人気ブログランキング |


花街あれこれ *このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。


by gionchoubu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
上七軒
遊郭・花街あれこれ
先斗町
宮川町
ねりもの Gion Nerimono
舞妓・芸妓
祇園東
五番町
雇仲居
京都の花街・遊廓
遊廓、花街の類形
亡くなった大阪の游所
亡くなった滋賀の遊郭
五条楽園
私娼
島原遊郭
祇園
パンパン、赤線
島原、輪違屋太夫 賛姿語録
*リンク
亡くなった奈良の遊廓
亡くなった兵庫の游所
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

>ぞめき様 ありが..
by ignatiusmaria0319 at 17:02
> 文車さん 実は..
by gionchoubu at 11:51
> 文車さん TS..
by gionchoubu at 11:46
ぞめき様 暑中お見舞い..
by 文車 at 17:06
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 19:28
本ブログを読んで、「芸能..
by こうざん at 22:42
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 14:51
こんばんは、近江八幡池田..
by こうざん at 00:23
> こうざんさん ..
by gionchoubu at 17:59
gionchoubu様 ..
by こうざん at 00:24

メモ帳

最新のトラックバック

美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

室津、日本で一番長く続いた遊郭
at 2019-12-03 16:14
西成、カラオケ居酒屋 孔雀
at 2019-11-28 15:49
室津遊郭
at 2019-11-24 13:51
姫路夢前新地、中門新地
at 2019-11-22 12:13
伊丹新地と五番街
at 2019-11-17 14:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
近畿

画像一覧

あやめ池新地

f0347663_12200024.jpg

当時を伝える建物、現在病院として使用されています。元は紀の国屋という旅館でした。こういった形で保存されているのは大変素敵な事です。(2月10日付記、ブログでこの建物を紀の庄とされている方がいらっしゃいまして、そちらの方が正しいかもしれません。)

大正15年にあやめ池遊園地開園(花菖蒲園、演舞場、小運動場等の施設)

昭和4年「あやめ池温泉」開園しました。

大阪朝日新聞大和版、昭和4年7月21日によると

「きのふ開館したあやめ池温泉 四十万円もかけた頗るモダンな建物」

昨二十日から開館した大軌直営(現近鉄)あやめ池温泉は工費約四十万円、延坪九百坪のドイツ近世式といふすこぶるモダンな大建築で、円天井の明るい男女大浴場をはじめ特別浴場、撞球(ビリヤード)室、新聞雑誌閲覧室、遊戯場、階上には余興室、囲碁室、カフェーがあり、屋上には展望台、地下室は大衆食堂で新しい試みは浴場に絶えず、冬は暖かく夏は涼しい空気を送る装置や周囲の間接照明、さては入湯生理応用の便所などである。

家族室はうつくしい日本座敷で時間貸しをするなど全く都会式で居心地よくつくられてゐる。

二十日から三日間は歌舞伎を加えた余興が行われ、付近には「あやめ新地」と称する芸妓置屋の一画を新設すべく目下工事中である。

ネットで見ることが出来る『明治後期から昭和初期の大阪近郊における遊園地と花柳街:都市娯楽施設の史的研究』安野彰著によるとこの昭和四年に駅の南側であやめ池温泉に検番と料理旅館10戸前後が建設されました、とあります。

さらに同研究から、大阪朝日新聞奈良版 昭和5年11月20日より

貸間を遊園地に建築。午後三時から夜九時まで使用料一円五十戦、朝から終日使用の場合は二円五十銭で新地の芸妓も呼べる。

同6年1月21日より

新地の芸妓は目下四十三名、花代八十銭、遊園地経営の借間を加えて料亭二十余軒もあるだけに弦歌さんざめき芸妓は八十%の売れ行き。

同6年4月7日より

遊園地の貸間は姐さんも呼べるので日曜祭日は満員箱切れの有様だが温泉貸間も同様だが家族風呂は開いている。

との記述を引用させて頂きましたが、これらは同紙面の“各地たより”の“あやめ池”の欄に記されていたもので、私ならたぶん見逃していたと思います。

『伏見町史』のあやめ池温泉場(2)によると

温泉場の盛況はそう長くは続かなかった。初代・二代の場長が若くして急死、終戦まえには燃料不足もあって、昭和十八年には閉鎖された。戦後は進駐軍の宿舎やダンスホールで賑わったが、数年で閉鎖。いまは、その建物も、とりこわされてしまった。

地元の現在九十歳の方から間接にお聞きしたところ戦後も芸者はいたとの事でした。

f0347663_12254235.jpg
                   あやめ池新地跡
f0347663_12264636.jpg
                ビジネス旅館、山翠さんも新地の歴史の一つです。
f0347663_12293624.jpg
                    落ち着いた一画
f0347663_12300676.jpg
                   あやめ池温泉跡


by gionchoubu | 2019-01-31 12:22 | 亡くなった奈良の遊廓 | Comments(0)