました。

残念な事にその建物は数年前に駐車場になりました。

つまりこの六軒家が夢前新地で、中門新地と分けて考える人もおれば、一緒くたにした人もいたというのが私の見方になります。

ただしこの“ろっけんや”も俗称のようで直ぐ近くの方も聞いたことが無いとおっしゃっていました。

さて、相生の新地には川尻特飲街、大島新地、那波川新地等の呼び名がありましたし、前回の伊丹新地も地元の人は五番街と呼んでいた様でした。

そもそも青線は戦後誕生しており、昭和33年に表向きは解散しております。加古川の関根新地などわずか3年の営業機関でした。つまり名前すら定着するまでに終焉したところもあったのだと考えられます。


尚、当時を知るその人によると、広畑の青線を潤したのは近くの大手企業の工場関係の人や船乗りたちで、今でも需要があるのかどうか分かりませんが多くのスナック系の看板が目立ちました。実際に夜に灯が灯るかは、日のあるうちにこの地を離れたので定かではありません。


姫路夢前新地、中門新地_f0347663_12104109.jpg
                         六軒家
姫路夢前新地、中門新地_f0347663_12115658.jpg
姫路夢前新地、中門新地_f0347663_12123434.jpg
姫路夢前新地、中門新地_f0347663_12125598.jpg


by gionchoubu | 2019-11-22 12:13 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)