人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

姫路の白線と花街
at 2019-12-16 16:27
姫路 梅ヶ枝遊廓
at 2019-12-12 14:14
姫路 夢前新地とアルサロ
at 2019-12-08 12:17
室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

奈良RRセンター その三

奈良RRセンター その三_f0347663_11095676.jpg
            旧尼ヶ辻の一丁~四丁にその面影はありません。
            現在の尼ヶ辻西町、北町、中町は全く別の場所なので注意が必要。


現在の町並みから奈良R・Rセンター及び当時の周辺の様子を想像することはできません。三条通りが拡張され、当時急造された建物も、私の見た限りありません。パンパンの入ったとされる農家自体も殆どなく静かな住宅地となっています。

また町名も変わっています。昭和四十一年の住宅地図によると、当時奈良R・Rセンター及び周辺にあった尼ヶ辻一丁目~四丁目、横領竹花町は現在、三条大路三、四丁目、西大路三、四丁目等に町名変更されています。

大阪市しかり、大津市しかり、奈良市でも惨い町名変更が滞りなくされておりました。

さて、R・Rセンターの東に側に隣接した尼ヶ辻一丁目においては三十四戸中三十戸とほぼ90%がパンパンに部屋貸しをしており、四畳半、六畳一間を一人四千円から五千円が相場でした。

何丁目か分かりませんが、Yさんはバーユニオンに土地三坪ほどを貸しました。その三坪の土地にはトタンでバラックが建てられ、連れ込み宿になりました。

その利潤の分配はパンパン所有者二割、小屋経営者三割、パンパン五割であり、一泊使用はまれで法をくぐった一時間~二時間の時間貸しで一時間二千円が相場でした。

一丁目で儲け頭とされた別のバーの経営者は自動車二台を所有し、夫人の奈良へのお使い等は高いハイヒールをつっかけてハイヤーを飛ばす豪華さでした。

センターが開設された当時部屋を貸すにしても人目をはばかっていた村民も、閉鎖前では「もうけへんのは、かいしょなしや」という意識の変化があったといいます。

R・Rセンターの西側の尼ヶ辻三丁目には如月ホテル(二十八年二月建設、経営者は橿原の人、桜ホテル(二十七年十月建設、経営者は大阪の人)があり、大阪や京都に行くことができない兵隊が利用しました。

京都まで足を伸ばす兵隊が特に宿泊に利用したと言われるのが洛陽ホテルでR・Rセンター責任者R・エリクソンとの連絡でタクシーのリレー制がとられ、これに利用されたのが京都駅前の弥栄タクシーだったという事です。

噂によると、「京都はうまいことしはりました、奈良にもあれば・・・」と奈良側の春日ホテルに交渉した者もいたが、春日ホテルは「後ほどの事もあって」と断わったという事です。

参照:古都の弔期 奈良R・R・センター調査報告書 奈良R・R・センター調査団

奈良RRセンター その三_f0347663_11104145.jpg
   当時 都跡小学校の児童でパンパンごっこがはやりました。
奈良RRセンター その三_f0347663_11130610.jpg
                旧三条からRRセンターのあった拡張後の三条大路をのぞむ。


by gionchoubu | 2019-05-03 11:11 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)