人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

加古川関根新地 四
at 2019-09-19 14:26
赤線、青線、白線、紫線
at 2019-09-15 11:18
加古川 関根新地 三
at 2019-09-12 11:43
加古川 関根新地 二
at 2019-09-08 11:00
加古川 関根新地と検番筋
at 2019-09-03 18:06

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

加古川 関根新地と検番筋

f0347663_18041381.jpg
                        一番手前が一力               

短命だった加古川の平野の関根新地を訪ねてみました。現在関根の文字を平野で見ることはありません。

『古地名新解 加古川おもしろ誌』編者 石見完次に

関根 一里塚のあった辺で、旅客の関所であったか。また水路の集まった地点だから堰の根ということか。古老も言わず推量するほかない。

となんとも頼りありません。このレアな地名を新地にもってきた名付け親にどんな拘りがあったのでしょうか。

昭和33年の3月2日の神戸新聞に『ようやく転業へ踏切る 加古川関根新地 料理屋と旅館に 従業婦の大半は帰郷』の見出しがあります。

これによると、転業対象十五軒のうち料理屋に転業するのが「新月」「大門」「百万両」「白牡丹」「都」の五軒、旅館に転業するのが「三日月」「第一文福」「錦」「第二文福」「鈴峯」「二鶴」「一力」「八千代」「常盤」「寿」十業者あります。

この新地は田の真ん中にあり、不利な条件の為日常の商売には向かず、旅館や料理屋以外の転業は難しかったようです。

紙上では関根新地を赤線と位置づけておりますが実際は赤線と何ら変らない青線のはずです。(理由は近ゞ述べます。)

読売新聞の兵庫版、昭和33年3月16日によると、3月15日に新地会事務所で加古川保健所予防課長、糟谷市夫人相談員らも出席した解散式があり、組合長は

「みなさんのためにもっと盛大なお別れの会をしたかったのですが、移転で借りた借金がまだ残っている現状、なにもしてあげられなく申しわけない。これからさき身体に気をつけて元気でくらしてください。」と挨拶しました。

発足して三年しか経って新地で、たぶん兵庫の他の赤線から移転してきた業者も、大きな借金が残したままの解散という嘘偽りのない挨拶だったのでしょう。

さて、神戸新聞に戻ると、新地に残って働く意思のあるものは検番筋から師匠を呼び、三味線などの芸を身につけさせ、一応の体裁を整えてから芸者として席に出す予定、と書いてあります。

加古川駅の南に検番筋はいまでもありますが、聞き取りによると昭和四十年代には検番もなくなり加古川の花街も終焉を迎えたようです。

かつて検番筋には芸妓置屋が並んでいたそうです。

ただ調べた限り、加古川の花街に関する記述は得られませんでした。

f0347663_18075157.jpg
                  この区画に十五軒あったはずです。面影ゼロです。

f0347663_18080846.jpg
行き止まりです。新地として孤立させる意思が読み取れます。

 

f0347663_18145675.jpg
昭和二十五年ごろの検番筋
f0347663_18160331.jpg
                  多分ここかと
f0347663_18264468.jpg
検番筋
f0347663_18281214.jpg
    加古川検番筋の看板
f0347663_18302297.jpg
f0347663_18305406.jpg
f0347663_18334458.jpg
検番筋から抜ける道
f0347663_18351280.jpg
                       繁の家
f0347663_18361344.jpg
                        スナック街


by gionchoubu | 2019-09-03 18:06 | 亡くなった兵庫の游所 | Comments(0)